小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヤマハとミニストップがSoundUD技術を活用した無人ミニコンビニの実証店舗をオープン

2022.07.10

近年、コンビニ業界では人手不足の問題が深刻化してきており、この問題を解決するべくコンビニ各社は無人コンビニの実証実験に取り組んでいる。

コンビニ大手のミニストップもヤマハとともに、音のある空間とICT機器をつなぐプラットフォームおよび「SoundUD(Sound Universal Design)」の技術を活用した無人ミニコンビニの実証実験に着手。実証店舗をヤマハ東京事業所内(東京都港区)にオープンした。

空きスペースを利用して導入コストも抑えた無人ミニコンビニ

近年、コンビニエンスストア業界では人手不足の問題が深刻化。また、働き方改革の一環や、新型コロナウイルスの感染防止策としてテレワークが普及していることから、オフィスなどのマイクロマーケットにおける売店などの維持も難しくなっていると言われている。

そこでさまざまな無人店舗の取り組みも進んでいるが、初期投資が高額になるなど、実際に導入するにはハードルが高いという現状も。

そうした社会情勢の中、今回の取り組みでは、ミニストップが展開する初期費用0円のオフィスコンビニ「ミニストップポケット」に、「SoundUD」の技術を活用した機能を融合。両社では、利便性を付加しながらも導入コストを低く抑えた無人ミニコンビニの店舗形態を提案していくと説明している。

さらにオフィスはもちろん、工場、病院、駅、学校、ホテル、休憩所など、マイクロマーケットと呼ばれる施設内の空き部屋や空きスペースに設置したパーテーション内に、簡単に無人コンビニを展開できるよう、実証店舗の利用状況を分析していくという。なお、「SoundUD」の技術をコンビニに活用するのは今回が初めてとなる。

決済はマイクロマーケット専用に開発されたセルフレジによるキャッシュレスのみで、交通系、WAON、楽天Edyといった電子マネー、およびQRコード決済に対応する。

「SoundUD」と連携することで無人店舗でも活用できる機能

簡単入店機能(専用アプリ不要)

施設内の空き部屋や、ドア付きパーテーションで仕切られたスペースなど、施錠可能な場所に導入することを念頭に置いて、スマートフォンをかざすだけの簡単入店機能を付加した。

新たに開発した「SoundUDトリガーボード」にスマートフォンをかざすと開錠画面が立ち上がり、画面上のボタンを押して音源を再生するだけで施錠が解除されて入店できる。専用アプリや面倒な事前登録は不要だ(初回入店時のみ、画面上で顧客属性を入力)。

ダウンロード可能な店内BGMおよびアナウンス機能

店内BGMやアナウンスは、専用アプリによるシンプルなシステムで、遠隔地からタブレットなどを使って簡単にコントロールできる。

BGMには、ヤマハのコンサートグランドピアノ「CFX」やベーゼンドルファーのコンサートグランドピアノ「インペリアル」などの音色を楽しめる録り下ろしの楽曲を用意した。

また、来店者は対応アプリを活用することで、店内で放送中のBGMを1日1曲まで無償でダウンロードできる。

来店特典付与機能

対応アプリ注を活用すれば、店内で流れるBGMに反応し、1日1回来店スタンプを付与したり、抽選に参加できるなどの特典を付与することができる。

本機能は、来店特典を付与する期間や時間帯を絞ることで、特定の期間を対象とした来店促進や、店内の混雑時間の分散にも活用することができる。

対応アプリ例:「おもてなしガイド
音のユニバーサルデザインを支えるためにヤマハが開発した無料アプリ。インターネット環境がなくても、「SoundUD」対応スポットのアナウンスやガイダンスなどの音声を翻訳し、多言語の音声や文字にして利用者に届けることができる。SoundUD受信SDKを導入すれば、他のアプリでも対応可能。

実証店舗概要

店名:ミニストップポケット SoundUD 0号店
所在地:東京都港区高輪2-17-11 ヤマハ東京事業所内
営業時間:24時間365日 ※ビル休館日を除く
※店舗の利用はヤマハのグループ社員およびヤマハ東京事業所訪問客に限られている。

「SoundUD」について

ヤマハが開発し提唱する「SoundUD」(Sound Universal Design)は、音のある空間とICT機器をつなぐプラットフォームおよびテクノロジーだ。音声トリガーと呼ばれる一般的なスピーカーを利用して音響通信が行える技術をはじめ、BluetoothやGPS等とも連動できる「SoundUDトリガー」や「SoundUDトリガーボード」を用いることで音のICT化を実現する。対応アプリを利用すれば、インターネットを介することなく音声を起点にして、スマートフォン等のICT機器に情報を表示することを可能だ。

関連情報:https://soundud.org/

構成/Ara


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。