小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

上質感と乗り心地を追求しアグレッシブに進化したレクサスのコンパクトSUV「UX」

2022.07.12

UX250h 特別仕様車“F SPORT Emotional Explorer”(特別仕様車専用ブラックルーフ&ホワイトノーヴァガラスフレーク)<オプション装着車>

レクサスは、新型「UX250h/200」を発売するとともに、2タイプの特別仕様車“F SPORT Emotional Explorer”および“Graceful Explorer”を設定し、7月7日より発売した。

UX250/200 (ソニックイリジウム)

「Creative Urban Explorer」をコンセプトに上質な乗り心地を追求

このUXは、「Creative Urban Explorer」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指し、2018年にレクサスのラインアップに加わった都会派コンパクトクロスオーバー。

タフな力強さを強調する厚みのあるボディと俊敏な走りを想起させる張り出したフェンダーにより、大胆かつ洗練されたエクステリアを実現。インテリアは、ドライビングの高揚感を演出するコックピットと視覚的な開放感を両立。加えて走りでは、優れた操舵応答性・操縦安定性と上質な乗り心地を追求してきた。

2018年の発売以降、2022年5月末時点で80以上の国と地域で累計約25万台を販売。ハイブリッドやバッテリーEVの電動モデルを拡充し、電動車の販売比率はグローバルで約80%を達成。レクサスのラインアップの中で電動化を牽引するモデルとなっている。

UXインテリアカラー ヘーゼル

UXインテリアカラー ヘーゼル

UXインテリアカラー フレアレッド

UXインテリアカラー フレアレッド

今回発表の新型UX250h/200は、たゆまぬ進化を追求していくAlways Onの思想のもと、上質ですっきりと奥深い走りの味の深化と、予防安全技術の機能拡充や最新のマルチメディアシステムを採用した先進装備の進化に取り組んだという。

走りの味の深化では、ボディのスポット溶接打点を20点追加することでボディ剛性を強化し、EPSやアブソーバーなどのチューニングを実施。Toyota Technical Center Shimoyamaで走り込むことで、上質さとダイレクト感、レスポンスの更なる向上を実現した。

また、先進装備の進化では、予防安全技術「Lexus Safety System +」を機能拡充することで、より安全・安心に運転を楽しんでいただくことを目指した。さらに、大型化/高解像度化したタッチディスプレイを搭載した最新のマルチメディアシステムを採用。加えて、インパネ、及びコンソール周辺の形状やスイッチレイアウトを最適化し、充電用USBコネクタ(Type-C)をコンソール前方に2個新たに設定するなど、使い勝手を向上した。

走りのイメージを際立たせた“F SPORT Emotional Explorer”

ブラックルーフ&ホワイトノーヴァガラスフレーク(海外仕様)

特別仕様車“F SPORT Emotional Explorer”は、進化したUX250h/UX200“F SPORT”をベースに、走りのイメージを際立たせた、精悍な仕様に仕上がった。エクステリアでは、ブラックルーフを組み合わせた2トーンカラーを設定し、切削光輝+ブラック塗装のアルミホイールとブラック塗装のドアミラーとともに、アグレッシブで引き締まったスタイルとなっている。

225/50RF18ランフラットタイヤ&アルミホイール(特別仕様車専用切削光輝+ブラック塗装+ブラックナット)

ドアミラー(特別仕様車専用ブラック塗装)

インテリアでは、シート、ステアリング、シートベルトなどにブラックを基調としたフレアレッドのアクセントを施すことで、スポーティな印象に磨きがかかっている。

特別仕様車専用インテリア

また、運転席・助手席のシートにベンチレーション機能&ヒーターを標準設定し、快適性も向上させた。加えて、パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)、ブラインドスポットモニター[BSM]、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)[PKSB]を標準設定し、予防安全装備を充実させている。

エレガントで洗練された“Graceful Explorer”

“Graceful Explorer”

特別仕様車“Graceful Explorer”は、UX250h/UX200“version C”をベースに、大人の落ち着きを感じるエレガントで洗練されたスタイルに仕上がった。インテリアでは、専用カラーのモーヴをシート、ドアトリム、アームレストに設定し、落ち着きがありエレガントな室内空間となった。また、運転席・助手席のシートにベンチレーション機能&ヒーターを標準設定し、快適性も向上させた。

 “Graceful Explorer”インテリア

エクステリアでは、スピンドルグリル、ヘッドランプ、アルミホイールにシルバーのアクセントを施し、加えて、ボディカラーと同色のフェンダーアーチモールを設定することで、UXの洗練されたスタイルを一層際立たせた。

スピンドルグリル(特別仕様車専用シルバー塗装)

LEDヘッドランプ(特別仕様車専用アルミ蒸着[エクステンション・サイドマーカー])

225/50RF18ランフラットタイヤ&アルミホイール(特別仕様車専用プレミアムメタリック塗装)

また、パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)、ブラインドスポットモニター[BSM]、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)[PKSB]、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を標準設定。予防安全装備を充実させるとともに、使い勝手の良さを向上させた。


■Lexus International 主査 江本光輝氏のコメント
UXはこれまでAlways Onの思想で年次改良を実施してきましたが、NXから続く次世代レクサスとして、新型UXでもクルマの素性を鍛え上げることに取り組みました。レクサスならではの走りの味の「深化」と、先進装備の「進化」を開発テーマとし、特にHEVを中心とした電動車の魅力向上を目指しました。また、多様なお客様のニーズやライフスタイルにお応えすべく、2タイプの特別仕様車も設定しました。快適かつ安全・安心なドライブや心を豊かにする時間をご提供できるよう、プロジェクトメンバー一丸となり、細かい点まで徹底的に拘って開発しました。これからも続いていく、次世代レクサスのもっといいクルマづくりに是非ともご期待ください。


【メーカー希望小売価格】(単位:円)

*北海道地区のみ価格が異なる。またリサイクル料金は含まれない


関連情報:https://lexus.jp/models/ux/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。