小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

真夏でも背中が蒸れない!強力ファン搭載で通勤に便利なバックパック「VITL」

2022.06.26

バックパックの背中蒸れ問題を解消!

暑い盛りにリュック(バックパック)を背負う問題に、「背中が蒸れる」というのがある。

街歩きなら手に持ちかえればいいかもしれないが、自転車通勤時などではそうもいかない。炎天下では、あっという間にシャツもリュックも汗でびっしょり。

筆者は、その対策として着替えのシャツをリュックに忍ばせているくらい。だが、スペアが1枚では足りないこともあり、名案とは言い難い。

そんな悩みを解決してくれるのが、台湾生まれのリュック「VITL(ヴィトル)」だ。

■背中を蒸れさせない革新的なアイデア

この新製品を説明するのに、多くを語る必要はないだろう。「VITL」は、背負ったときに、背中との接触面を最大限に少なくし、かつ下から風が背中に当たるという設計になっている。

風を発生させるのは、リュック裏面の下部に組み込まれたファン。その電源として、リュック内部にしまったモバイルバッテリーを使う。種明かしすると簡単な話だが、これまでありそうでなかったアイデア良品だと思う。

では、実用性のほどは? 長雨があがった蒸し暑い日に、これを背負って山を登った。山登りといっても、そこは標高数百メートル。

それ自体たいしたことはないのだが、登山道入り口にたどり着くには、自転車でえんえんと坂道を上らなければいけない。

山登りよりも、むしろこっちの方が辛い。以前登ったときは、坂道の途中でシャツを着替えたが、それも足りず、あまりの不快さに途中で帰った。

今回の検証では、ふだんのリュックに代えて「VITL」を使い、中の荷物は前回と同じ重量(約5kg)とした。坂道が始まったあたりから、左ストラップにあるスイッチをオン。風力は3段階に切り替えられるが、最初から一番風力の強いHighモードにした。

自転車(ロードバイク)に乗っていると、やや前傾姿勢となり背中は少し丸まる。

直立で立っている状態で「VITL」を背負った時にはなかった違和感があるかもしれないと思ったが、それは杞憂であった。

一番汗をかきやすい背の中央部にリュックが触れることはなく、その空間を間断なく涼風が走り抜ける。坂道を上りきるのに30分ほど要したが、背中が汗ばむことはなかった。

ちなみに、「VITL」にモバイルバッテリーは付属していない。9V・2A以上でType-AのUSB給電できるモバイルバッテリーを自前で用意しておく必要がある。

Highモードで連続運転した場合、10,000mAhで約5.5時間もつ。また、リュックの右サイドにUSBポートが付いており、ファンを回しながらのスマホ充電が可能だ。

■容量も妥協しない充実設計

次は、リュックの内部を見てみよう。ファンシステムのせいで容量が犠牲になるということはなく、15.6インチのノートパソコンを皮切りに、タブレットやもろもろの小物を収容可能。カフェ通いの在宅ワーカーでも、容量が足りなくなることはまずないはず。

「VITL」の購入方法だが、日本における正規代理店・合同会社KMS TagHoodが、「アタラシイものや体験の応援購入サービス」のMakuakeを通じて予約販売を受け付けている。3割引き(23,100円)の「超超早割り」はまだ在庫があるので、早めにチェックしてみよう。

編集部注:記事掲載時には、記載のリターンが売り切れてしまっている場合があります。クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資に当たっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願い致します。

文/鈴木拓也(フリーライター)


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。