小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

地域ビジネス成功のカギを握るTwitterの活用、業績好調企業の〝中の人〟が教えてくれた秘策

2022.07.27

Twitterは、多くの企業に集客やマーケティングツールとして利用されているが、特に地域の中小企業にとっても有効なツールといわれる。

Twitter Japanは、地域の中小ビジネスのTwitter運用をサポートしており、先日はウェビナーで、成功している岐阜県のメガネショップ「Eyewear shop ami(@neku07)」と大阪府のつまようじ製造会社「菊水産業(@kikusui_sangyo)」の“中の人”が登壇し、活動内容を発表した。果たしてどのような取り組みを実施しているのか。また地域中小ビジネスにおける、Twitterならではの活用メリットや成功のポイントをTwitter Japanに聞いた。

地域中小企業で活用が進むTwitter

近年、地域中小企業でTwitter活用が進んでいるという。

Twitter Japanは、地域中小企業向けにTwitter運用をサポートするSMB担当事業を展開しているが、近年、成長の一途をたどっている。その要因は3つあると同社の広告事業本部長である古屋輝周氏は話す。

「一つ目の要因は、DX化が中小企業にも広がっていったこと。コロナ禍によりリアルな顧客接点が困難になり、直接的な接客をオンラインで展開する企業が増えました。二つ目は、オンラインで発見を求める消費者が、Twitterで良い商品やサービスを探し、その良さを広める傾向が強まってきたことです。今、話題になっていることはTwitterを見ればわかるのです。これにより企業の取り組みも活発化しています。

そして三つ目は、当社がより多くの企業を直接支援しており、サポートの強化をしたことがあります」

地域の中小企業2社のTwitterの活用事例

実際、地域の中小企業は、どのような運用を行っているのだろうか。2社のTwitterの活用事例がウェビナーで紹介された。

●「Eyewear shop ami(@neku07)」

岐阜県関市のメガネ専門店「Eyewear shop ami」の公認スタッフアカウントを運用するのは、「音久(ねく)」こと久保香氏。「眼鏡を買う敷居を下げたい」とオーナーに打診をしてTwitter運用を始めた。オーナーは当初、Twitterが好きではなかったが、説得されたという。久保氏は、Twitterを通してユーザーが眼鏡について何に困っているかをダイレクトに吸い取ることができるのが面白いと話した。

・Twitter活用の課題

久保香氏

現在のフォロワー数は1.4万人。課題としては、よくも悪くもフランクに誰とでも付き合える点だという。実店舗があるため、買うことが目的でなくとも、久保氏に会いに来るために来店するユーザーもいるという。眼鏡に興味がないユーザーが来店するというのは、やはり、地域の小売店としてはむずかしい問題だ。日々のツイートでさりげなく教育を行っているという。

・Twitter運用により出した成果

実は久保氏は、以前より個人的にTwitterを使っており、Twitterで良い店を見つけては実際に行ってみたりと、ユーザーの立場として活用していたという。そういったこともありユーザー視点でものを考えられることから、成果が出せる確信があった。あるとき、Twitterで30%オフのキャンペーン施策を打ったところ、集客人数については目標には届かなかったものの、売上は余裕で達成したという。

・Twitter活用のコツ

Twitter活用のコツとして、久保氏は「中の人が個人的に商品を買って、使ってポジティブな発信をする。自分も実際にやって見せること。そして“会える”中の人であることもポイントであり、うちの強み」と述べた。

投稿イメージ

【Twitter Japanからのコメント】

Twitter Japan古屋氏と、同社のマーケティングマネージャー 神田千春氏に、Eyewear shop amiのTwitter運用についてどのようにとらえているのか聞いた。

「Twitterをやることに関して、上司の理解を得るのがむずかしいという声は少なくないですが、amiさんはそこを戦略的かつ論理的に『外の人(オーナー様)』と合意を取り、結果をしっかり出されているところがスゴいと思います。メガネの楽しさを伝えるという軸を保ちながら、売り上げにつなげている点はTwitterの利点を最大限に活かしていると思います」(Twitter Japan)

●「菊水産業(@kikusui_sangyo)」

大阪府河内長野市のつまようじ製造の会社、菊水産業は現在、4代目社長の末延秋恵氏が公式Twitterアカウントを運用している。始めたきっかけは、2年前にコロナ禍で役立つグッズとして、エレベーターのボタン等を押すことで感染対策となるつまようじを「非接触棒」として販売した際、打ったプレスリリースがTwitterでバズったことにあった。それを機に、「Twitterをまじめにやったほういいのでは」と考え、現在に至る。Twitter運用の一番の面白みは「フォロワーとの交流」だと末延氏は述べる。

・Twitter活用の課題

末延秋恵氏
現在のフォロワー数は5.6万人と多いことから、フォローしきれないのが課題という。それでも基本的にすべてのアクションに応えようとしていると末延氏。その甲斐あってか、ファンも多く、会社に菓子折りが届くこともあるそうだ。

