小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

急激な円安に見舞われた6月に売買が多かった外貨ランキング、1位米ドル、2位ユーロ、3位は?

2022.08.03

2022年3月上旬からの急激に進んだ円安。この状況を受けて、外貨預金の利用動向はどのように変化したのか?

ソニー銀行はこのほど、2021年4月1日から2022年6月30日までの期間における、ユーザーの外貨預金の利用動向に関する調査の結果を発表した。

2022年6月は月間売買高が過去最高を記録

為替が円安に動いた3月のTTM月内最高値は123.44円、そして4月のTTM月内最高値は130.14円となり、3月から増加した売買高は4月に過去最高となった。その後、6月に20年ぶりの高値となる135円をつけると、4月に過去最高を記録した月間売買高を更新。2月比で5倍を超える売買高となった。

米ドル定期預金金利(6ヶ月もの)は、2月末に比べ、6月末には10倍となり、外貨定期預金全体の購入額は2.6倍に

市場金利の上昇を受けて、外貨定期預金の金利も上昇しており、米ドル外貨定期預金金利(6ヶ月もの)は、2月末の年0.15%(税引き後年0.119%)から6月末には、年1.5%(税引き後年1.195%)と10倍に。6月には2月比で、外貨預金全体の購入額が2.6倍に増加している。

円安に振れた3月以降、円高時に購入した外貨を利益確定として売却するユーザーが増えた一方で、外貨定期預金の購入も伸びており、さらなる市場金利の上昇も見込まれていることから、金利に関心を寄せるユーザーも増えていくと考えられる。

2022年6月に売買が多かった人気通貨1位は米ドル、2位はユーロ、3位は豪ドル

売買高順では、米ドルに続き、2位にユーロ、3位に豪ドルの結果となった。月間の売買高に占める米ドルの割合は、2021年4月は7割強だったが、2022年6月には9割にまで上昇、米ドル人気がより伸長している。

また、残高別でみると、2022年6月末時点では、米ドル、豪ドル、NZドル、ユーロ、南アフリカランドの順になっており、比較的高金利である豪ドル、NZドル、南アフリカランドが上位に入っている。

2022年3月以降、ソニー銀行への口座開設理由として、「外貨預金の利用」と回答するユーザーの割合が1.8倍に増加(6月)

3月以降、ソニー銀行への口座開設理由として、「外貨預金の利用」と回答するユーザーや、実際に外貨取引を始めるユーザーが増加している。

20代~50代と幅広い年代のユーザーが、あらたに外貨取引を開始しており、為替が大きく動いたことやニュースなどの影響による関心の高まりとみられる。20代~50代の新規外貨取引口座数は、2月比で3月は1.6倍に増加しており、以降も高い水準で推移している。

2通貨以上保有するユーザー全体の外貨残高内訳は、6月の人気3通貨(米ドル、ユーロ、豪ドル)で7割強を占める

2022年6月時点で2通貨以上保有するユーザー全体の外貨残高内訳は、人気3通貨(米ドル、ユーロ、豪ドル)が7割強を占める結果となったが、全体と比較して、20代は保有通貨に違いがみられた。

20代は米ドルが5割、次いで豪ドル、ユーロ、英ポンドの順で、留学・旅行先として人気のある国の通貨が多いことから、渡航時の買い物や食事などの決済利用を主な目的としたものではないかと考えられる。

一方、全体でみると米ドルが5割弱と20代と同程度だが、NZドルの保有割合が20代の5倍という特徴がみられた。NZドルは豪ドルと同様に高金利が見込め、また、日本と時差がほとんどなく取り引きしやすいことから多くのユーザーに選ばれている通貨だ。

<調査概要>
対象:2022年6月末時点有効口座
集計期間:2021年4月1日~2022年6月30日

出典元:ソニー銀行株式会社

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。