小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スリランカの国家破産は日本の企業にどんな影響を与えるか?

2022.08.14

7月5日に、スリランカのウィクラマシンハ首相が国の破産宣言をしたことが話題になった。スリランカの国家破産は日本企業にどのような影響を与えるのだろうか。

帝国データバンクはこのほど、スリランカ民主社会主義共和国(スリランカ)に進出している日本企業の動向についての調査を行ない、その結果を発表した。

国家破産のスリランカ、日本企業180社進出

スリランカに進出している日本企業は、2022年7月時点で180社判明した。進出先としては、スリランカ最大都市のコロンボ周辺に多く集中していた。業種別では、最も多いのが卸売業の48社で、全体の4分の1を占める。特に、スリランカ向けに中古車輸出を手掛ける「中古車卸」や、アフターパーツなどの自動車部品卸が多くみられた。

次いでサービス業(38社)、製造業(35社)などが多く、同国で進むインフラ開発を背景に道路舗装などの建設業(19社)の割合も高かった。総じて、スリランカ国内向けの販売拠点としての進出が多いものの、現地向け生産拠点や、南アジア以西の流通拠点として進出するケースが多い。

進出企業への影響は現時点では限定的も、政情不安の長期化で悪影響広がる恐れ

スリランカでは、主力産業の一つである観光業がコロナ禍の影響で低迷しているほか、外貨不足や各種輸入制限などで燃料不足や電力不足が続くなど、経済危機が深刻化している。

現時点では、輸出特区などでは電力の供給が続いていることから同国内での操業を続けている企業もあり、大きな影響はみられない。ただ、政情不安による不安定なビジネス環境の長期化は進出企業の事業戦略に影響を及ぼしかねず、事態の注視が求められる。

出典元:帝国データバンク

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。