小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子育て中の親に聞いた「子どもにとって欠かせないアニメ」TOP3、3位ポケットモンスター、2位アンパンマン、1位は?

2022.07.17

ARINAが運営する幼児、小学生の親向け教育メディア『おうち教材の森』は、日本全国の中学生以下の子供を育てている親を対象に「子どもにとって欠かせないアニメは?」というアンケート調査を実施して結果を発表した。

●調査概要
調査方法:インターネット調査
調査人数:200人(10代:4人、20代:38人、30代:72人、40代:57人、50代:23人、60代以上:6人)
調査主体:ARINA『おうち教材の森』
調査時期:2022年3月2日
調査レポート
https://naki-blog.com/study/survey-report-88

調査結果と主なコメント

1位:『ドラえもん』
・好きみたいでテレビや『YouTube』でよく見ているから。
・子どもが喜んでよく見るから。ストーリーがいろいろあるし、バリエーションも多く、何度見ても楽しめる。
・コミックを見てから好きになったようで、いつも『ドラえもん』を見ています。
・欠かさず見て映画にも行きたがるほど好きなので。
・いつも情けないのび太が、やる時はやるという展開に惹きつけられるようです。特に映画は子供ながらに感動する様子で、毎年夢中になって観ています。

2位:『それいけ!アンパンマン』
・歌もストーリーも好き。
・ビデオに録画して何度も見ているからです。
・ストーリーがわかりやすく、キャラクターが覚えやすいから
・『アンパンマン』を流すと、だいたいテレビに集中してくれて家事がはかどるから。2歳の子はまだほかのアニメは早いみたいですが、『アンパンマン』だけは必ず集中して見ています。
・機嫌が悪いときでも『アンパンマン』を見るとご機嫌になるから。

3位:『ポケットモンスター』
・子供が『ポケットモンスター』にハマっているから。
・周りの子も含め、見ている子が多く人気があるから。
・友だちとの会話で一番多いです。
・『ポケモン』だけは録画してでも毎週見ているので。
・幼稚園の頃から見ています。フィギュアも集め、『ポケモン GO』にもハマり、映画も見ています。録画して毎週見ています。

4位:『クレヨンしんちゃん』
・毎週かかさず見ている。
・いつも録画して家族みんなで見ているから。
・しんちゃんの日常を飽きずに見ているので。
・親も好きで小さい頃から一緒に見ていて、一緒に笑ったり泣いたりしてきた作品なので思い入れ深いようです。
・劇場版は道徳を学べるから。

5位:『サザエさん』
・毎週日曜日なので、明日から学校があるというお知らせになっています。
・誰もが安心して見られる番組だからです。子供も好きです。
・昔から好きなアニメでかかさず見ているため。
・家族がみんな『サザエさん』を見ていたから。

6位:『ちびまる子ちゃん』
・同じ女の子なので話がわかるようなので。
・子供は主人公に共感できることが多いみたいです。

7位:『忍たま乱太郎』
・毎週欠かさず観ているので。

今回のアンケートでは、子どもにとって欠かせないアニメ1位は『ドラえもん』で、長年子ども達に愛されている『ドラえもん』と『アンパンマン』に人気が集中するという結果だった。『ドラえもん』は、劇場版の人気も高く「子供ながらに感動している」との意見があり、ファンタジーやアクション要素のあるストーリーが喜ばれているようだ。年齢の低い子どもは、『アンパンマン』のわかりやすいキャラクター設定やデザインに惹かれているようで、「『アンパンマン』だけは集中して見てくれる」と親の時間確保にも役立っているようだ。

引用元:『おうち教材の森』

構成/KUMU


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。