小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホサイズでいつでも携帯できる!便利なIRIEの高輝度モバイルプロジェクター「FFF-PJM1」

2022.06.22

バッテリー内蔵、スマホで遠隔操作ができる高輝度DLPプロジェクター

自宅の天井に投影して自分だけの大画面シアターとして楽しんだり、商談先や出張先でプレゼンテーションを行なう際にも活用できるプロジェクター。

そんなプロジェクターといえば、大型で据え置きのものを思い浮かべる人も多いかと思うが、スマホサイズのモバイルプロジェクターも登場しているのをご存知だろうか。

FFF SMART LIFE CONNECTEDは、バッテリーを内蔵しどこでもハイクオリティな映像を楽しめるAndroid搭載のモバイルプロジェクター(FFF-PJM1)を発売中だ。

アウトドアを楽しむことが増えるこれからの季節にぴったりな、そんなスマートモバイルプロジェクターの詳細をお伝えしよう。

光源にDLP0.2インチを採用、100ANSIルーメンの輝度で投影

「FFF-PJM1」は、本体サイズ、約146×78mm、231gと軽量コンパクトながら、光源にDLP0.2インチを採用し、100ANSIルーメンの輝度で投影することが可能なモバイルプロジェクターだ。

Android搭載で、スマートフォンのように操作でき、Wi-Fi接続をすることで、好きなアプリをストアからダウンロード、インストールすることができる。

専用アプリ「EShare」を手持ちのスマートフォンにインストールすることで、本製品を遠隔で操作、設定することが可能。内部にセンサーを搭載しており、上下反転や投影後のゆがみなどは、自動で補正するので、初心者でも簡単に使える。

別売りのUSB有線LANアダプターを接続することで、本製品をモバイルルーターとして活用することも可能だ。

出張先の宿泊ホテルで有線LANを接続しておけば、複数のパソコンやスマートフォンを本製品経由でインターネット接続することも可能。

一般的なプロジェクターのように、HDMI入力による投影はもちろん、ミラキャスト(Android端末)、AirPlay(iOS端末)でも接続が可能だ。

USBポートやマイクロSDカードスロットを搭載しているので、メディア内に保存されている動画や画像、音楽を再生することができ、USBポートにキーボードやマウスを接続することもできる。

また、Bluetooth5.0に対応しているので、手持ちのBluetoothスピーカーやヘッドホンなどのBluetooth機器も接続可能。赤外線リモコン、スタンドを標準添付しているので、すぐに使える。

製品概要

品名:IRIEバッテリー内蔵モバイルプロジェクター
型番:FFF-PJM1
メーカー希望価格:49,800円(税込)
販売開始時期:6月16日

外形⼨法:約146.27 x 78.76 x 17.35 mm
質量:約231g
スクリーンサイズ:30型〜120型
投写距離:1〜5m
映像⼊⼒端⼦:HDMI (ver1.4) x 1 USBUSB2.0 Type-A x 2⾳声出⼒端⼦φ3.5mmヘッドフォンジャック
対応メモリーカード:microSDカード (512MB〜256GB 対応)
無線LAN(Wi-Fi)802.11 a/b/g/n/ac 2.4G/5G (Wi-Fi 5)
電源:AC 100V〜240V 50/60Hz DC 5V 3A
消費電⼒:8W
バッテリー:3.7V 4000mAh
バッテリー駆動時間約:1時間30分 (Youtubeライブ動画再⽣/明るさ最⼤時)
バッテリー充電時間:約5時間

関連情報:https://www.fff-no1.co.jp/product/monitor/fff-pjm1.html

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。