小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヤッホーブルーイングが3年越しで完成させたアルコール度数0.7%の「醸造系クラフトドリンク」とは?

2022.08.01

ノンアル・低アルビール市場の右肩上がりがつづいている。国内では、この十年間で約2倍に増え、今後も成長が見込まれる。そんな市場にクラフトビールのリーディングカンパニー、ヤッホーブルーイングからアルコール度0.7%の醸造系クラフトドリンク「正気のサタン」が発売された。

「正気のサタン」発表会の井手社長(左)と開発担当者の又吉康太さん。

製法はビールと同じでアルコール度を0.7%に押さえた

コロナ禍の打撃もあってビール市場は全体では縮小するものの、ノンアル・低アルビール市場は着々と伸びている。2010年〜2020年までの10年間で、ノンアルコールビールテイスト飲料市場は、1,000万ケースから1,980万ケース(大瓶換算1ケース=633ml×20本)と約2倍増だ(サントリー社推定)。

そんな中、ヤッホーブルーイングが初めての低アルコールビール「正気のサタン」を発売した。7月27日に直営店「YONA YONA BEER WORKS」で提供開始、8月2日に東京都内のセブン-イレブンで販売開始、供給体制が安定し次第、全国に拡大していきたいとする。

「正気のサタン」のパッケージには「醸造系クラフトドリンク」とある。アルコール度0.7%ゆえに酒税法上はビールではなく炭酸飲料になるが、製法はビールと同じ。ビアスタイルは、いまクラフトビール界で一番人気のIPA(インディアン・ペール・エール)である。

「正気のサタン」のキャラクターは「ゴキゲンなヤギ」。アルコール度0.7%のIPA。350ml/235.44円(税込み)

既存のノンアル・低アルコールビールの製法は、ザックリ分けて2通り。ひとつは、ビールをつくって、そこからアルコールを人工的に抜いて低アルにするもの。もうひとつは、香料や糖類などを調合して炭酸飲料をビールの味に近づけたもの。

これに対してヤッホーブルーイングは、アルコール生成が0.7%まで抑えられるビール製法を開発した。つまり製法はビールと同じ。ただし日本の酒税法上、アルコール度1%未満はビールではなく炭酸飲料。酒税がかからない分、価格も税込み235円と抑えられている。

低アルビールでもホップは「インドの青鬼」の2倍量

グラスに注いで香りをかぐと、まごうかたなきIPAの香りがする。飲めばIPAの味がする。シトラス、トロピカルフルーツを思わせるフレッシュで華やかな香りが楽しい。

開発担当者の又吉康太さんは「世界中のノンアルコールビールを取り寄せて試飲」したと言う。そして課題に、ノンアル特有の水っぽさ、それを補おうとして甘くなる麦汁感を挙げた。

アルコール生成を抑えながらビールらしい香りを出すために、酵母の性質が重要になる。開発チームは酵母の選定、さらに主原料の麦芽とホップのベストの組み合わせの見きわめに時間をかけた。約100通りの組み合わせを実験。「遠回りをしましたが、結果的に『僕ビール君ビール』に使用しているベルジャンアードネス酵母に落ち着きました」(開発担当者の又吉康太さん)。

「僕ビール君ビール」はレモンやマスカット、ハーブを思わせる、爽やかなビールだ。

そしてホップはヤッホーブルーイングの定番「インドの青鬼」の2倍量を使用している。「インドの青鬼」はしっかりした苦みが特徴のIPAだ。その2倍量のホップと聞くと、相当な苦みを予想させるが、そうではない。ホップの苦みをしっかり抽出する煮沸製法ではなく、発酵中のビールにホップを漬け込む「ドライホップ」製法を採用し、ホップの爽やかな香りを抽出している。

ターゲットは時間的余裕が少ない30〜40代の子育て世代

コロナ禍により巣ごもり需要が喚起され、ノンアル・低アル市場は拡大。大手ビールメーカーからの新製品が相次いだ。「正気のサタン」もその流れの中で開発されたのかというと、「コロナ禍に関係なく、3年前から開発を始め、ようやく今日、発表にたどり着きました」と話すのは、井手直行社長。

新製品発表会でスピーチ中の井手直行社長。今回は「インターナショナル・ビアカップ」金賞の仮装で登場。

メインのターゲットは30〜40代の子育て層だ。「平日の夕食時に、自分ひとりでお酒を飲んで気分良くなることはできない。だけど、本当は飲みたい」そんな30〜40代だ。

「クラフトビールらしく、低アル飲料にも新しいバラエティを提案していきたい。市場にはビールの味に寄せた低アルしかないのが現状。クラフトビールの味で、低アル製品を開発すれば、飲んでくれる人はかなりいる」(井手社長)と、見込んだ上での低アル開発だった。

子育て中の30〜40代は夕方から寝るまでの時間帯のゆとりが少ない。

掲げた製品コンセプトは「酔わずに心を満たす」。
夕飯といっしょにビールを楽しむ幸福感、明日もがんばろうと思える充実感が味わえ、かつ正常な判断を失わないで済む安心感の両立。そんなコンセプトから、正常な判断ができる状態×悪魔「正気のサタン」というネーミングにつながっている。

井手社長は、時間的にも心理的に飲んでいる余裕がない人のみならず、「もともとビールも低アルもノンアルも飲まない人にも、トロピカルな香りのフレッシュなドリンクとして楽しんでもらえれば」と、ノンビール派の取り込みも狙っている。「醸造系クラフトドリンクという、これまで日本になかったカテゴリーをヤッホーブルーイングから広めていきたい」と意気込みを語った。

「正気のサタン」は昨年、世界五大ビール品評会のひとつ「インターナショナル・ビアカップ2021」のノンアルコール部門で金賞を受賞。特筆すべきは、出品されたビール943種の中から20種だけ選ばれる「カテゴリーチャンピオン」も獲得したこと。0.7%の低アルビールの獲得は「正気のサタン」だけだった。

「正気のサタン」は多様性を広げつづけるクラフトビールの世界を、またひとつ豊かにする可能性を持っている。成長中のノンアル・低アル市場は、よりおいしい製品の登場によってさらに広がっていくだろう。

取材・文/佐藤恵菜


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。