小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽キャプコンから愛犬仕様まで!車中泊の旅を満喫できるキャンピングカー傑作選

2022.07.29

車中泊の旅を楽しめる憧れのキャンピングカーを@DIMEから厳選して紹介します。

車中泊の旅を楽しめる憧れのキャンピングカー

いつでも好きな場所に行ける大人の秘密基地!価格も手頃な軽キャブコンおすすめ6選

ダイレクトカーズ『AMAHOⅡ(アマホ2)』

コンパクトで運転がしやすく、維持費もリーズナブルな軽キャンパー。レジャーのほかリモートワークや災害の備えにも役立つ「走るベースキャンプ」の注目モデルをピックアップした。普通車に比べてサイズの制約が多い軽自動車規格の中で、キャンピングカーの構造要件(就寝・炊事設備などを備えていること)を満たすのは容易ではないが、独自のアイデアや匠の技術を駆使して作られる軽自動車のキャンピングカー、略して「軽キャンパー」は、日本のものづくりを象徴する工業製品として世界から注目されている。

【参考】https://dime.jp/genre/1256692/

これなら手が届く!?いつでも好きな場所に旅ができる軽キャンパー3選

コンパクトで運転がしやすく、維持費もリーズナブルな軽キャンパー。レジャーのほかリモートワークや災害の備えにも役立つ「走るベースキャンプ」の注目モデルをピックアップした。普通車に比べてサイズの制約が多い軽自動車規格の中で、キャンピングカーの構造要件(就寝・炊事設備などを備えていること)を満たすのは容易ではないが、独自のアイデアや匠の技術を駆使して作られる軽自動車のキャンピングカー、略して「軽キャンパー」は、日本のものづくりを象徴する工業製品として世界から注目されている。

【参考】https://dime.jp/genre/1236334/

使い勝手もワンダフル!愛犬とドライブを楽しみたい人のために造られたフレックスの「DOG VAN」

フレックスの「DOG VAN」は、愛犬家の声をとりまとめて新規に開発した専用パーツがふんだんにちりばめているため、ワンちゃんとの移動にぴったりのモデルだ。車両の後部ラゲッジスペースにはフレームから新設計したベッドキットを配置。さらには、2列目座席のフルフラット化が可能なセカンドキャビネットや、運転席と助手席の間にオリジナルセンターコーンソール「わんわんシート」を設置するなど、ヒトも犬も嬉しい仕様となっている。

【参考】https://dime.jp/genre/1237414/

移動しながらワーケーションもできる!ライトキャンパーで楽しむバンライフ

キャンピングカー

電気・水道・ガスが備わったキャンピングカーは、いわば「走る家」のようなもの。キャンプ&車中泊ブームに加え、コロナ禍で〝3密〟を避けた旅やテレワークに活用する人が増え、災害時には避難場所として使えることから、人気に拍車がかかっている。  かつては「マニアックな乗り物」「高嶺の花」という印象が強かったが、ここ数年で普及が進み、オートバックスやトヨタディーラーとのコラボモデルも登場。「専門店は敷居が高そう……」と感じるビギナー層にも好評だ。

【参考】https://dime.jp/genre/1200519/

これがあれば渋滞も快適!車内用サーキュレーターとして使えるDIME最新号の付録「USBパワフル扇風機」

今月のDIMEの豪華付録は「卓上型USBパワフル扇風機」(USBケーブル付き)。電力不足の夏だけに、自宅でも職場でも、空調をキンキンに効かせるというわけにはいかないはずですよね。ならばこの「卓上型USBパワフル扇風機」が大活躍してくれること間違いなしということで使ってみました。

【参考】https://dime.jp/genre/1428444/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。