小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

力強くスポーティーに進化!フォルクスワーゲンが新世代1.0TSIエンジンを採用した新型「Polo」を発売

2022.06.28

フォルクスワーゲン ジャパンは、マイナーチェンジしてさらに進化を遂げたコンパクトハッチバック新型「Polo(ポロ)」を6月23日より発売。グレードについては4モデルでの展開となる。

人気コンパクトハッチバックがマイナーチェンジによってさらに進化

「Polo」は、1975年の欧州デビュー以来、これまでに全世界で1,800万台(2,050万台:派生モデル含む)、日本では1996年の本格導入以降、累計約30万台を販売するなど、世界で最も成功したコンパクトカーの1台となる。日本市場では、そのサイズと使い勝手の良さ、お洒落でカジュアルな輸入車というイメージが人気を博し、高く支持されている。

新型「Polo」は、エクステリアデザインの刷新により、先代より10〜25mm伸び、全長4,085mmとなり、新たなデザインのフロントバンパーとリヤバンパーにより、力強くスポーティな印象となった。(全幅1,750mm、全高1,450mmおよびホイールベース2,550mmは先代同様)

そのエクステリアは、どの角度から見ても表情豊かなデザインで、自信に満ちたコンパクトカーに仕上がっており、サイドは特徴的な長くエレガントなルーフラインがリヤのルーフスポイラーに続いている。

さらにフロントは、ラジエーターグリルとLEDヘッドライトの組み合わせが新型「Polo」の顔を構成しており、先進的な印象を与える。LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”の採用により、LEDヘッドライトとデイタイムランニングライトそれぞれのLEDストリップがヘッドライトの下縁に沿って縁取られることでユニークなシグネチャーを形成している。

 

また、この2本のLEDストリップのうち上部の長いストリップは、今回の新型に初採用となったラジエーターグリルのLEDクロスバーと光学的に接続され、洗練された雰囲気を醸し出している。リヤは、立体的な新デザインのLEDテールランプを採用し、より個性的に見せ、新型「Polo」全体の質感を高めている。

そして、採用されているエンジンは、最新世代の1.0TSIエンジン。先代と同じ排気量ながら、ミラーサイクル燃焼プロセスの採用やバリアブルターボジオメトリー機構の搭載に加え、ガソリンエンジンPMフィルターの採用により、厳しい環境規制にも準拠した高効率な最新世代のエンジンへと進化を遂げている。その走りは、市街地から高速道路まで十分な動力性能を発揮するとともに、高い静粛性も実現している。

なお、新型「Polo」には、上級モデルに採用されている先進安全装備や快適装備を数多く採用している。同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”は、ドライバーがあらかじめ設定した車速内において前走車との車間及び走行レーンの維持をサポート。高速道路などの長距離移動において安全性の向上と疲労の軽減に寄与する。

また、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”は、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載されたLEDを個別に制御することで、最適な配光を可能としたシステム。これにより、安全性を向上させるだけでなく、ダイナミックターンインジケーターと合わさって、右左折時の被視認性向上にも寄与している。

上記の先進安全装備は、すでに上級モデルのセダン「Passat(パサート)」やファストバック「Arteon(アルテオン)」、SUV「Tiguan(ティグアン)」などにも採用されている先進安全技術で「Polo」では初めての採用となる。

また、快適装備では、9.2インチの大型モニターを搭載したVolkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”を採用したほか、デジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用しており、先進的なインテリア空間を提供。

さらに欧州の自動車安全アセスメント「ユーロNCAP」で最高評価となる5つ星を獲得した新型「Polo」は、これまでのコンパクトハッチバックのクラスを超えた高いクオリティを持ち併せている。

グレードは4モデル展開となる。従来のTrendlineに代わりLEDヘッドライトなどを標準装備する『Active Basic』、Comfortlineに代わりデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などを標準装備する『Active』、Highlineに代わり同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やLEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”を標準装備する『Style』を設定。また、スポーティな専用内外装を身に纏った『R-Line』も設定。

ボディカラーは新色のヴァイブラントヴァイオレットメタリックのほかに、キングズレッドメタリック(有償オプションカラー)、アスコットグレー、リーフブルーメタリックなど合計7色の多彩なカラーラインアップとなる。

【メーカー希望小売価格】

・TSI Active Basic 2,572,000円(税込)
・TSI Active 2,821,900円(税込)
・TSI Style 3,245,000円(税込)
・TSI R-Line 3,299,000円(税込)


【主要諸元】

 


関連情報:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。