小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トヨタ「bZ4X」と何が違う?SUBARUらしさが滲み出る電動SUV「ソルテラ」の実力検証

2022.07.30

2022年に入り各社から続々とEVの最新モデルが発売されている。ここからは編集部が厳選した注目の6台の実力評価をレポートします。

SUBARU『ソルテラ』

SUBARU『ソルテラ』

SUVらしい力強さと走破性を追求したSUBARU初の量産EV

SUBARU『ソルテラ』

SUBARU『ソルテラ』

操作性 ★★★★☆ 実用性 ★★★★☆ 爽快感 ★★★★☆

SUBARUらしさを感じられるこだわりのEV

 SUBARU『ソルテラ』とトヨタ『bZ4X』の開発がスタートしたのは2018年のことだった。

 SUBARUから開発責任者が出向し、本格的なEV開発がスタートした。基本的なクルマ造りの構想は両社で共有していたが開発の最終段階で思惑が異なり、トヨタが万人受けするEVを造るため航続距離などを重視した仕様に向かったのに対し、SUBARUは同社のユーザーの志向を意識したモデルの開発に進んだ。

 SUBARUによると、ほぼ全車種にフルタイム4WDが設定されていることもあり、ヘビーデューティー志向が強いユーザーが多いという。当然、EVと言ってもユーザーターゲットは同じで、オフロードに強いEVの開発がスタートした。重視したのは走破性で、後輪の安定感を高めるセッティングを採用した。

 これは『フォレスター』や『レヴォーグ』などのセッティングと同じ方向性で、さらに細かくスペックを調べてみると、『bZ4X』とは異なる大きな違いがあることに気づく。それが最低地上高だ。『bZ4X』は180mmだが、都市部中心の使い方なら十分な高さだ。ところが『ソルテラ』は最低地上高を210mmに設定。車体の全高は両モデルとも1650mmと、ボディーは同じなので『ソルテラ』は下回りのパーツなどの調整で30mmの最低地上高を稼いだことになる。

 足回りについては、今回試乗した「ET−HSグレード」は20インチタイヤを標準装着していたが、トヨタ車はすべて18インチタイヤを標準で装着。20インチはオプションで用意されている。

 このあたりのセッティングにもSUBARUのこだわりが感じられる。今回はオンロードでの一般走行しかできなかったが、オフロードで走行するとSUBARUとトヨタの違いはより明確になるはずだ。

 4WDとFFを比べると車重は90〜120kgの差があるが、動力性能の違いはあまり感じることはなかった。操作性を見てもSUBARUはパドルレバーを備えており、ここで回生量をコントロールできるようにしている。これもシフト操作でスポーティーな雰囲気を演出したかったのかもしれない。

 コアなファンに向けたクルマ造りの精神はEVにも貫かれている。

SUBARU『ソルテラ』

ダッシュボードの造形、内装材はトヨタ『bZ4X』と共通。アームレストを兼ねたコンソールのフタは前後にスライドできる。

SUBARU『ソルテラ』

座席には本革シートも用意。タン色にブルーのステッチもSUBARUだけの組み合わせ。このほかにブラックも用意している。

SUBARU『ソルテラ』

荷室は奥行きが約1m、左右幅も1〜1.3mとかなり広い。充電用ケーブルは床下に収納。後席はリクライニングもする。

SUBARU『ソルテラ』

パドルシフトはSUBARUだけのこだわり。ハンドルの裏にある左右のパドルレバーで回生ブレーキの強さを3段階で調節できる。

取材・文/石川真禧照

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2022年5月31日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。