小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

小児期の孤独経験は成人期のアルコール依存リスクを高める可能性、アリゾナ州立大学研究

2022.08.04

小児期の孤独の経験は成人期のアルコール関連問題のリスクを高める

小児期に友情を培った人では、成人期にアルコール関連の問題を抱えるリスクが低いようだ。

米アリゾナ州立大学の研究グループが300人以上の学生を対象にした研究から、12歳未満の時期に経験した孤独が現在のアルコール関連の問題やストレスレベルと関連することが明らかになった。

同大学心理学部のJulie Patock-Peckham氏らによるこの研究結果は、「Addictive Behaviors Reports」に2022年7月13日掲載された。

ストレスは過剰な飲酒に影響を及ぼし、とりわけ女性においてはその影響が強いことが、過去の研究で示されている。

Patock-Peckham氏らは今回、18歳以上の大学生310人(平均年齢19.32歳、女性154人、男性156人)を対象に、小児期(12歳未満)に経験した孤独、現在のストレスレベル、アルコール関連の問題について評価を行い、関連を検討した。

その結果、小児期に経験した孤独は、現在のストレスおよびアルコール関連の問題に関連していることが明らかになった。

12歳未満のときに経験した強い孤独感は、現在のより高いストレスレベルに関連し、それが間接的にアルコール使用やアルコール関連の問題の増加をもたらし、それがひいては制御不能な飲酒につながっていた。

こうした結果についてPatock-Peckham氏は、「若年成人では、12歳未満の小児期に経験した孤独が目下のストレスレベルに関連し、それが自分で制御不能な飲酒に影響を及ぼしていることが示された」と述べる。

研究グループは、「小児期の孤独に対する取り組みとなるような治療的介入を行うことで、成人期を迎えつつある人々が、ストレスから制御不能な飲酒習慣へと至るのを止めることができる可能性がある」との見方を示している。

Patock-Peckham氏はこの点について、「さらなる研究が必要」とした上で、「特に女性においては、小児期の孤独に対処することで、制御不能な飲酒問題を減らすのに役立つはずだ」と話している。

またPatock-Peckham氏は、「この研究で使用されたデータは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック前に収集されたものだ。それゆえこの結果は、今の子どもたちの成長に伴い、新たな公衆衛生上の危機が発生する可能性のあることを示唆している」と述べている。

なお、研究グループは、米国では今後もアルコール使用が増大し続けるという、歓迎されざる見通しを示している。

また、米国立衛生研究所の2021年の報告では、アルコールに頼る女性が増加傾向にあること、また、女性では男性に比べて、アルコール使用からアルコール乱用に至る確率が高いことが明らかになったことが述べられているという。

さらに別の研究では、COVID-19のパンデミックを受け、不安や孤独感を打ち消すためにアルコールに目を向ける人が増え、30歳以上の成人の飲酒率が14%も急上昇したことが報告されている。(HealthDay News 2022年7月20日)

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352853222000438?via%3Dihub

Press Release
https://news.asu.edu/20220720-childhood-loneliness-linked-stress-and-problem-drinking-young-adults

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。