小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高性能HDRカメラとAIによる障害物回避システムを搭載したエコバックスのロボット掃除機「DEEBOT T10 Family」

2022.07.03

ペットも識別して回避する吸引・水拭き両対応のロボット掃除機

エコバックスジャパンは、ロボット掃除機の新製品として、エコバックス公式オンラインストア限定モデル「DEEBOT T10 Family(ディーボット・ティーテン・ファミリー)」を発売した。「DEEBOT T10」と自動ゴミ収集機を同梱する「DEEBOT T10 PLUS」を用意し、価格は「DEEBOT T10」が109,800円、「DEEBOT T10 PLUS」が139,800円。

「DEEBOT T10 Family」は、120万画素数の高性能HDRカメラとAIチップを搭載した障害物回避システム「AIVI 3.0(アイビー・サンテンゼロ)」を搭載した、吸引、水拭き両対応のロボット掃除機。障害物の種類を正しく識別し、家具や壁への衝突を軽減できるうえ、ペットなど動くモノに対しても賢く回避しながら安全に走行できるという。

また、D-ToF技術を応用した最先端マッピングシステム「TrueMapping2.0」により、最短ルートで効率的に清掃することが可能。清掃能力も優秀で、3,000Paの強力な吸引力と毎分最大600回振動する水拭きモップ「OZMO PRO 3.0」で、チリやホコリだけでなく、ベタつきまでも取り除くことができるという。

さらに、エコバックス独自の音声アシスタント機能「YIKO(イコ)」を搭載し、スマートスピーカーの連携なしに、音声で操作することが可能。3DマップとYIKOとの組み合わせにより、清掃場所を細かく指定して、声で指示することもできる。

そのほか、専用アプリから部屋の様子を確認することも可能。双方向通話にも対応しているので、留守番中の子どもと会話することもできる。

なお、「DEEBOT T10 PLUS」に同梱する自動ゴミ収集機は最大60日分のゴミを収納可能。ゴミパックは取り出す際に口が閉じる構造に設計しており、ゴミ捨て時にチリやホコリが舞い上がらないとのことだ。

DEEBOT T10の主な仕様

製品情報
https://www.ecovacs.com/jp/promotion/deebot-t10-family

構成/立原尚子


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。