小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アプリと連動するパーソナルトレーナー機能を搭載!ZEISSレンズを採用した本格派スマートグラス「AirGo2」が鬼コーチ並みに厳しい!?

2022.08.16

筆者はスマートウォッチのレビュー記事を書く際、「スマートウォッチとしての基本的機能は揃っている」という表現をよく使う。

この「基本的機能」とは、心拍数や歩数、血中酸素濃度の測定、睡眠モニタリング、運動の際のパーソナルトレーナー機能である。

現代のスマートウォッチにとっては常識的な機能のため、「基本的機能」という言葉で端折らせているのだ。

ただ、この機能がスマートウォッチではなくスマートグラスに搭載されているとすれば、具体的な内容を事細かく執筆する必要がある。

今の時点で、パーソナルトレーナー機能を内蔵しているスマートグラスは多くないからだ。

9軸モーションセンサー搭載のスマートグラス

今回レビューするのは、応援購入サービスMakuakeに登場した『AirGo2』である。これはスピーカーとマイク、そして9軸モーションセンサーが搭載された製品である。

「なぜセンサーが?」という声もあるだろうが、これは装着者の姿勢を管理するためだ。

普段の姿勢に歪みがあると、それを警告する機能が『AirGo2』には搭載されている。そして運転中の居眠り運転を、「姿勢の変化」という角度から認識して警告を発するということまでしてくれるのだ。

「毎分600回の高速回転であなたの姿勢や位置を正確に測定し、姿勢の歪みを感知するとアラームでお知らせしてくれます」

筆者は今まであらゆるスマートグラスに触れてきたが、わざわざ「姿勢改善のためのセンサー」を搭載しているものはこれが初めて。それだけ「悪い姿勢」に悩んでいる人が少なくないということか。

そして当然ながら、この『AirGo2』は音楽を視聴することが可能。デュアル指向性スピーカーで立体的な音を実現する。

実際にこれを試してみると、まるで『AirGo2』から鼓膜に直接語りかけるような音響を体験できる。筆者は語彙が多い方ではないから上手く表現できないが、何と言うか……『AirGo2』を使ってドラマを観ると、まるで役者が自分の頭の中に住んでいるかのような感覚に陥ってしまうのだ。

Makuakeで公開されている『AirGo2』のプロジェクトページには、

「音質は重低音から高音域まで全体的に歪みが少なく、ハイクオリティーで高音質なサウンド、また耳を塞ぐことなく360°立体音響を脳内で実現します」

とあるが、これは決して誇張ではない。『AirGo2』がこちらの脳に直接働きかけてくれる、という具合である。

『AirGo2』は鬼コーチ!?

そしてこの『AirGo2』の最大の特徴は、専用アプリと連動したパーソナルトレーナー機能である。

早速やってみよう。基本座りっぱなしの仕事に従事している筆者は、執筆の合間にアプリから「コアトレーニング」を選択して身体を動かす。

その場でのジョギング60秒、腕立て伏せ20回、プランク50秒、腹筋25回、ランジ20回、スクワット20回、片足跳び45秒。これらの合間に15秒の休憩を挟みつつ、合計3セット繰り返す。

これ、実際やってみると結構な運動量である。筆者は一応グラップリングの選手だからまだ耐えられるが、普段あまり運動していない人は1セットでヘトヘトになっちまうんじゃねぇか!?

結構厳しいぞ、『AirGo2』!

こんな具合にトレーニングし、その間のフィジカルデータも測定してくれる。つまり一般的なスマートウォッチとほぼ同様の役割を『AirGo2』が果たしてくれるということだ。

なお、『AirGo2』は2台揃えたらトランシーバーとして活用することもできる。これは複数人のサイクリングやトレッキングなどで大活躍する機能だ。

男の子の憧れ「ZEISSレンズ」

ところでこの『AirGo2』は、「ただのサングラス」としてもかなりの付加価値を含んでいる。というのも、レンズはZEISS社の『LightPro』を使用しているのだ。

つぁっ、ZEISSだって!?

サングラス型ガジェットというのは、ガジェットとしての性能や機能にばかり意識が行きがち。

サングラスとしてはそれなり、最悪100円ショップのサングラスとどっこいどっこいの製品すら存在する。

ところが『AirGo2』のレンズは、男の子なら誰しもが憧れるZEISSレンズ。筆者自身何度もZEISSレンズのサングラスの購入を検討し、その度に挫折した経歴を持っている。だって、高いんだもの……。

極端な話、『AirGo2』を電池切れにしたままでも一向に構わない。サングラスとしても一流のパフォーマンスを発揮できるのだから、電池残量など気にせずファッションアイテムとして使い続けることも可能だ。

せめて今夏に間に合えば……

ここで敢えて『AirGo2』の残念な点を挙げるとすれば、「今夏に間に合わなかった」ということだろう。

Makuakeのページには「2022年10月末にお届け予定」と書かれている。これが今すぐに出荷可能であれば、海や山で大いに活用されているはずだ。

それだけガジェットとしてもサングラスとしても高クオリティの製品、ということだけは書いておきたい。

『AirGo2』はMakuakeで2万6,900円からの予約を受け付けている。

が、この記事で紹介したZEISSレンズ搭載モデルはまた別のリターン枠で、こちらは3万800円から。や、やっぱりZEISSモデルは割高なのか……。

だが、奮発してこれを買ってしまえばこの先長きに渡るまでの「良き親友」になることは間違いない。

【参考】
高音質スピーカー&マイク搭載 AI機能で運動記録、姿勢計測、居眠り防止まで!『AirGo2』-Makuake

取材・文/澤田真一

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2022年5月31日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

DIME8月号はウエアラブルの大特集、豪華付録はLEDテープライト250

大特集は「仕事も暮らしもジブン最適化! 超快適!ウエアラブル」

ついに発表されたグーグル初のスマートウォッチ「Pixel Watch」から約130インチの映像をどこでも気軽に視聴できる「Nreal Air」まで、注目のウエアラブルデバイスが続々登場。中でも、単体で使える機能が充実し、スマホ全盛時代の終焉を告げる「ポストスマホ」の本命デバイスを、WATCH、MOBILE、HOME、SPORTS、WORK、HEALTH CAREのカテゴリーに分けて編集部がセレクト。その実力を検証した!

また、8月号の付録は、好きな場所に貼って使える便利なDIYアイテム「LEDテープライト250」。 床、壁、天井などに照射した光の反射で、空間をほんのりと明るくする、間接照明にピッタリのアイテムです!テープの長さは250㎝。設置したいスペースに合わせて、好きな長さに切って使えます。 電源はテープ端のUSB Type-A端子をUSB-ACアダプターやモバイルバッテリーなどに接続すればOK。

【Amazonで購入する】

www.amazon.co.jp/dp/B0B1Q3GW6L

【セブンネットショッピングで購入する】

  https://7net.omni7.jp/detail/1235504205


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。