小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

愛車をバージョンアップ!キャンプや車中泊が楽しくなる雑誌付録「LEDテープライト」の活用法

2022.06.29

現在、発売されている「DIME」8月号の付録は「LEDテープライト250」。長さ250cmの細いテープ上にLEDライトが備わり、好きな長さに切って自由貼って使えるアイテムとして、車中泊の愛好家やバンキャンパーの間で、話題となっている。そこでる、バンキャンプの魅力を発信している、VANCAMP JAPAN代表の小濱潤平さんに、「LEDテープライト250」の使い勝手や魅力などについて聞いてみた。

LEDテープライト250の基本的な取り付け方

付録のLEDテープライト250は、リールにクルクルと巻かれた状態でパッケージに入っていて、好きな長さに引き出して使う。

テープ上のハサミマークは、好きな長さでカットするための目印。ほかのところで切ってしまうと使えなくなる。また、一度切ると、その長さでしか使えないので注意しよう。

テープの裏側が粘着面なので、剝離紙をはがせば、壁、天井、家具などに貼れるようになる。

愛車『デリカ』にLEDテープライトを貼ってみる

もともと車内にぶら下がったいた複数の電球を外し、LEDテープライト250を設置してみる小濱さん。「想像よりも粘着力が強いかも。一度貼ったところがズレたり剝がれたりしにくいから、ひとりでも貼りやすそう」(小濱さん)

LEDテープライト250は適度な柔軟性があり、多少ひねったり曲げたりしても問題なし。「カーブしているところでも、しっかり貼れます。テープが細いから、貼ったところがあまり目立ちません」(小濱さん)

LEDテープライト250が設置できたら、テープ端のUSB端子をスマホ用の充電器などにつなぐ。「モバイルバッテリーにつないで使えるのは便利。電源の位置によって使う場所が左右されることもなさそうです」(小濱さん)

LEDは、白色、電球色、温白色(白色+電球色)の3パターンを選べる。それぞれの明るさは8段階から設定可能だ。色と明るさはリモコンで切り替える仕組み。電源のオンオフもボタンを押すだけなので、誰でも簡単に扱える。

上記写真のように、LEDテープライト250を2本使って、小濱さんの『デリカ』を模様替え。もともと設置されていた電球タイプのライトを外してLEDテープライト250の取り付けが完了するまでには、20分程度しかかからなかった。「設置するのが簡単だし、すごくいい感じですね」(小濱さん)

日本でも広がっているバンキャンプカルチャーとは

もともとキャンプ好きだった小濱さんが、海外のWebサイトなどでバンライフという車中泊のカルチャーに出会ったのは2018年のこと。「『これ、すごくいい!』と思って、中古の『デリカ』を買いました。ただし、海外でバンキャンプを実践している場合、車内で食事ができるくらいクルマ自体がすごく大きくて。それをそのままマネするのは無理かなと。なので、あくまでも『デリカ』のサイズ感を考えながら、車内をちょこちょこと作り変えて、今のような感じになりました」(小濱さん)

これまでに重ねてきたアレンジは〝要らないものを削ぎ落していく〟のがほとんどだとか。「『これは要らないかな?』『不便でもいいよね』みたいな感じで、どんどんシンプルになりましたね。バンキャンプにおけるクルマの役割って、基本的には寝るだけの場所。日中は、クルマの隣にタープを張って、そこにイスとテーブルを置いて過ごしますからね。もちろんテントを張るのも楽しいのですが、後片付けのことなどを考えると『今はもうバンキャンプでいいかな』って(苦笑)」(小濱さん)

小濱さんは自身でバンキャンプを実践するだけでなく、これから始めようと思っている人のサポートも行なっている。「最近では、車中泊の未経験者向けのイベントを企画することも増えました。キャンプ場でいきなり〝車中泊デビュー〟は、結構ハードルが高いので、トイレやカフェが併設されているオープンスペースをレンタルし、参加者の方々には、そこの駐車場にクルマをとめて寝て頂く……といった感じです。何かあったら僕らがサポートしますし、親子でも一人でも、安心して参加してもらえるように心がけています」(小濱さん)

