小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Xiaomiがコスパを追求したスマホのサブブランド「POCO」を投入した理由

2022.07.09

中国発のスマートフォンメーカー「シャオミ」は、2019年末の日本市場参入から、主にミドルレンジスマートフォンを精力的に展開しており、auやソフトバンク、楽天モバイルといった、通信キャリアでも端末が取り扱われているため、聞いたことがある、実際に使っているという人も増えているのではないでしょうか。

そんなシャオミは、2022年6月23日より、「POCO」というブランドのスマートフォンを日本市場に初投入し、「POCO F4 GT」を発売。ゲーミング機能に優れ、最短17分で充電可能な120Wの急速充電機能や、高性能ディスプレイを搭載したハイエンドスマートフォンながら、7万円台から購入できる、コスパに優れた端末となっています。

シャオミ内のブランドとはいえ、POCOという名前を聞いたことがないという人も多いはず。本記事では、ブランドの詳細や、メディア向け説明会にて語られた日本市場参入の理由に加えて、新たに登場するPOCO F4 GTの詳細を紹介していきます。

シャオミのPOCOってどんなブランド?

比較的コスパに優れた製品を多く展開しているシャオミですが、中でもPOCOというブランドは、「Everything you need, nothing you don't」(あるべきものをすべてここに。要らないものは何もない)というスローガンのもと、特にテクノロジーに造詣が深いユーザーが求める機能に特化し、不要と思われる部分を削ることで、さらにコスパを突き詰めた端末を展開しています。

近年のスマートフォン、特にハイエンド市場においては、カメラやオーディオ、ディスプレイ、処理能力といった各性能において、満遍なく高い水準が求められます。シャオミの端末においてもこれは同様なので、POCOでは必要な機能を高水準に保ちながら、いらない部分をどんどん削る、いわゆる“尖った”スマートフォンが多いのが特徴のブランドとなっています。

また、知名度を増すことで、幅広いニーズに応える必要があるシャオミのスマートフォンとは違う、新しいビジネスモデルを模索するという意味でも、POCOブランドは活躍できるとのことです。

POCOが日本市場に参入する理由とは?

2022年6月に、初めてPOCOの製品を日本市場に投入する理由として、シャオミの東アジア担当ゼネラルマネージャーであるスティーブン・ワン氏は、「現在、越境EC購入者の10%が日本のユーザーになっている」と話しています。

つまり、個人的にPOCOの端末を輸入して使用しているユーザーが多くいるため、正規のアフターフォローを提供したいとのこと。加えて、POCOのグローバル発表会では、日本からのアクセスやコメントも多く、注目度が高いこともあり、正式にPOCOブランドを日本に参入させることに決まりました。

また、ドコモの「ahamo」やKDDIの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」といった、オンライン専用で通信回線を提供するサービスが登場していることも、POCOを日本市場に導入する一因です。

POCOは、日本ではオンライン販売のみで展開され、広告を打たず、口コミ評価などで知名度を伸ばしていきたいと、スティーブン・ワン氏は話しています。マーケティング費用を削減することで、より安価な端末を提供するために、オンライン専用の通信ブランドの存在は、追い風になると考えているようです。

新端末「POCO F4 GT」は7万円台で購入できる超コスパなハイエンドスマートフォン!

6月23日に新発売された「POCO F4 GT」は、特にスマートフォンでゲームをする人に有用な、ハイエンドスマートフォンとなっています。

ディスプレイは6.67インチの大画面となっており、画面が書き換わる回数を示すリフレッシュレートは120Hz、画面を触った際のレスポンス速度を示すタッチサンプリングレートは480Hzとなっており、どちらもハイエンド仕様です。

特徴的なのが、本体の側面に2つのポップアップ式ボタンが搭載されている点。対応アプリであれば、コントローラーのL・Rボタンとして使用可能となっており、アプリゲームをプレイしないという人は、ショートカットキーとしても活用できます。

搭載CPUはSnapdragon 8 Gen 1という、現行のハイエンドチップセットを採用。メモリ、ストレージの構成は、8GB+128GB、12GB+256GBとなっており、ハイエンドスマートフォンにふさわしいスペックを有しています。

長時間スマートフォンゲームをプレイするユーザーにとっては、端末の発熱が課題となります。端末が熱を持つと、制御するためにパフォーマンスが低下してしまうため、POCO F4 GTには「LiquidCool Technology 3.0」という冷却システムを採用。熱を持つパーツを分散して配置したり、多層冷却ソリューションを組み込むことで、熱を逃がす仕組みになっています。

バッテリー容量は4700mAhで、120Wの急速充電に対応。最短17分で100%まで充電できます。購入時には、120W急速充電対応のACアダプターと、充電ケーブルが同梱され、ケーブルはゲームプレイ時も邪魔になりにくいよう、L字型になっているのも特徴です。

販売価格、販路は以下の通りです。

メモリ8GB+ストレージ128GBモデル:7万4800円
販売経路:楽天市場、mi.com

メモリ12GB+ストレージ256GBモデル:8万4800円
販売経路:アマゾン

各スペックと販売価格を鑑みると、かなりのコスパに仕上がっていることがわかります。防水防塵性能や、おサイフケータイ機能は搭載されていませんが、これらの機能は必要ないという人であれば、満足度の高い端末といえるでしょう。

POCOの“尖った”端末展開に期待

日本市場に初参入となるPOCOは、今後1年に1度、フラッグシップモデルを投入していくと話しています。今回登場したPOCO F4 GTのように、費用対効果に優れた製品が、日本でも発売されていくでしょう。

冒頭でも触れた通り、近年のハイエンドスマートフォンは、全体的なスペックを満遍なく向上させていく傾向にあるため、15万円を超えることも珍しくないのが現状。POCOのように、不要な機能を削ることで、高スペックながら比較的安価な端末が増えると、ユーザーとしての選択肢も増えるので、市場の活性化にも期待ができます。

取材・文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。