小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

私立か国公立か、子どもの志望校を選ぶ時に確認したいお金の話

2022.07.08

受験生は、そろそろ志望校の絞り込みを行う時期になりました。

本格的な受験期を迎える前に、学校の説明会などに足を運び始めている人もいるでしょう。

志望校の絞り込みは、子どもの将来だけでなく、親の懐具合にも大きな影響を与えます。

ここでは、私立と国公立のどちらを選ぶのか、志望校を選ぶ際に確認したいお金の話をまとめて紹介します。

私立?国公立?確認すべきお金の話

まず、私立と国公立の学習費の違いを見てみましょう。

【国公立】
公立幼稚園 22万3,647円
公立小学校 32万1,281円
公立中学校 48万8,397円
公立高等学校(全日制) 45万7,380円
国立大学 53万5,800円(授業料のみ)
公立大学 53万6,363円(授業料のみ)

【私立】
私立幼稚園 52万7,916円
私立小学校 159万8,691円
私立中学校 140万6,433円
私立高等学校(全日制) 96万9,911円
私立大学 93万943円(授業料のみ)

※こちらの調査では、学習費として、給食費、学校外活動費、入学金などが含まれているものがあります。

引用元:
文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」
文部科学省「私立大学等の令和3年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」
国公私立大学の授業料等の推移

単純に学習費だけで比べれば、国公立の方が格段に安いことが分かります。しかし、子どもの進学先は、単純に統計調査の結果から選ぶことはできません。志望校の実際の授業料はもちろんのこと、授業料以外にかかる実際のお金についても考慮した上で決める必要があります。

おもに中学、高校の受験生を対象に、授業料以外に確認したいお金の注意点をまとめますので、これから志望校を絞り込む際の参考にしてみてください。

確認ポイント1 入学金支払い期限のタイミング

入学金の支払いは、合格日から何日以内などの指定があることがほとんどです。なかには、併願校の合格発表まで入学金の支払いを待ってくれる学校もありますが、タイミングによっては合格をキープするために戻ってこない入学金を支払わなければならないことがあります。

確認ポイント2 交通費の確認

意外と馬鹿にならないのが交通費の支払いです。定期券を購入することで安くはなりますが、それでもまとまった額になりやすい傾向があります。附属校や系列校であれば、高校や大学の最寄りの駅が変わることもあります。

確認ポイント3 寄付金の有無

私立の学校に多い寄付金は、任意であっても一口当たりの金額が学校によってまちまちです。1万円からのところもあれば10万円からというところもあります。任意であっても、当たり前のように支払う人が多い学校では、周囲に合わせて「支払わなければ」という気持ちにもなりやすいものです。寄付金についてどのような雰囲気のある学校なのかも調べておきましょう。

確認ポイント4 夏期講習、冬期講習の有無、塾の必要性

学校によっては夏期講習や冬期講習などを行ってくれる場合があります。無料である場合もあれば、有料の場合もあるので、日程や学習内容などとともに事前に確認しておくと良いでしょう。普段の授業の補助的な講習しか行っていない学校もあれば、今後の受験を見据えた高度な講習を行っている学校もあります。

講習が充実している学校なら、塾は不要という場合もあるため、公立より私立の方が学習費を安く済ませることができる場合もあります。

確認ポイント5 修学旅行や短期留学などの充実度

修学旅行が海外であったり、留学のためのプランなどが充実していたりする学校も多いものです。そのため、修学旅行や留学にかかる費用が高額な場合もあります。特に留学の費用などは授業料などとは別の欄に掲載されていることが多く、見落としやすいので注意しましょう。留学するには一定の成績を満たさなければならないなどの条件がある場合もありますから、合わせて確認しておきましょう。

確認ポイント6 部活動の部費や活動費

部活動の部費や活動費も見逃せない確認ポイントです。強豪校であるほど合宿や遠征を頻繁に行っており、年間にかかる部費や活動費が高額になる場合があります。また、普段の活動に学校外の施設を利用している学校もあり、通学費とは別に交通費が必要な場合もあります。

確認ポイント7 進学率の確認

その学校の卒業生のおもたる進路についても確認しておきましょう。卒業後の進路として私立の学校への進学が多いのであれば、公立の学校に進学していても数年後には私立の学校に通う可能性が高いなど、卒業後にかかるお金の予測を立てやすくなります。

確認ポイント8 寮などの必要性

特にスポーツの特待生などの制度を利用して進学する場合、近隣に居住していても寮を利用しなければならない学校もあります。寮を利用する場合はさらに高額になる場合がありますので、寮などを利用する必要性があるかも確認しておきましょう。

確認ポイント9 給食や学食の有無

給食かお弁当かも大きな確認ポイントです。高校ともなると給食がある学校は少ないのですが、代わりに安価な学食が充実していたり、近隣に安価なお弁当を提供している個人商店などがあったりすることも。売店などで安価な軽食が販売されている学校もあります。

細かいところですが、説明会などに行った際には、自動販売機の充実度、料金の割引度なども確認すると、さらに現実的に必要な金額を確認することができます。

授業料以外の費用も確認した上で志望校の決定を

志望校を絞り込むためには、授業料だけでなく、その他にかかる様々な費用まで考慮した上で検討すると、「こんなはずじゃかった」という誤算を防ぐことができます。

授業料の無償化など、該当すると補助を受けられることもありますから、「出るお金」だけでなく「入ってくるお金」もしっかり確認しましょう。

もちろん、子どもの進学先の決め手はお金だけではありません。子どもの希望によっては、金銭的にやや苦しい場合でも「行かせてあげたい」と思うような学校に出会う可能性も充分にあります。

ただし、無理をしすぎて借金が膨らみすぎてしまうと、返済をすることができなくなってしまいます。親の老後資金が枯渇するだけでなく、子どもが将来奨学金などの返済に苦労をする可能性もあります。

子どもの希望と、親の懐具合、奨学金の利用など、様々な面を考慮した上で、親子ともに納得のいく選択ができるよう準備していきましょう。

※データは記事執筆時点での情報。公開後に制度や内容が変更される場合がありますので、最新の情報についてはホームページなどでの確認をお願いします。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/家計簿・家計管理アドバイザー あき
著書に「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖(講談社の実用BOOK)」「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」他

DIME7月号の大特集は「2022下半期・逆襲の資産運用プラン」

2022年上半期はオミクロン株の大流行やウクライナ情勢など波乱の幕開けとなった。年初から下落基調だった日経平均株価は依然として不安定な値動きが続いている。下半期に向けても円安や原油高など、先行き不透明な状況の中、今後の投資方針を決めかねている個人投資家も多いだろう。この先の資産運用はどうすればいいのか?

DIME最新号の特集では厚切りジェイソン、テスタ、天野ひろゆき、AKB48武藤十夢、里崎智也、投資系YouTuber、エコノミストなど15人の賢者たちに、2022年の下半期に着実に資産を増やすヒントを徹底取材。さあ、逆襲の時が来た!

豪華付録「Qi対応ワイヤレス充電器」はカバンに常備しておくと便利!

DIME最新号には豪華付録「Qi対応スマホのワイヤレス充電器」が付いてくる。しかも、USB端子のあるノートPCやモバイルバッテリーにつないで使えるので、外出先する時にカバンにしのばせておくと、電池残量が切れそうになっても安心だ。

また、USB端子のあるクルマやコンセント、ベッドなどでも使えるのは便利! スマホを充電端子につなぐ必要がなく、置くだけですぐに充電が始まるのはストレスがなく、とても快適です。1台持っておくと便利な今号の付録、ぜひ、ご活用ください。

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1234852233

文/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。