小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍でも客足が絶えないコメダ珈琲店に学ぶ空間演出のヒント

2022.07.24

コメダ珈琲店が掲げるアフターコロナでの目標

2年前から続くコロナ禍を乗りこえ、名古屋式のおもてなしを武器にお客さんのハートをがっちり掴んでいるコメダ珈琲店。看板メニューのシロノワールを始め、数々のコスパ最強メニューがいかなる時代も幅広い世代を魅了している。

創業からすでに半世紀以上。老舗とも言える名店は2019年に青森進出を果たすと全国47都道府県全てに店舗を構え全国制覇を達成。今や日本中がコメダの虜になっているのだ。

長きに渡り、人気を支えているモノはなんなのか?まず一つは他では味わえないボリューム満点メニューだろう。もちろん、見た目だけじゃない。

スナック類メニューには最高級の小麦粉を使ったパンを使用。パンのカットも店毎に行なうなど食材・調理へのこだわり、徹底した美味しさの追求が根強い人気の礎になっている。

筆者も当然のようにコメダ愛を心に抱く人間の一人なのだが、自分にとってコメダに行くということは「メロンソーダの可愛いブーツグラスに会いに行っている」と言っても過言ではない。

目にやさしいグリーンすぎるソーダは終盤が真骨頂。残り少ないソーダを飲もうとすると、グラスの向きによっては「ポコんっ!」という音と共にソーダが鼻頭に飛んでくる。それがいい。自分はもはやそのアトラクションを楽しむためにコメダに足を運んでいるのかもしれない。

ちなみに7月現在、季節限定のカリー祭りを開催中だ。新宿中村屋と共同開発のカリーソースを使用した新商品「チーズカリードッグ」に加え、昨年好評だった「エビカリーパン」、定番「カツカリーパン」の3種で夏を彩る。

魅力満載のコメダ珈琲店だが、なぜ日本全国で受け入れられる国民的喫茶店になったのか?今回、その秘密を探るべく、コロナ禍での経営方針、そしてこだわりの空間演出の秘密について、コメダのコーポレート コミュニケーション部広報チーム主任・中島さんに話を聞いた。

ーーコロナ禍の経営方針、コロナを乗りこえる為に心がけたことを教えて下さい

「コメダはコロナ禍も地域のライフラインとして営業を続けました。緊急時だからこそ常連様にいつものくつろぎの場を提供しようと心がけると共に、店舗に来られないお客様にも自宅で“くつろぎ”をお楽しみいただけるよう、コメダ好きのためのコミュニティサイト『さんかく屋根の下』を運営するなど、お客様と繋がり続けることを第一に考えてきました」

「コメダは全店舗の95%がFC加盟店なんですが、それぞれの店舗が地域に密着し、地域に愛されてきました。オーナーが地域密着の姿勢を守り、地域やお客様一人ひとりに喜んで頂くための対応をしていたことがご支持いただけた要因だと思っています」

まさに“お客様最優先の接客”。訪れた人が扉を開けてから退店するまで「どうしたら喜んでいただけるか?」を念頭に心をつくすのがコメダ流。さらに、単なる飲食店ではない利用者の心と身体を癒す“くつろぎの空間”を提供している点も忘れてはならないポイントだ。

「コメダ珈琲店には、くつろぎの空間を演出するためにいくつかの秘密があります。それはコメダならではのこだわりの舞台装置なんです」(中島さん)

今回、その舞台装置の秘密を明らかにして頂いた。コレだ!

1.木視率40%の店内

内装で木が見える割合が木視率。この割合が高いほど安らぎを感じてリラックスできるとか。コメダ珈琲店の一般的な店舗の木視率は40%以上。一般的な住宅は約20%と言われているという。

2.10数年かけて開発したソファ

座り心地を追求したソファは奥行き、ひざ下、背もたれが最も心地よい黄金比率になるよう設計された自信作。可動式のものはスタッフが軽々と持ち上げられるので、空いたスペースに車いすを入れることも可能。

3.安定感バツグンのテーブル

手をついて立ち上がっても倒れない固定式の木製テーブル。傷や汚れがついても表面を削ることで再生させることができる。

4.あたたかみのある店内&くつろぎの間仕切り

レンガや漆喰をモチーフにした温かみのある内装に加え、隣の方の視線が気にならない絶妙な高さの間仕切りで個室感と開放感を両立し、くつろぐことのできる空間を作り出している。

これだけの舞台装置の上、一人ひとりにあわせたおもてなしがあればどんな困難も乗りこえ、今後も最高の空間で私達を癒してくれるはず。アフターコロナの未来、コメダ珈琲店としての目標・展望は?

「当たり前のことを当たり前にやる!をモットーにお客様一人ひとりに向き合ったおもてなし、温かみのある店内をコツコツと磨き上げていきたいと思っております。『くつろぐ、いちばんいいところ』であり続けることができるように」(中島さん)

そんなコメダ珈琲店は“くつろぎ”で、人と地域と社会をつなぐ取り組みも積極的に展開している。

・コメダがない地域にもコメダのくつろぎを提供すべく2022年4月からキッチンカー初出動
・店舗内で地元図書館と連携した「コメダ文庫」
・寺子屋こめだ(地元の小学生から高校生対象に、地元のNPO法人/大学生が勉強を教える)〜など

また、“心にもっとくつろぎを”プロジェクトをスタート。再生可能エネルギーの導入、障がい者アーティストの起用など様々なサステナビリティ活動に取り組んでいる。

居心地の良さとほど良い距離感、ずっと居たくなる空気感でコメダ珈琲店は包まれている。日本を代表するこの喫茶店は「街のリビングルーム」だ。だからこそ毎日行きたくなるし、いつまでも珈琲を味わっていたい。ちなみにコメダを訪れるお客さん1人当たりの平均滞在時間は他店の約2倍らしい。今後、もっともっと長居してしまいそうだが…

「皆さまにゆっくりとおくつろぎいただけていること、とても嬉しく思っております。ただ、多くのお客様がお待ちの場合などの混雑時には1時間半~2時間で次のお客様にお譲りいただけるよう時間制限のご案内をしております。ご了承ください」(中島さん)

よし、2時間だけのんびりしよう。人生最高の2時間だけのんびりしよう。

コメダ珈琲店HP
https://www.komeda.co.jp/

取材・文/太田ポーシャ


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。