小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これからのデータサイエンティストに求められるのは「解くスキル」

2022.07.19

 2010年代から2020年代へと時間が経過し、データサイエンティストと名乗る人の数は増加したと思います。その一方、データサイエンティストに求められるスキルの力点も変化してきています。以前からデータサイエンスに力を入れ始めた企業では、目に見えた成果が求められています。そこで重要になるのが、「意思決定者の立場になって考える力」が重要です。もう少し平たく言えば、問題発見・課題設定力です。

 例えば、あるオンラインメディアでサイト内の回遊率が低いことが社内で問題になっているとしましょう。その問題を解決するために、「あなたへのおすすめの記事」のクリック率を改善すべくAIを作ろうというプロジェクトの提案があったとします。皆さんはこのプロジェクトに投資しますか?

 おそらく、レコメンドの精度を上げる前に、もっと他に考えるべきことがあるのでは?と思うでしょう。例えば、記事のテーマが偏っていることが原因かもしれませんし、競合メディアにユーザーが流れているのかもしれません。様々な可能性があります。その可能性もデータで検証することが重要になってきます。まさに意思決定者の立場になって、データという手段を使って、課題を設定していくことが重要なのです。

 ここで誤解して欲しくないのは、プログラミングスキルや統計学やAIといった数理スキルが重要であることは変わりないということです。しかし、それらのスキルはあくまで「解くスキル」ですので、そもそも「何を解くのか」が間違っていたら、せっかくの「解くスキル」が活かされません。そもそもデータ分析は、解決したい課題があるからデータ分析という手段を使っているに過ぎません。その意味で、課題設定が重要であるという話は、原点回帰だとも言えます。

 今後、データサイエンティストは細分化される?

「データサイエンティストはなくなる」ということもよく聞きます。私は予言者ではないのでわかりませんが、データサイエンティストは細分化していくのではないかと考えています。先ほどより、プログラミングスキルや数理スキルといった「解くスキル」の前に、「何を解くか」の課題設定が重要であると説明していますが、課題設定をするためには、その分野に詳しくないと難しいわけです。

 例えば、人事業務を全く知らない人が、人事の課題設定をすることはとても難しいことです。そうなると、各業務担当がデータサイエンスのスキルを身につけ、もともと持っている業務知識を活かして「何を解くのか」を考え、新たに獲得したデータサイエンススキルで解くというのがシンプルで効率的です。そうなると、データサイエンティストとは名乗らずに、「人事データアナリスト」「マーケティングアナリスト」「物流データアナリスト」といった各職能とデータサイエンスが結合していくのではないかと考えています。

 もちろん、中にはあらゆる分野に詳しく課題設定力に長けた人もいますので、そういった人材はデータサイエンティストと名乗り続けるかもしれません。ただ、データはあらゆる業務で増え続けていくので、細分化していくのが自然な流れではないかと考えています。

 実際にデータミックスの卒業生で、データサイエンスを学んだ元気象予報士の方は、「気象データアナリスト」として活躍していますし、営業経験のある卒業生は「セールスデータアナリスト」として活動している方もいます。今後、様々な分野のデータアナリストが登場してくると予想しています。まだ見ぬ掛け合わせはたくさんあると思います。これから、どんなデータアナリストが登場してくるか楽しみです。

文/堅田洋資

株式会社データミックス代表取締役社長。University of San Francisco, M.S. in Analytics修了。一橋大学商学部卒業(統計学・データサイエンス専攻)。日本で数少ない米国大学のデータサイエンス修士号を保有。前職の白ヤギコーポレーションにて、社内データやクライアントのデータ分析を支援するコンサルタントとして活躍。機械学習を用いたレコメンデーション、交通系IoTのデータ分析、数理最適化などを担当。白ヤギコーポレーション参画前は、監査法人にてデータ分析コンサルタント、生体センサスタートアップでサービス・アルゴリズム開発の取締役、KPMG FASにて事業再生コンサルタント、外資系メーカーでの経理・マーケティングなど幅広い経験を持つ。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。