小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナで失速した中国の景気、夏以降はどう動く?

2022.07.22

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、中国の4-6月期GDPに関するマーケットレポートを公開した。

中国の4-6月期GDPはゼロ成長

中国国家統計局は15日、主要経済指標を発表した。4-6月期の実質GDP成長率は前年同期比+0.4%と、市場予想の+1.2%を下回り、前期の+4.8%から急減速した。

ゼロコロナ政策による上海市などの都市封鎖(ロックダウン)の影響で、経済への打撃が明らかになった。前期比でみると▲2.6%となり、新型コロナの流行が始まった2020年1-3月期以来のマイナスとなった。

6月の鉱工業生産、消費は回復、投資はほぼ横ばい

ただし、上海市などのロックダウンが解除されたことから、6月の経済指標は改善傾向を示しており、景気は足元で回復しているとみられる。

6月の鉱工業生産は前年同月比+3.9%と、前月の+0.7%から伸びが加速した。上海市のロックダウンが解除され、工場が操業を再開したことや物流面の混乱が和らいだことで、自動車を中心に生産活動が大きく回復した。

6月の小売売上高はロックダウン解除などコロナ規制の緩和を受けて、前年同月比+3.1%と、前月の▲6.7%からプラスに転じた。自動車、宝飾品、化粧品などが急回復した。

1~6月の固定資産投資は前年同期比+6.1%と、1~5月の+6.2%とほぼ横ばいだった。政府の景気対策の下でインフラ投資が+7.1%と加速した一方、住宅市況の停滞で不動産開発投資が▲5.4%と、減速した。

新型コロナ規制は徐々に緩和へ

中国では、新型コロナ対策の規制緩和が徐々に進んでいる。これまで中国当局は、首都北京への新型コロナウイルスの流入を警戒し、2020年3月以降、海外から北京に到着する直行便を停止していた。

しかし、北京市が7月6日から実施している「新型コロナウイルス感染症対策プラン」では、同市の新型コロナ対策を調整し、秩序に基づいて段階的に、北京と結ぶ8路線の国際旅客便を再開することが示された。

中国当局による新型コロナウイルス対策の運航制限が緩和されたことを受けて、全日本空輸(ANA)は7月11日、成田―北京線で、旅客便は北京発のみながら、直行便の運航を2年3カ月ぶりに再開した。

日本航空(JAL)は7月16日から北京に近い天津への臨時運航を始めた。当面は毎週土曜日に週1往復する運航だ。また、中国政府は、国外からの入国者に義務づけている隔離期間を短縮する方針を示すなど、水際対策の見直しも進めている。

【今後の展開】中国景気は7-9月期以降持ち直しへ

中国の4-6月期GDP成長率は下振れしたものの、6月の月次主要経済指標は景気が持ち直し局面に入ったことを示唆している。鉱工業生産は自動車を中心に回復し、既に上海市のロックダウン以前の水準へ回帰していること、固定資産投資の伸びは小幅に鈍化したものの、インフラ投資の伸びは加速していること、消費では自動車、宝飾品、化粧品など単価の高い商品の販売が持ち直していることから、足元の景気は回復しているとみられる。

さらに、今後、中国政府が秋の共産党大会に向けて景気刺激策を積極化することや、新型コロナ対策の規制を徐々に緩和していくことで、7-9月期以降のGDP成長率は再加速する見通しだ。急減速した中国景気は年後半に持ち直すとみている。

三井住友DSアセットマネジメントは、4-6月期GDP成長率を受けて、2022年のGDP成長率見通しを前年比+4.2%、2023年を同+5.2%と、予想している。ただし、一部の都市では再びコロナ感染が広がり始めているため、今後の動向を注意する必要がある。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。