・Twitter運用により出した成果

同社は基本的にBtoBビジネスだが、BtoCとして4年ほど前からネット販売を始めており、徐々に売上が上がってきていた。つまようじの他に日本職人が作る木製のスプーンなどの商品もあり、購入して使っているシーンを撮影して、Twitterに投稿するお客さんも出てきたそうだ。

そうして、ある事件がきっかけで大きく注目を集めることになる。2021年10月に事務所や倉庫、作業場が火事になって全焼するという大惨事の際、末延氏が「火事になった」旨をツイートしたところ、3.8万リツイートされた。応援メッセージは、DMにも山のように届き、同じような体験をした人などからは、お見舞いの物品も会社宛てに届いたという。これを機に、フォロワー数が一気に8千件くらい増えたそうだ。

投稿イメージ

・Twitter活用のコツ

また末延氏は、Twitter運用をしていると他企業との横のつながりができることもポイントとして挙げた。コラボしてキャンペーンを打ち注目度を高めるほか、中の人同士で集まり、Twitter運用の悩み相談をするなどして絆を深め、日々の運用を充実させているという。

【Twitter Japanからのコメント】

古屋氏と神田氏は菊水産業の運用について、次のようにコメントする。

「社長自ら、人間味あるツイートを行っていることでファンを集め、コミュニティが形成されている点は、日本中の中小企業が参考にできるスゴいところだと思います。普段、エンドユーザーの声が届きづらいBtoBビジネスだからこそ、Twitterをここまでビジネスに活かせる、というのを体現してくださっているお手本的なアカウントです」(Twitter Japan)

Twitterならではの地域中小企業の活用メリット

今回紹介された2社の他にも、多くの地域中小企業がTwitterを活用しているという。そもそも地域の中小企業が集客やマーケティングを行う方法は多数ある中で、Twitterの強みはどこにあるのだろうか。古屋氏と神田氏に挙げてもらった。

1.潜在・顕在顧客との中長期的な関係構築が可能

「日々のツイートを通じて、ラポール形成(信頼できる関係構築)ができ、単発的、一過性の購入行動にとどまらないファンベースを作りやすい点だと思います。必要なとき、つまり購入タイミングが来たときに思い出してもらえる存在、選ばれるブランドになることができたり、レビューを通して商品やサービスの新しいアイデアや改善案を得ることができたりします」

2.利用者による「買ってみた」「使ってみた」の共有が可能

「Twitterでは、利用者(顧客)の生の声を拾うことができるという特性を活かし、商品やサービスに関するコメントやフィードバックのツイートへリプライやリツイートすることで、潜在顧客や興味感心層の目に触れる機会が増え、認知を広げていきやすい点も強みです」

3.地域内での横のつながりができる

「特に都市部でない地域においては、地域住民にとどまらず人を呼ぶことが、最初の一歩です。そうした中、『#〇〇Twitter会(〇〇は地名)』などのTwitter上での業種をまたいだ企業間交流・協力が生まれています。これにより地域活性につながり、人がその地域を訪れる動機づけになると考えられます」

地域中小企業のTwitter運用の成功のポイント

では、これからTwitter運用を始めたい地域の中小企業は、どのような点を押さえるといいだろうか。これまでTwitter活用を成功させてきた地域中小企業の共通点から、古屋氏と神田氏は次の3つを挙げる。

1.得意なことを伸ばし、自社に集中する

「中小企業では組織を形成してTwitterを運用していることはほぼなく、一人で運用していることが多いです。その運用担当者も主業務のかたわら兼任でやっているケースがほとんどです。そこで、現実的なリソース面からも、自分の得意なことに一点集中し、アカウントのカラーを作っていくことがポイントになります。他社がどうしているかをあまり気にしすぎず、フォロワーとの対話に集中し、Twitterはオンラインでの接客と位置付けることが大切だと思われます」

2.自社の一番のファンは「自分」という立ち位置

「成功の近道の一つは『シェアしたくなる情報』を発信すること。『弊社は〇〇です』という宣伝トーンではなく『私は△△のここが面白いと思うんですよねぇ』という推しトーンで、タイムラインの利用者と目線の位置を合わせることがポイントです」

3.「お客さま以上友達未満」の距離感で

「ゆるいカジュアルツイートがしやすいのは、中小企業だからこそのアドバンテージだと思います。ビジネスの話題だけでなく、地域の情報や日々のできごとを面白おかしくシェアしたり、近所の知り合いのような空気感を作ること。地元の商店街のおじさんや、サザエさんにとってのサブちゃんのような距離感が、愛されるアカウントにつながっているケースが多くあります」

地域の中小企業は、SNS運用そのものにハードルを感じやすい。しかし地域の中小企業だからこそTwitterを有効活用できる側面もあるようだ。ぜひ参考にしてみよう。

【参考】Twitterのビジネス活用

取材・文/石原亜香利


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。