小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

極上の書き心地!手書きメモと電子書籍リーダーに機能を特化したファーウェイのE Inkタブレット「MatePad Paper」

2022.07.18

時代の流れとともに、あらゆるものがデジタル化していますが、「読書は紙の感触がいい」「メモは紙とペンを使いたい」といった、“紙派”の人も一定数います。

とはいえ、本やメモ帳は、物理的な保管場所が必要。大量に所持していると、部屋の収納を占拠してしまう上に、カバンに入れて持ち運ぶのにも、数が限られてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、デジタル製品ながら、紙素材に近いディスプレイ表示ができる、「E Ink」を搭載した製品。代表的な製品に、アマゾンの「Kindle」シリーズなどがあげられます。

本記事で紹介するのは、「HUAWEI MatePad Paper」という製品。ファーウェイといえば、コスパに優れたスマートフォン、タブレット製品を多く展開していることでも知られていますが、E Inkディスプレイを搭載したのは、本製品が初めて。公式ストアでの販売価格は6万4800円となっています。

購入時には専用のカバーに加えて、「HUAWEI M-Pencil(第2世代)」が同梱されます。ペン入力で、手書きのメモも作成できるデバイスとなっており、プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも活躍できそうな1台。では、実際に試してわかる使用感や、操作性を紹介していきましょう。

デザイン・ディスプレイ

HUAWEI MatePad Paperのディスプレイサイズは、10.3インチ。タブレットとしては、大きすぎず、小さすぎずといったサイズ感ですが、電子書籍リーダーやメモ帳として持ち運び、操作するという観点でいえば、やや大きめです。

画面占有率は86.3%となっており、ディスプレイの左側のみ、縁が少し分厚いデザインとなっています。これは、電子書籍を読んだり、メモを取る際に、左手でデバイスを持つユーザーが多いことから、指を置くためのスペースを確保したとのこと。実際に持つと、電子書籍を読む際に指がディスプレイに重ならないため、文章が読みやすいというメリットが存分に楽しめます。

ディスプレイは、先にも触れたとおり「E Ink」タイプとなっており、紙に近い質感が魅力。長時間使用していても、一般的なスマートフォン、タブレットよりも目の疲れを感じにくく、電子書籍リーダーとしての強みを感じます。また、色調はモノクロに設定されており、輝度を32段階に調節できるため、暗い場所でも電子書籍やメモを確認しやすいのが特徴。紙の本にはない、電子書籍リーダーの優位点です。

本体は質量約360gと軽量。厚さも約6.65mmしかなく、タブレットとしては他に類を見ないほど持ちやすい仕上がりです。同梱されるカバーもかなり薄型なので、カバンに入れて持ち運んでもかさばらないのが魅力的です。

カバーなし

カバーあり

本体上部には電源ボタン、下部には充電用のUSB Type-Cポートを搭載。電源ボタンは指紋認証センサー内蔵となっており、スムーズにロックの解除が行えるようになっています。

機能

HUAWEI MatePad Paperは、電子書籍の閲覧、メモ書きに重きを置いた製品ではありますが、メールやブラウザ、カレンダーといったアプリはプリインストールされています。

ブラウザからアクセスし、YouTubeといった動画コンテンツを視聴することも可能ですが、E Inkの性質上、描画速度があまり早くないため、得意な作業とはいい難いです。

では、本製品の強みは何かと問われると、やはり電子書籍の閲覧と、メモ書きに最適化されている点になるでしょう。個人的には、同梱されるHUAWEI M-Pencil 2を使った、ペン入力のしやすさが最大の魅力と感じています。

手書きのテキストを抽出することも可能

HUAWEI M-Pencil 2は、4096段階の筆圧感知、26msの低遅延に対応しています。遅延がほぼ感じられないだけでなく、書き心地は紙とペンにかなり近い印象なので、タッチペンで文字を書くのが苦手な筆者でも、快適に使用できています。

また、便利な機能として紹介したいのが、音声レコーダー機能を使いながら、メモを取れる点。会議中に「録音」と「メモ」の2つの作業が、1台のデバイスで行えるため、ビジネスシーンでも活躍できます。

ペンの種類は、万年筆、ボールペン、鉛筆、マーカーの4種類で変更可能。ペン先の太さも、3段階に調節できるので、メモの中で、タイトルや見出しを作りたい場合にも便利。台紙にも、ToDoリストや議事録といった、複数の種類が用意されています。

アプリ

本製品は、ファーウェイの独自OS「HarmonyOS」が搭載されており、アプリのインストールは「HUAWEI AppGallery」というアプリから行います。

OS自体は、アップルのiOSとグーグルのAndroid OSを足して2で割ったような、使い勝手に優れた仕上がりになっているのですが、執筆時点(2022年7月上旬)では、AppGallery内で配信されている、HUAWEI MatePad Paper対応アプリが少ないのが気になるところ。

HUAWEI MatePad Paperは、電子書籍やメモ書きに特化したデバイスであり、プリインストールアプリのみでも特徴を活かすことはできますが、幅広い運用を視野に入れた時には、対応アプリの少なさで苦汁を飲むシーンも出てきそうです。

AppGalleryの他に、サードパーティー製のアプリストアや、Web上にあるアプリの一部をインストールすることもできますが、純正アプリストアのほうが使い勝手は良く、セキュリティ面でも安心なので、ここは、今後のアップデートや、対応アプリの拡充に期待しています。

電子書籍の閲覧、メモ書きに特化したHUAWEI MatePad Paper

HUAWEI MatePad Paperは、冒頭でも触れた通り、公式ストアでの販売価格は6万4800円ですが、同梱されるHUAWEI M-Pencil 2は、個別で購入すると1万2980円となっているため、本体価格は5万円強とも捉えられます。

ファーウェイ製品としては初となるE Inkディスプレイを搭載し、電子書籍の閲覧とメモ書きに特化した、HUAWEI MatePad Paper。対応アプリの数といった課題はまだ見えるものの、限定的な機能に特化したデバイスとしては、十分実用的な印象も受けます。万人受けする製品ではないものの、“刺さる人には刺さる”デバイスであることに間違いはありません。

取材・文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。