小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キャンプ場が多い都道府県ランキング、3位岐阜、2位長野、1位は?

2022.08.06

人と密にならないレジャーとして、コロナ禍以降、キャンプに注目が集まって久しい。夏から秋にかけて野山にテントを張り家族や友人、あるいはソロでキャンプを楽しむ人は多いだろう。

では、日本で最もキャンプ場が多い県というと、いったいどこなのだろうか?

NTTタウンページはこのほど、全国の事業所・店舗の電話番号や業種が登録されているタウンページデータベースをもとにした「キャンプ場登録件数の推移」と「都道府県別キャンプ場登録件数」を発表した。

「キャンプ場」が多い県、1位は「山梨県」

2013年から2022年までの全国のキャンプ場の登録件数の推移データを見ると、毎年約30件ずつ減少し続けていることがわかる。

都道府県別キャンプ場登録件数を見ていくと、2020年から2022年にかけてのキャンプ場登録件数上位の県の顔ぶれは変わらず、1位「山梨県」、2位「長野県」、3位「岐阜県」となっている。

1位の山梨県は100件前後で推移しており、人口10万人あたりの登録件数も高い数値が算出された。2位の長野県は90件のボーダーを超えられずにいる。

3位は岐阜県で、2022年の新規登録が2件増えており、上位3県の中では唯一登録件数を伸ばした。また、トップ10位にランクインしている都道府県の中では、福島県と熊本県が昨年より登録件数が増加している。

<調査概要>
都道府県別人口約10万人に対する「キャンプ場」の登録件数分布及び年別の推移を掲載している。
対象期間と抽出方法:2020年・2021年・2022年の各6月時点で、タウンページデータベースの業種分類「キャンプ場」に登録されている件数を集計し算出。
※1人当たりの登録件数は、小数点以下数桁になるため10万人換算をしている。

出典元:タウンページデータベース

構成/こじへい

フェスやキャンプで使える!猛暑のアウトドアレジャーで大活躍のDIME最新号付録「USBパワフル扇風機」

いよいよ夏休み。全国各地で野外フェスや屋外イベントが目白押しだ。とはいえ、今夏の猛暑はかなり危険。熱中症対策を万全にして、イベントにのぞむ必要がある。そんな方々におすすめしたいアイテムが、現在、発売中の雑誌DIMEの付録「USBモバイル扇風機」だ。USB電源で駆動するため、モバイルバッテリーなどがあれば、屋外でも利用できる。すぐにバッテリーがなくなってしまう、乾電池タイプと比べても持久力は高い。

しかも、風速は最大5m/sということでかなり強力。いわゆる手持ちタイプの扇風機と比べても風量の差は歴然。また、この扇風機が優れているのは、卓上に置いて使えるだけでなく、大型のクリップが付いているため、例えば、リュックやショルダーバッグのベルト部分などに固定して、使うことができる点。涼しくしたい顔周辺にピンポイントに送風することができる。夏のキャンプやフェスでは、テントや日除けなどを持参する人も多いが、その中でも固定して使えるのがうれしい。もちろん、車中泊で使う方は電源をクルマから取ることができるので、もっと使い勝手がいいはずだ。

夏本番はこれから。便利なアイテムを手に入れて、この猛暑を楽しく、乗り切ってほしい。


◆Amazonで買う

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B4PQVF6M


◆セブンネットショッピングで買う

https://7net.omni7.jp/detail/1236470406

文/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。