小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

妊娠や出産に前向きな女性が増加傾向、妊活もWithコロナへシフト

2022.07.17

2022年6月、厚生労働省から2021年度出生率が発表された。その概要を見ると、出生数は81万1604人となり、前年に比べ2万9231人減少。出生率(人口千対)は、6.6と前年の6.8よりも低下した。この結果は、1899年の調査開始以来過去最少を更新している。

そんな中、新型コロナウイルスが流行して2年目となる2021年は、妊娠・出産においてもコロナ禍の影響を受けた年だと言われている。

といわけで育児支援サイトを運営するベビーカレンダーは、新型コロナウイルス感染症が流行して2年が経った今、妊活に対する意識はどう変化しているのか、アンケート調査を実施。調査結果をグラフ化して発表した。

2020年と比較して妊活を休止・延期・断念する人が減少

第2子以降の妊娠を希望していた経産婦205名に、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、妊活の状況や、今後の妊娠への考えに変化があったかを尋ねたところ、「とても変化があった」3.9%、「まあ変化があった」12.2%と、あわせて16.1%の人が変化があったと回答した。

2020年の調査結果と比較すると、前回の調査結果は「とても変化があった」15.4%、「まあ変化があった」22.0%と、変化があった人が37.4%だったが、今回の調査では変化があった人が16.1%と、20%以上も減少している。

この調査において「とても変化があった」「まあ変化があった」という回答は、「妊活や不妊治療を休止した」「妊活や不妊治療の開始を延期した」という人や、「妊娠を諦めることにした」という人など、新型コロナウイルスの影響で妊活を休止・延期・断念したケースの回答となっている。この結果から、2022年度の調査では、妊活を休止・延期・断念したという人が2020年度に比べて約2割減少したことが明らかになった。

一方で、「あまり変化がなかった」32.2%、「まったく変化がなかった」29.8%と、新型コロナウイルスの流行に左右されないという意見が62%と全体の半数以上を占めるという結果に。

2020年から2021年にかけて、コロナ禍の長期化により、国内での「Withコロナ生活」が謳われてきた。今回の調査結果から、普段の生活だけでなく妊活においても、Withコロナが定着し、妊娠・出産への影響も以前に比べ緩和されていることがうかがえる。コロナ禍での生活が当たり前になりつつある今、妊娠・出産について前向きに考える人が増加していることが分かった。

新型コロナ流行中の現在における妊活の理由とは?

上記の調査結果から、2020年に比べ、妊娠・出産に前向きな人が増加しているということが判明した。そこで、現在妊娠中または妊活中(不妊治療も含む)の人232名を対象に、「依然として新型コロナウイルス感染症が流行しているなか、妊活をした/している理由やきっかけ」について質問した。

その結果、「年齢や体のことを考え、早めの妊娠を希望していたため」79.3%と、自身の年齢的リミットを感じて妊活を開始している人が非常に多いことが分かった。その他にも「上の子どもとの年齢差を考えたため」54.7%と、他の子どもの年齢差を考えている人も50%以上という結果に。

多くの人が、自身の年齢、もしくは他の子どもの年齢を考えて妊活を開始しているなか、「新型コロナワクチン接種が開始されたから」14.2%、「新型コロナに関する正しい知識や情報を得て、不安が解消されたため」7.3%と、長引くコロナ禍でさまざまな対策が強化されていることが妊活開始のきっかけになったという声も複数あった。中には、「育児休業法が改正され、男性が育休を取得しやすくなったため」3.5%と、2022年4月の法改正をきっかけに、妊娠・出産を開始する人も見受けられた。

妊活を開始したと回答した人のコメント

・新型コロナがいつ収まるかは未知数だし、自分の年齢もリミットが迫っているため。

・感染症が怖くて一旦中止したが、流行が収まる気配がなく、年齢的にもあまり時間がないので再開。

・年齢のこともあるし、Withコロナになっていくと考えたため。

・新型コロナのワクチン接種の時期との兼ね合いで妊活時期をずらした。妊娠初期にワクチン接種はしたくなかったので、2回目のワクチン接種をしてから妊活を開始した。

コロナ禍で妊娠・出産は「大変」「不安」ばかりではない

新型コロナウイルス流行初期の2020年に比べ、妊娠・出産に前向きになっている人が増加しているとはいえ、まだまだ続くコロナ禍。感染対策もあり、今まで通りの出産ができないことに不安を感じる人も多くいるのではないだろうか。そこで、実際にコロナ禍で妊娠・出産を経験した人からのコメントを紹介したい。調べるだけでは分かりづらいリアルな声を知り、少しでも妊娠・出産への不安を解消してもらえればと思う。

妊娠・出産時

・在宅勤務がしやすくなり、つわりのときは本当に助かった。

・診察のとき、妊婦さんのみ待合室にいることができたので、そんなに混雑せず感染のリスクも少なく過ごすことができた。

・ワクチン接種をしていたので安心だった。周りの人も感染予防対策をしているのが当たり前の時代なので、新型コロナ以外の感染症もかかりにくいことがよかった。

・新型コロナ流行初期に妊娠中期だったため、出産後どうなるのか不安だったが、助産院で感染症対策を徹底していたし、胎児への影響なども丁寧に説明してもらって安心して過ごすことができた。

・立ち会いや面会ができない分、助産師さんが陣痛時から入院・退院時までとにかく手厚くフォローしてくださった。

出産後

・立ち会い出産や面会ができなかったこと自体は寂しさや残念な気持ちがあったが、感染対策という意味では徹底されていて安心できた。

・産婦人科が人の出入りの制限や消毒の徹底など実施していたため、入院中は安心して子育てに集中できた。

・入院中は面会もできず心細かったが、逆に赤ちゃんと2人っきりで貴重な時間を過ごせたし、赤ちゃんを預かってもらっているときは1人で食事したりお風呂に入ったりと、好きなことをしてゆっくり過ごせてよかった。

・夫が在宅勤務で一緒にお世話できたので、今後の安心材料になった。

・コロナ禍で夫の在宅勤務が増えたり、友人との外出が減ったりして、パパが子どもと接する時間が増えたおかげで、想像していたよりは気楽に過ごせた気がする。

【調査概要】
調査対象:2018年6月15日以降に第1子または一番下の子どもを出産したベビーカレンダー会員のママ504名
調査期間:22022年6月15日(水)~6月18日(土) 調査件数:504件
※集計結果は100%にならない場合がある。

出典元:ベビーカレンダー

構成/オニザワミカ


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。