最近では車中泊に利用できるスペースも増えているそうだ。「車中泊をする場所といえば、道の駅やサービスエリアをイメージされるかもしれませんが、それらの駐車場はあくまでも休憩用。イスを出したり煮炊きしたりするのはマナー違反なんですよね。だけど、駐車するだけでなく、焚火も調理もOKな『RVパーク』というバンキャンプ用の場所があって、最近では徐々に多くなってきています」(小濱さん)

若い人を中心にハマる人が多いバンキャンプにLEDテープライト250はおすすめ!

小濱さんのような活動とともにロケーションも整いつつある今、若い人を中心にバンキャンプの周知がどんどん広がっている。「僕のように安い中古のクルマを買って、自分たちで内装をDIYすることに楽しみを見いだしている人が本当に増えました。中には、日本を1周するために休学して、バンライフ(クルマを中心としたライフスタイル)を目指している大学生もいるんです。そんな人たちにとって、このLEDテープライト250は、すごくいいと思いますね。どこにでも貼れるし、粘着テープの粘度が弱くなったら両面テープで補強すればいいし。それに、剝離紙をはがさないでタッカーとかで打ち込んで固定させるのもアリ。ペタッと貼るのが気になる場所でも、アレンジして使えますよね」(小濱さん)

LEDテープライト250の特徴である、色や明るさを変えられる点も、車内に取り付ける照明にはピッタリだと、小濱さんが言う。「コロナ禍以降、車内でリモートワークをする人が増えているので、例えば仕事中には蛍光灯のような白色を点灯させ、休憩する時にはリラックスしやすい電球色にするのもいいかも。色や明るさをボタンひと押しで切り替えられるのは、すごくいいですよね」(小濱さん)

小濱さんのレビューを参考にLEDテープライト250を様々なシーンにぜひ使ってみてほしい!

取材・文/田尻 健二郎
撮影/羽田 洋(プロペラ映像制作所)

DIME最新号はウエアラブルと最新EVの大特集、豪華付録はLEDテープライト250

ついに発表されたグーグル初のスマートウォッチ「Pixel Watch」から約130インチの映像をどこでも気軽に視聴できる「Nreal Air」まで、注目のウエアラブルデバイスが続々登場。中でも、単体で使える機能が充実し、スマホ全盛時代の終焉を告げる「ポストスマホ」の本命デバイスを、WATCH、MOBILE、HOME、SPORTS、WORK、HEALTH CAREのカテゴリーに分けて編集部がセレクト。その実力を検証した!

そして、8月号の付録は、好きな場所に貼って使える便利なDIYアイテム「LEDテープライト250」。床、壁、天井などに照射した光の反射で、空間をほんのりと明るくする、間接照明にピッタリのアイテムです!

テープの長さは250㎝。設置したいスペースに合わせて、好きな長さに切って使えます。電源はテープ端のUSB Type-A端子をUSB-ACアダプターやモバイルバッテリーなどに接続すればOK。

そして、発光パターンは全部で24種類。3パターンの点灯色は、リモコン中央のボタンで白色→電球色→温白色(白色+電球色)に切り替わる仕組みです。リモコン下部のボタンでは明るさを8段階で調節可能です。

リビング、書斎、寝室、玄関、収納、倉庫、クルマ、テントなど、使い方はいろいろ!暮らしがちょっと楽しくなる便利なアイテムです。ジブン仕様のライトアップを楽しんでください。

オンライン書店で予約する

【Amazonで購入する】

www.amazon.co.jp/dp/B0B1Q3GW6L

【セブンネットショッピングで購入する】

  https://7net.omni7.jp/detail/1235504205

【楽天ブックスで購入する】

 https://books.rakuten.co.jp/rb/17164797

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。