小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】イヤホン型端末で脳の情報を計測するCyberneXのウェアラブルサービス「XHOLOS」

2022.07.07

「健康をチェックするために体重計に乗るように、脳の状態を計測してウェルビーイングに役立てられれば」とCyberneX社CSOの泉水亮介氏。2022年5月、同社は新しい脳情報計測のプラットフォームと、それを活用したリラクゼーションサロンのオープンを発表した。

内面情報をダイレクト&リアルタイムに伝達

XHOLOSは、イヤホン型のウェアラブル端末「XHOLOS Ear Brain Interface」とソフトウェア「XHOLOS Engine」の2要素から構成される。脳とコンピューターを接続し、人間の活動を補助する仕組み「BCI(Brain-Computer Interface)」のプラットフォームだ。

従来脳波の計測は大掛かりな機器が必要だったが、近年では技術の進歩により、外耳道から脳情報を直接計測できるようになっている。イヤホン型なら手軽に装着でき、身体的、心理的な違和感がない。

XHOLOS Ear Brain Interfaceで取得した情報を、スマホ/PC向けのアプリXHOLOS Engineがリアルタイムで解析、脳の状態を可視化する。

脳情報を取得・解析する技術のなかでも、XHOLOSは、「リアルタイムで脳情報をアウトプットできること」が大きな特徴となっている。ライトや音声、チャットなどのアクションと連動することで、内面情報を他者に知らせることができるのだ。

例えば、オフィスで仕事に集中していることを、同僚にチャットで知らせれば、皆が話しかけずにそっとしておいてくれるだろう。「仕事をジャマされた(ジャマしてしまった)」とギクシャクすることはないし、個人のパフォーマンスは上がる。

さらに同社は、プレミアムプライベートサロン「Holistic Relaxation Lab XHOLOS 麻布広尾」をオープン。脳情報のリアルタイム計測・可視化と同時に、オールハンド施術のアロマトリートメントや瞑想コンテンツを通じたマインドフルネス体験を提供する。

どんな状態で脳がリラックスするのかを共有しながら、サービス体験を向上。また、ユーザー自身が、自分の意志どおりに脳を調節する感覚も養えるという。

脳情報が日常利用される未来

今まで、脳波などの計測は、主に研究用途に限られてきた。BCIで日常的に脳情報を取得し、より豊かな生活やビジネスをつくり出すのが、同社の掲げる「脳情報活用前提社会」だ。

これまでの私たちの社会では、主に言語化できる情報を使ってコミュニケーションをとってきた。脳活用情報社会では、よりダイレクトに内面を表現することで、他者との相互理解を促す。また、すでにHolistic Relaxation Lab XHOLOSで試みられているように、自分自身の理解も進められる。

一方で、あまりにも直接的に内面が表現されることに、「考えていることがバレてしまう??」と、抵抗を感じる方もいるのではないだろうか。

そんな疑問に対して「脳の状態がわかることと、思考を読み取ることは違うと理解してほしい」と泉水氏。そのうえで、「情報を正しく使う方法や仕組みを、考えていく必要がある」とする。

例えば、ネット上の個人情報利用は、自分のほしい情報が得られるメリットはあるが、過度に個人に最適化された広告表示など、ユーザーにとってのデメリットもある。脳情報活用前提社会でも、情報を出すメリットのあるサービス、安心して情報を出せる環境が問われることになる。

将来的な脳情報の活用を模索する上で、同社が自らリラクゼーションサロンの実店舗を運営していることは重要だ。テクノロジー企業が、技術や製品を開発・提供するだけでなく、実社会への実装としてサービスを設計し、スピーディに検証のサイクルを回していくのが現代のビジネス。課題解決(ソリューション)として事業をとらえることの重要性を、再認識させられるストーリーだ。

○プレスリリース
脳情報の日常利用を実現するCyberneXは、Ear Brain Interfaceを中核としたBCIプラットフォーム “XHOLOS(エクゾロス)”を発表し、BCIの商用利用を開始
【世界初】脳情報を活用して心と身体をより深いリラックスへ導く”プレミアムプライベートサロン”Holistic Relaxation Lab XHOLOS”を6月4日、麻布広尾にプレオープン!

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

DIME最新号はウエアラブルの大特集、豪華付録はLEDテープライト250

8月号の付録は、好きな場所に貼って使える便利なDIYアイテム「LEDテープライト250」。 床、壁、天井などに照射した光の反射で、空間をほんのりと明るくする、間接照明にピッタリのアイテムです!テープの長さは250㎝。設置したいスペースに合わせて、好きな長さに切って使えます。 電源はテープ端のUSB Type-A端子をUSB-ACアダプターやモバイルバッテリーなどに接続すればOK。

【参考】https://dime.jp/genre/1407239/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。