小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【Licaxxxの読書×鑑賞文・第12回】韓国で人気急上昇のタイムトラベルものSFドラマ

2022.07.03

■連載/Licaxxxの読書×鑑賞文【第12回】韓国のタイムトラベルものSFドラマをチェック

SFガチ勢の皆様、いかがお過ごしでしょうか?急に暑くなってきたので、家の中で暑さを凌いでSF三昧していることでしょう。(まあ外の気温とか関係なく見てると思いますけど。)
今月は「タイムトラベルものSFドラマをチェック」です。

タイムリープ系もサスペンスからファンタジーまでありますけど、私はサスペンス要素が多い大人向けのやつしか見てないです! 配信されているものしか見れていませんが、個人的には韓国のSFドラマがなかなか数も増えてきて、盛り上がってきている印象です。それではいきましょう。(サスペンスなので先に言い訳しておきますが、ややネタバレありです。)

『シーシュポス: The Myth』

天才エンジニアのハン・テスル(チョ・スンウ)は、不可解な事故がきっかけで世界に正体を隠して生きる密入国者の存在を知る。その存在を暴こうとするテスルだったが危険にさらされてしまう。そんな彼の前にカン・ソへ(パク・シネ)という謎の女性が現れテスルを守る。彼女は戦争で廃墟になってしまった未来からやってきた救援者だった。(あらすじ引用:wikipedia

主人公は私の大好きな「秘密の森」の主演、チョ・スンウ! アイアンマンのスタークを彷彿とさせる技術者で金持ちで自信家な役柄も、全然いけちゃってます。相方となるカン・ソへは私は初めて見ましたがそつなくアクションをこなしている印象。

やっぱりSFは規模感ありきなところもぶっちゃけあるので、銃撃、爆撃、CGなどの迫力は抜群。男女が出てきて結局恋愛落ちかよ!!!!と思う部分もありましたが、全然一筋縄ではいかなかったので良しです。

韓国ドラマのいいとこはどれも組織や社会の揶揄が出てくるところ。韓国ドラマはサスペンス系を見ることがほとんどなのですが、これもしっかり揶揄される場面あり。タイムトラベルはSFの中でもどうしても現実味よりもファンタジー感強くなりますが、サイバーパンク要素をうっすら感じる話が挟まるのは個人的推しポイントです。

一個気になったのはカン・ソへの持ってる未来の拳銃が90’sギャルのデコ携帯みたいな見た目だったこと。めちゃくちゃ強いのに意外とカワイイものが好きっていう設定なんだけど、なんかもうちょい上手くデコってあげたい気持ちあり!(笑)

『グリッド』

1997年、地球規模の危機から人類を救う技術“グリッド”を生み出し、空気のように消えた謎の女。2021年、かつて人類を守った彼女が再び幽霊のように現れた――今度は連続殺人鬼の共犯者として。

この奇妙な連続殺人事件を捜査するのは、政府の捜査官キム・セハと女性刑事チョン・セビョク。事件を追う内に、ふたりは全人類の未来を揺るがす巨大な謎に巻き込まれていく。
かつての救世主が、なぜ殺人者として戻ってきたのか?
不可思議な事件を解く鍵は、1997年と2091年―過去と未来にあった…。

絡み合う謎が解かれた時、衝撃の真実を目撃する…時空を超えた謎を解く追跡サスペンス・スリラー開幕!(あらすじ引用:公式サイト ディズニープラス

韓国らしいサスペンス感がここにも存分に現れる。自分の過去、組織に盾をつきながらも解決に臨んでいくタイプのやつ(好き)。中でもチョン・セビョク役のキム・アジュンがめちゃくちゃ素敵でした。強くて渋い女性でした。セットの作りがミニマルなタイプの近未来、シーシュポスよりはお金かかってなさそうですが私は結構好きでした。通信手段がイヤホンやスマートウォッチを駆使してたり、未来の武器もだいぶミニマルな感じ。多分美術さんはヴィルヌーヴ的な建物とか、アップルのガジェットとか、好きなんだろうなあ。

サスペンスなので、ファンタジーみたいにもう一回会いたいから戻る!みたいな叙情的な要素はあんまりなくて推せる。家族愛的なところは入ってきますが、結局世界平和と自己犠牲みたいなところを迫られてしまうのは切ない。そういう意味では悩みが尽きないヒーローものとも言える。
複雑でありながらも韓国ドラマとしては長すぎず、スッキリまとまっていて、、、と思ったらまさかの謎だらけでシーズン1終わってます! なんかひと段落した風ですが圧倒的にシーズン2に期待な終わり方です、、、続きもお願いします。

文/Licaxxx

Licaxxx
東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノ・ハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。2016年にBoiler Room Tokyoに出演した際の動画は50万回以上再生されており、Fuji Rockなど多数の日本国内の大型音楽フェスや、CIRCOLOCO@DC10などヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。日本国内ではPeggy Gou、Randomer、Mall Grab、DJ HAUS、Anthony Naples、Max Greaf、Lapaluxらの来日をサポートし、共演している。さらに、NTS RadioやRince Franceなどのローカルなラジオにミックスを提供するなど幅広い活動を行っている。さらにジャイルス・ピーターソンにインスパイアされたビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。若い才能に焦点を当て、日本のローカルDJのレギュラー放送に加え、東京を訪れた世界中のローカルDJとの交流の場を目指している。また、アンビエントを基本としたファッションショーの音楽などを多数制作しており、近年ではChika Kisadaのミラノコレクションに使用されている。
https://twitter.com/Licaxxx
https://www.residentadvisor.net/dj/licaxxx
https://www.instagram.com/licaxxx1/
https://soundcloud.com/rikahirota
https://www.facebook.com/licax3.official/


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。