小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

糖尿病のある転移性乳がん患者で血糖コントロールが良好な人は不十分な人より死亡リスクが低い

2022.07.19

糖尿病のある乳がん患者の生命予後が血糖管理で改善?

転移性乳がんを有する糖尿病患者では、血糖コントロールが不十分な場合、長期的な死亡リスクが高いというデータが報告された。

逆に言うと、糖尿病のある転移性乳がん患者のうち、血糖コントロールが良好な患者は死亡リスクが低いことが示された。

米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のY.M. Melody Cheung氏らが、米国内分泌学会(ENDO 2022、2022年6月11~14日、アトランタ)で発表した。

Cheung氏によると、糖尿病患者ががんと診断された以降の血糖コントロールに関する研究は限られており、これまでに発表された数少ない研究も、主として進行がんではなく早期がんに焦点を当てているという。

特に治療困難な転移性乳がん患者を対象に、血糖コントロールと予後との関連を検討したデータはなく、同氏らの研究が初めてとのことだ。

Cheung氏らの研究は、転移性乳がんの患者488人を対象に行われた。その半数は糖尿病を有していた。

糖尿病群と非糖尿病群とで、5年生存率は差がなかった。

しかし、乳がん診断から8年以上生存した患者の10年生存率を見ると、非糖尿病群は87%であるのに対して糖尿病群は67%にとどまっていた。

さらに糖尿病群を血糖コントロール良好な患者と不十分な患者に分けた場合、コントロール良好な患者の10年生存率は83%であるのに対して、コントロール不十分な患者は63%だった。

この結果を基にCheung氏は、「転移性乳がんにもかかわらず比較的経過が良好な糖尿病患者において、血糖値のより積極的なコントロールが寿命延伸につながる可能性のあることを示唆している」と述べている。

また、「われわれの研究結果は、糖尿病を有するがん患者の血糖管理目標の設定に際して、たとえ進行がんであっても、予測される予後を勘案し患者ごとに的確に調整すべきであることを示す、重要な知見と言える」と付け加えている。

ただし同氏は、「糖尿病を有する転移性乳がん患者の血糖値を厳格にコントロールすることで、がんそのものの転帰を改善できるかどうかは、本研究では明らかにされていない」としている。

その理由として、「がんがより進行している場合に、医師は厳格な血糖コントロールが患者に過度の負担を強いると判断し、あまり積極的な治療を行っていなかったケースもあり得るため」とのことだ。

つまり、今回の研究で示された、血糖コントロールが不十分であることと患者の転帰が良くないことの関連は、「転移性乳がん患者の糖尿病をどの程度治療するかという、臨床医の考え方次第で変化する可能性もある」という。

なお、学会発表された研究結果は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは一般に予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2022年6月13日)

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(参考情報)
Press Release
https://www.endocrine.org/news-and-advocacy/news-room/2022/study-links-diabetes-and-worse-outcomes-in-long-term-survivors-of-metastatic-breast-cancer

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。