小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

友人や知人の結婚式ラッシュをカップルのフリして乗り越えるNetflixのラブコメ映画「ウェディング・シーズン」

2022.08.11

同世代の友人知人は結婚ラッシュで、気づけば独身は自分ひとりだけ。

ニセモノでもいいから婚約者がいれば、肩身の狭い思いをすることはないのに……という経験をしたことがある方は多いのではないだろうか。

2022年8月4日よりNetflixで独占配信中『ウエディング・シーズン』は、アメリカで製作されたラブコメディ映画。

監督・脚本はトム・デイ。

あらすじ

29歳のインド系女性アーシャ (パラヴィ・シャルダ)は、ニュージャージー州のマイクロファイナンス会社で働いている。

元婚約者とは破談になった過去があり、それ以来仕事に没頭していた。

“結婚こそが幸せ”と信じて疑わないアーシャの母親は、仕事ばかりしている年頃の娘を心配し、勝手に婚活サイトにアーシャのプロフィールを登録。

「MBA保有者で専門職に就いているインド系の王子様求む」という(アーシャ母の)希望条件にマッチングしたのが、30歳のラヴィ(スラージ・シャルマ)だった。

名門マサチューセッツ工科大学に16歳で入学し、起業家をしていると記載されていたラヴィだが、実際に会ってみると現在は無職であることが判明。

実はラヴィもアーシャと同じく両親からのプレッシャーに負けて、強制的に婚活させられていたという。

同じ境遇のアーシャとラヴィは、お互いにトキメキはないものの意気投合。

ふたりはカップルを装い、友人知人の結婚ラッシュを協力し合いながら乗り越えることにする。

見どころ

両親や親戚からの結婚のプレッシャーがかなり強めなのが、インドのラブコメ”あるある”。

そして、一緒に楽しく踊りながら愛を育むのも、”あるある”な展開だ。

恋愛と違い、結婚はトキメキだけではやっていけないものだ。

結婚相手を見極める際によく重要だと言われるのが、“一緒に協力しながら困難を乗り越えることができるかどうか”。

登山や海外旅行など思わぬアクシデントが起こりがちなイベントでお互いの人間性や相性をテストすると良いと言われているが、アーシャとラヴィの場合はそれが結婚式ラッシュだったのかもしれない。

最初は結婚相手としてお互いを意識していなかったため、肩の力を抜いて人間対人間として交流できたことも、功を奏したのだろう。

あらゆる人間関係に当てはまることだが、期待していない時ほどなぜか上手く行くものだ。

アーシャとラヴィのように、出会いを求めていない時や婚活へのやる気を失っている時ほど、運命の出会いが転がり込んでくるのかもしれない。

Netflix『ウエディング・シーズン』
独占配信中

文/吉野潤子


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年5月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「Bluetooth対応リズムライトスピーカー」、特集は「ChatGPT/Bing/Google Bard AI検索超活用術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。