小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「夏のボーナス」の使い道に異変?世代による違いは?

2022.06.24

ぼちぼち支給される人も増えてきたと思われる夏のボーナス。コロナ禍がひと段落した状態で迎える今年の夏は、一昨年、昨年と比べてどのような使い道の違いが見られるのだろうか?

ネストエッグはこのほど、同社が運営する自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」ユーザー2,495人を対象にした「夏のボーナスに関する調査」の結果を発表した。

夏ボーナスから貯金にあてる平均金額は、218,247円。昨年から58,531円減少

はじめに、夏ボーナス支給予定状況及び想定金額を調査した。

今回の調査を行った5月20日~23日時点で、ボーナスが支給されると回答した人は53.8%。支給予定者の想定金額は、20~40万円未満と回答した人が32.6%で最多となった。

次に、夏ボーナス使用目的を調べたところ、昨年同様「貯金」が最多。しかし、昨年74.0%から71.6%(-2.4pt)とやや減少していた。次点の「生活費の補填」も昨年31.3%から26.2%(-5.1pt)と減少した。

消費を伴う使用目的では、「旅行」が昨年11.3%から19.3%(+8pt)と約2倍の増加、加えて「外食」「クルマ」も増加しており、外出関連目的が増加した。一方、「ファッション」「家電」「食品」「ガジェット」は減少した。「家電」、「食品」、「ガジェット」はイエナカ消費需要が一巡したためと考えられる。

夏ボーナス使用目的の世代別比較を見ていくと、Z世代では、全体平均より「貯金」「ファッション」「旅行」「推し活」「外食」の割合が高く、貯金をしながらも「今」を楽しむための消費意向が高かった。

一方、ミレニアル世代では「投資」が平均より高く、将来への備えの意識が高かった。また、氷河期世代、バブル世代以上では、「貯金」目的が平均より下がり、生活費の補填、ローン・借り入れの返済が平均よりも高かった。

夏ボーナスでの旅行の行き先を調査したところ、国内が99.6%と圧倒的に多く、海外予定は2.3%に留まった。

さらに、夏ボーナスのうち貯金にあてる予定金額では、218,247円で昨年の276,778円から減少。貯金にあてる比率の変化を見ると、減らす予定と回答した人が昨年比でやや増加した。

最後に貯金比率を増やす理由、減らす理由について調べた。

貯金比率を増やす理由のTOP3は、「生活防衛のため」「老後資金のため」「家族のため(教育費など)」。一方、貯金比率を減らす理由のTOP3は、「生活費の補填のため」、「ローン返済のため」、「買い物のため(自分のほしいもの)」となった。

<調査概要>
調査主体:株式会社ネストエッグ
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国18歳以上のfinbeeユーザー
有効回答数:合計2,495サンプル(Z世代270名、ミレニアル世代917名、氷河期世代810名、バブル世代以上498名)
調査期間:2022年5月20日(金)~2022年5月23日(月)

出典元:株式会社ネストエッグ

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。