小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

衣類に付着したニオイ、シワ、菌、ウイルスを除去!スリムになって値頃感が出てきた「LG Styler」は買い?

2022.07.16

「LGエレクトロニクス」にて開発された「LG Styler」は、衣類や小物についた菌やウイルス、ニオイ、シワなどを庫内に入れるだけで簡単にケアできる家電です。

そんな「LG Styler」は、従来モデルに新たな機能を追加、新デザインも魅力です。

おうち時間が増え、さらにサステナブルな社会を目指している今に寄り添った新モデルを徹底解説します。

登壇し新製品について語るLG Electronics Japan 株式会社Marketing Team Brand Marketing Part Leader 大谷 啓之氏

日本での発売から今年で5周年

「LG Styler」は約48分で衣類や小物についたニオイやシワ、菌やウイルスなどを簡単にケアが可能。

衣類を洗い、クリーニング店へと行ってまた受け取りにいくという手間が約48分で、しかも自宅でできます。

使うことで家事の時短にもなり、その分家族との時間が増え、自分への時間に費やすこともできるので新たなライフスタイルへとつながります。

「LG Styler」は、2017年より日本で発売され、今年で5周年を迎えました。

インテリアフィットのデザインとサステナブルな社会を目指した「LG Styler」の新モデルを徹底解説

2022年7月1日より、ハンガーで最大3着、ズボン1着を一度にケアできる“トータルケアシリーズ”の新モデルは、従来品モデルに新たな機能を加え、新デザインが採用されました。従来品との違いを細かく見てきましょう。

従来品モデルの機能をおさらい

従来品モデル「トータルケアシリーズ S3MF/S3WF」

まずは、従来モデルのチェックから。

「トータルケアシリーズ S3MF/S3WF」は、庫内で気流となり立ち上がったスチームが衣類をまんべんなく包み込み、菌やウイルス、花粉などを99%以上低減し、さらに、ハンガーラックが振動することでシワを伸ばして、衣類を傷めないよう低温乾燥を行います。

また、1回あたりの電気代は約10.2円で経済的。洗剤を使わず、衣類同士の摩擦なく行えることで、大切な洋服も長持ちします。

そのため、衣類を傷めず長く着ることができ、水と電気の消費量も抑え、化学洗剤を使わないので排水面も安心。これは経済的なだけではなく、サステナブルな面も併せ持っています。

では、従来品モデルの性能を踏まえ、新モデルにはどのような機能が追加されたのかをご紹介します。

新機能1:自分好みにできるダウンロードコースが5つに

操作パネルに搭載されているコースだけではなく専用アプリを使い、自分好みのコースが追加できる“ダウンロードコース”があります。

雪や雨で濡れた衣類を乾燥できるコース、寝具やデニムなどデリケートな素材に特化したコースなど全13種類のコースから、従来モデルは1つのみ選べましたが、5つ選択できるようになりました。

新機能2:標準搭載されるコースがさらに充実

衣類に付着した花粉を低減する“花粉ケアコース”と、スカーフやネクタイなどのデリケートな衣類をケアできる“シルクケアコース”は今までダウンロードコースでしたが、新モデルでは標準搭載されることに。

ディスプレイパネルにボタンが追加され、より簡単にコースを選ぶことができます。

2022年“iF DESIGN AWARD”を受賞した新デザイン

丸みのある側面から、スクエアにし全体のフォルムをシャープな印象に。ドアには指紋が付きづらいマットガラス素材を採用。部屋に置くだけでワンランク上の上品な印象にすることも。

新モデルのカラーは、様々な世代が使いやすいミストグリーンとミストベージュの2色です。

また、電源オフ時は操作パネルが表示されずスッキリとしたデザイン。家電とは思えない主張を抑えたデザインで、より空間になじみやすくなりました。

新モデルの「LG Styler」は、世界的にも認知されている2022年デザイン賞“iF DESIGN AWARD”を受賞しています。

一般家庭の必須アイテムになることに期待

おうち時間が増えてきた現在、インテリアにフィットするおしゃれで機能性の高い「LG Styler」は、いつものありきたりな部屋から、新たな空間へと生まれ変わることができるでしょう。

今後もし手に入れやすい価格帯、設置しやすいサイズ感になると、より一般家庭でも普及されやすく、家事の時短になる必須アイテムになること間違いなしでしょう。

※データは2022年6月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

取材・山田ナナ


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。