小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

空旅に出かける前におさえておきたいエアライン最新トピックス

2022.10.10

エアラインTOPICS

コロナ禍の閑散とした光景が一転、いよいよ空港ににぎわいが戻りつつある。これまで停滞していた航空会社の新サービスや新機体の導入も一気に加速。注目の話題をピックアップした。

航空ファン垂涎のロートル機が続々と日本の空に飛来中!

 航空ファンにはおなじみのロートル旅客機が日本の空にお目見えする。『ボーイング747-8』は〝ジャンボジェット〟の愛称で親しまれた〝747〟の最終型。『ボーイング757』は、日系航空会社が導入しなかった希少種だ。搭乗の最後のチャンスになるかもしれない。

ボーイング747ボーイング747
機体は今年で生産を終了。ルフトハンザ航空がフランクフルト~羽田線の機材として活用することを発表した。

ボーイング757ボーイング757
米LCC「ノーザンパシフィックエアウェイズ」が成田とアンカレジとを結ぶ路線に採用。年内には日本の空に登場することとなった。

将来のJAL国際線主力機A350-1000を導入!

 JALの主力機として2019年に国内線に導入された『A350-900』は、その快適性から高い評価を受けている。客室には大きく広がった窓や大型収納スペースを備え、全席に個人用モニターやUSBポート、AC電源を設置。2台の機外カメラによりリアルタイムで空の景色も楽しめる。2023年度には国際線のフラッグシップとして、最大座席数440席を誇る長距離旅客機『A350-1000』の導入が決定した。

内装が進化した空飛ぶ快適空間

A350-1000

初号機から3号機まで特別塗装機で運航。初号機は〝挑戦〟を示すレッド、2号機は〝革新〟を表わすシルバー、3号機は〝エコ〟のグリーンが施される。

A350-1000普通席
座席はヘッドレストの付いたレカロ製。カップホルダー、小物入れネットなどの収納も充実する。

A350-1000クラスJ
レッグレスト付きのレカロ製シートを採用。大型のカクテルトレイや、読書灯などを備えている。

A350-1000ファーストクラス
ソファのようなシートにマッサージ機能などを追加。個室のようなプライベート空間を創出する。

JALの〝航空サブスク〟が対象路線を143路線に拡大!!

 ワーケーションなどの新ワークスタイルの提案と、航空サブスクサービスの効果を確認する実証実験の第2弾を今年も、旅のサブスクサービス「HafH」(KabuK Style運営)とJALが共同で開催する。対象路線が国内全路線143路線(一部除く)に拡大。片道や周遊での予約が可能になり、募集人数も500名から1000名に増員されている。ガチャを回しJALでランダムな旅に出かけることもできる。

[耳寄り情報]

JAL

JAL

JAL

HafH会員を対象に、「JALで行く旅ライト」(月額2万9800円)、「JALで行く旅スタンダード」(月額3万9800円)、「JALで行く旅プレミアム」(月額8万2000円)の3プランを用意する。最低継続は3か月。

JAL※通常プランの表です。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。