小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

100周年を迎える阪神甲子園球場がCO2排出量を6割もカットできた理由

2022.07.03

阪神甲子園球場は、野球の聖地として多くの人に親しまれています。

同球場にナイター照明が設置されたのは、今からさかのぼること60年以上前、1956年(昭和31年)4月25日のことでした。

当時のナイター照明は、オレンジがかった色の白熱電球が中心でした。しかし、ナイターを観戦したり、選手が快適にプレイするには明るさがやや不足していたようです。

そこで阪神甲子園球場は、青白い光を発する水銀灯を加えたのです。これが、混合色の照明、「カクテル光線」を生み出したのです。

日本初の混合色の照明設備を備えた阪神甲子園球場は、時代と共に進化し、照明も都度リニューアルされてきました。そして、2022年3月、鉄塔4基と銀傘(内野席を覆う屋根)の照明灯がついに、LED化されたのです。

実は、阪神甲子園球場の照明設備をLED化する計画は、早くから議題となっていました。しかし、伝統のカクテル光線をどう継承するか……これがLED化への壁として大きく立ちはだかっていたのです。

そんな悩める阪神甲子園球場のLED化。解決の糸口を見つけたのはパナソニック エレクトリックワークス社でした。答えは白色LEDとオレンジ色LEDの併用だったのです。

同社は約2年かけて研究・開発を行い、課題であったカクテル光線を複数色のLEDにより再現することに成功。阪神甲子園球場が大切にしてきた独自の雰囲気を残しながら、プレイしやすく観戦しやすく、4K8K放送へも対応できる、令和にふさわしい次世代のLED照明を生み出したのです。

二酸化炭素(CO2)排出量を60%も抑制

阪神甲子園球場のリニューアルにあたり、パナソニック エレクトリックワークス社のLED照明器具が756台納入されました。

屋外照明でももちろん、LEDならではの瞬時の点灯・消灯を実現。その特性を最大限に活用し、さらにDMX制御を行うことで、国内のほかの球場では類を見ない豊かな照明演出が楽しめるようになりました。

【参考】阪神甲子園球場 納入事例

もちろん、明るく楽しいだけがLED照明の特徴ではありません。きめ細かな配光設計は、まぶしさを抑えることによりプレイしやすく、また、球場の外へ漏れる光を抑えます。そう、近隣の環境にも配慮されているのです。

そして、既存のHID照明器具を置き換えたことで、スタジアム照明によるCO2排出量を約60%も抑制できるようになりました。

「パナソニック エコナイター」で女優・山田杏奈さんがファーストピッチ

2022年5月24日、25日に開催された、阪神タイガース 対 東北楽天ゴールデンイーグルス戦は、CO2排出量を約60%抑制した阪神甲子園球場のLED照明の高い技術を受けて、「パナソニック エコナイター」と表題。パナソニック エレクトリックワークス社が冠協賛をしました。

初日となる24日の試合では、同社CM「甲子園ソリューション篇」に出演された、女優の山田杏奈さんがピッチャーとして登場。ファーストピッチセレモニーに挑戦してくれました。

【参考】甲子園ソリューション篇

山田杏奈さん
女優。2001年1月8日生まれ、21歳。埼玉県出身。
数々のドラマや映画など、今後の露出拡大が見込まれるアミューズ所属のネクストブレイクタレント。昨今、多くのテレビドラマや映画などに主要キャストとして出演。

誕生100周年を迎える阪神甲子園球場は、さらなるエコの実現に向けて歩を進める

2024年8月に誕生100周年を迎える阪神甲子園球場は、LED照明と音響、ビジョン映像を連動させた、オンリーワンのエンターテインメントを2022年からスタートさせました。そして、LED照明はCO2排出量の抑制という恩恵をもたらしています。

しかし、現状に満足することなく、阪神甲子園球場はCO2排出量削減の動きをさらに加速させるそうです。

カーボン・オフセット試合の実施や、球場内照明の完全LED切り替えなど、次の100年にわたり多くのファンに愛される球場であり続けられるよう、これからもCO2排出量の削減活動を継続。社会貢献へ率先して取り組んでいくのです。

取材・文/中馬幹弘


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。