みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >オフィスに!レジャーに!どこでもお…

オフィスに!レジャーに!どこでもお茶が楽しめる秀逸ティーポット3(2015.01.01)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆J-Pushi!(ジェイプッシュ) 

 「さて、そろそろお茶でも淹れようか」というとき、急須やティーポットに茶葉を入れてお湯を注いで蒸らして、湯飲みやカップに注いで…と段取りが必要。コーヒーだと紙フィルターやドリッパーも用意しなくちゃいけない。緑茶も紅茶も中国茶もコーヒーも大好きで、仕事中は何かしらを飲んでいるため、1日が終わるころには急須やらティーポットやらドリッパーやらがシンクに散乱している状態になる。すべてがひとつの道具でできたらいいのに…と思っていたときに見つけたのが「J-Pushi!(ジェイプッシュ)」。

J-Pushi!(ジェイプッシュ)  J-Pushi!(ジェイプッシュ) 

 見た目は普通のポットに見えるのだが、これひとつで緑茶、紅茶、中国茶、ハーブティー、そしてコーヒーまでも淹れることができる。使い方は、ふたを開けて茶こしの部分に茶葉、もしくはコーヒーを入れお湯を注ぐだけ。お茶の場合は好みの濃さを見計らって、コーヒーの場合は3分間を目安に蒸らして、ボタンを押すと一気に中身がポットに落ちる。

 透明ポットなので、茶葉の開き具合やジャンピングの様子が観察できて、好みの濃さがわかりやすい。また、お湯を完全に切るので、急須やティーポットと違い茶葉がひたりぱなしの状態にならないため、二煎目、三煎目のいわゆる“出がらし”もおいしく飲める。容量は、ポットが約980ml、内容器は360ml。価格は税別3,000円。

マックマー http://www.macmajapan.com

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。