小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サウナの島や世界遺産の島も!マリン首相がおすすめする夏のフィンランドの過ごし方5選

2022.07.13

5年連続で「世界で最も幸福な国」に選ばれているフィンランド。国土の75%を森林が占めており、80,000以上の島々で構成される世界最大の群島地域があるフィンランドでは、国立公園でリラックスすることや島巡りなど、様々な過ごし方ができる。また、夏の間は太陽がほとんど沈まず、国の大部分がほぼ24時間光に包まれ、幻想的な白夜を体験することもできる。

今回は、フィンランドのサンナ・マリン首相がおすすめする、豊かな自然にあふれ、北欧の幸福感を感じることができる5つの夏の過ごし方を紹介しよう。

サンナ・マリン首相がおすすめするフィンランドでの過ごし方

Visit Finland、Jukka-Pekka Flander

サンナ・マリン首相(36)がおすすめするフィンランドでの過ごし方は、家族や友人とフィンランドの美しい自然を満喫できる森林や群島でアウトドアを楽しむこと。この夏、フィンランドの首都ヘルシンキと、サンナ・マリン首相の出身地である湖水地方で、世界一幸せな国を体験できる場所は次の通り。

サウナの島:ロンナ島

サンナ・マリン首相が現在住んでいる首都ヘルシンキには、海岸線に美しい島々が点在している。首相のお気に入りの一つが、中央のマーケット広場からフェリーで10分のところに位置する、小さくてインスタ映えするロンナ島だ。

ロンナ島の木造サウナでは、フィンランドの伝統的なスチームバスを体験した後、バルト海に浸かってリフレッシュすることができる。

Visit Finland、Julia Kivela、Jussi Hellsten

歴史を感じる島:スオメンリンナ島

ユネスコの世界遺産に登録されているスオメンリンナ島は、スウェーデン、ロシア、フィンランドと数多くの国を守った、8つの島からなる要塞の島。

マーケット広場からフェリーでわずか20分の距離にあり、6キロメートルに及ぶ要塞壁や博物館のほか、カフェやレストラン、250年以上の歴史を持つビール工場が。

また、海水浴やピクニックに適した居心地のよいビーチもあり、あらゆる年齢の子供が歴史に触れながら楽しむことができる。

Visit Finland、Emilia Hoisko、Julia Kivela

太陽に照らされた小さな島々:ウーニサーリ島

サンナ・マリン首相のもう一つのお気に入りの島、ウーニサーリ(英語で「オーブン島」)は、ヘルシンキの海岸から船で2分のところに位置し、人気のカイヴォプイスト公園の近くにある。

ウーニサーリ島には、子供向けの遊具があるビーチや、近くのリウスカサーリ島とつながる橋があるほか、テラスのあるカフェからは、ヘルシンキの美しい海岸線を眺めることができる。

Visit Finland、Kari Ylitalo、Mikko Huotari

すべての人々の暮らしに:セイテセミネン国立公園

サンナ・マリン首相のお気に入りの国立公園、セイテセミネン国立公園には、短いコースから緑豊かな森の中を歩く日帰りハイキングコース、沼地を覆う木製の歩道など、様々なコースが用意されている。

また、国立公園の一部は、車いすやベビーカーでもアクセスすることができる。敷地内のネイチャーセンターでは、動植物などに関する情報を提供しているほか、カフェレストランではボリュームたっぷりのスイーツが味わえる。

Visit Finland、Julia Kivela、Jussi Hellsten

古代の森:ヘルヴェティンヤルヴィ(Helvetinjarvi)国立公園

フィンランド語で「地獄の湖」を意味するヘルヴェティンヤルヴィは、何世紀も前から存在するフィンランドにある41の国立公園のひとつ。

この人里離れた大自然の中でベリー摘みやキノコ狩り、そして海岸での魚釣りができるのは「エブリマンズ・ライト(自然享受権)」というコンセプトがあるため。この権利によって、フィンランドに住む人、またはフィンランドを訪れる人なら誰でも食料を調達したり、釣りをしたり、適切な範囲で自然を楽しむ自由が認められている。

画家のアクセリ・ガッレン・カッレラや詩人のJ.L.ルネベリなど、多くの有名な芸術家や作家がこの国立公園の壮大な景色にインスピレーションを得ているという。

公園はあらゆる年齢層の人が楽しめるようになっているが、標高差があるため、難易度が高いコースも。

Visit Finland、Tea Karvinen・Visit Tampere、Tea Karvinen


*前述の5か所は、フィンランドのサンナ・マリン首相のおすすめの場所だが、場所の説明はフィンランド政府観光庁による。

Visit Finland (フィンランド政府観光局)

構成/オニザワミカ

サウナの深みハマるバイブル本「Saunner 2022」絶賛発売中!

2014年3月に日本初のサウナ専門誌として誕生した伝説のバイブル『Saunner』。昨年6月にムック+サウナ専門サテライトメディアとして復刊し、今年も熱いファンの支持を得て、『Saunner 2022』の発売が決定!

“ととのう”という言葉もすっかり定着し、有名どころサウナは一通り回ったというサウナーも増えました。しかし、本誌は言いたい!

「でも、その先があるんだよ!」 と。

表紙はサウナ歴38年、高橋克典さんです!

↓こちらから購入できます!
アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。