小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

職場恋愛のお相手、最も多いのは同僚、2番目に多いのは?

2022.06.24

 

今どきのビジネスパーソンは、仕事とプライベートのどちらに重きを置いている人が多いのだろうか?

また、社会人の何割が職場恋愛を経験したことがあるのだろうか。

ライボはこのほど、923人の社会人男女を対象にした「仕事と恋愛に関する意識調査」の結果を発表した。

仕事とプライベートで優先したいのは「プライベート」派が71.3%

仕事と恋愛どちらに比重を置くかについて聞くと、「仕事」が18.4%、「どちらかといえば仕事」が45.1%となり、63.5%が“仕事派”だとわかった。

属性別で見ても、男女別及び全年代において“仕事派”の回答が過半数を占める結果になった。年代別で“仕事派”の割合を見ると、50代が53.6%で最も低く、30代が69.5%で最も多かった。

仕事とプライベートでどちらを優先した働き方をしたいか尋ねると、「プライベート」が32.7%、「どちらかというとプライベート」が38.6%となり、71.3%が“プライベート派”だと判明した。一方、実際はどちらを優先した働き方をしているか聞くと、「仕事」が22.4%、「どちらかといえば仕事」が36.5%となり、58.9%が“仕事派”であるという事実が明らかになった。

全体の73.6%がこれまで「職場恋愛の経験なし」

職場恋愛についての印象では「ポジティブ」が17.0%、「どちらかといえばポジティブ」が40.8%となり、57.8%が“ポジティブ派”という結果になった。属性別で見ても、男女別及び全年代において“ポジティブ派”が過半数を占める結果となった。

職場恋愛の経験有無については、全体の73.6%が「ない」と回答し、「経験あり」は26.4%という結果に。経験ありと回答した人のみを対象に、職場恋愛をした相手は誰かと聞くと、「同僚」が51.7%と最多で、次いで「職場の先輩」が14.3%、「職場の後輩」が11.1%となった。最も少ない回答だったのは「取引先等の外部関係者」で、2.9%だった。

職場恋愛をしたいか否かについては「したくない」が34.1%、「どちらかといえばしたくない」が34.1%となり、68.2%が“したくない派”だとわかった。一方、“したい派”は31.8%だった。

属性別で見ても、男女別及び全年代において“したくない派”が過半数を占める結果になった。男女別の“したくない派”の割合は、男性が63.8%、女性回答が75.8%で差があった。年代別の“したくない派”の割合を見ると、最多は50代で76.8%だった。

全体の69.7%が恋愛は仕事にプラスの影響を与えると回答

職場恋愛を“したい派”と“したくない派”それぞれの理由を聞くと、“したい派”の最多回答は「生活リズムが合いそう」(49.5%)、“したくない派”の最多回答は「破局した時に居心地が悪い」(60.8%)だった。

恋愛が仕事にどのように影響するか尋ねると、「すごくプラスに影響する」が13.7%、「プラスに影響する」が25.1%、「ややプラスに影響する」が30.9%となり、合算した69.7%が “プラスの影響派”だとわかった。

また、“プラスの影響派”と“マイナスの影響派”それぞれの理由を見ていくと、“プラス派”の理由では「恋人の存在が仕事のモチベーションになる」が69.1%で最も多く、“マイナス派”の理由では「メンタルがブレてやる気がなくなる」が54.2%で最多だった。

<調査概要>
調査対象者    :全国 / 男女 / 20~50代
調査条件     :1年以内~10年以上勤務している社会人
          20人~1000人以上規模の会社に所属
調査期間     :2022年5月25日~5月30日
サンプル数    :923人
調査方法     :インターネット調査

出典元:株式会社ライボ

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。