小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

北海道から沖縄まで全長約1万kmのロングトレイル「JAPAN TRAIL」構想が始動

2022.06.22

自分の足で日本を発見するHiking Nipponで「歩く旅」を世界へ発信

2年以上続くコロナ禍で、国民の心身の健康の悪化、子どもたちの自然体験活動の減少、地域観光の低迷など、社会全体が大きな影響を受けた。その一方で、国民の自然志向や健康志向が向上。自然の中で過ごすライフスタイルが顕著に見られるようになってきた。

そんな中、日本ロングトレイル協会は、安藤スポーツ・食文化振興財団の支援のもと、「JAPAN TRAIL」構想を公表。

日本各地に存在するロングトレイル運営団体と協力し長距離自然歩道、登山道、既存の散策路などを沖縄から北海道までをつないだ全長約1万kmの「JAPAN TRAIL」構想とその第一次ルートを発表したので、概要をお伝えしよう

ロングトレイルについて

ロングトレイルとは、「歩く旅」を楽しむために造られた道のこと。登頂を目的とする登山とは異なり、登山道やハイキング道、自然散策路、里山のあぜ道、ときには車道などを歩きながら、その地域の自然や歴史、文化に触れることができるのがロングトレイルだ。

ロングトレイルには当該地域や特徴などを表す名称が付けられていることが多い。近年健康や自然への関心が高まるなかで、自然の中を歩くロングトレイルが注目を集め、全国各地で整備や計画が進んでいる。

そういったトレイルには、国内外の大勢のハイカーが訪れ、健康と自然志向のニーズを満たすとともに、地域観光の活性化にも大きく寄与しているのだ。

そこで「JAPAN TRAIL」では「JAPAN TRAILに立てば日本が見えてくる」をテーマに、この国の豊かな自然と歴史・文化を再発見できるトレイルルートを整備し、新しい歩く旅の道を提唱することに。

この取り組みでは、1.心身の健康と自然環境の保護意識の向上、2.子どもたちの好奇心を育む自然体験活動の機会の提供、3.地域観光への再興が期待されるインバウンド需要の対応、4.SDGsへの関心を高めることなどをねらいとしている。

JAPAN TRAIL 概要

コンセプト:日本列島を貫く歩く山旅の道
提唱者:JAPAN TRAIL提唱委員会(NPO法人日本ロングトレイル協会内)
後援:(公財)安藤スポーツ・食文化振興財団(子どもたちが自然豊かなトレイルを「歩く」活動を支援)World Trails Network、ほか
協力:公益社団法人日本山岳会(申請中)、ほか(予定)
事業名:「JAPAN TRAIL ~Hiking Nippon~」
目的:日本列島を貫く歩く山旅の道を提唱・提案し、環境の保全と、国民の福祉の向上に寄与するとともに地域観光の活性化に資するものとする。
総距離:約1万km(今後、第二次ルートの提唱・提案を検討)

JAPAN TRAIL ルート

第一次ルートマップ

JAPAN TRAILは日本ロングトレイル協会に加盟する全国約30団体が管理するトレイルをはじめ、登山道や自然歩道など、沖縄から北海道まで日本列島を縦断するルートを提唱・提案し、約1万kmにおよぶルートの一部を設定。

ルート概要としては、沖縄・奄美の島々を歩き、開聞岳から九州の山々を越えて本州へ。山陰や北陸を経由して北アルプスを縦走し、さらに富士山麓を通る。そして、上信越・東北の山々を縦断し、北海道の果て・知床の羅臼岳へ――。

国土地理院発行の地形図をベースに制作した、JAPAN TRAILのルート情報が検索可能なアプリケーションも用意。同アプリでは安全なトレイル歩きを前提に、ルートの確認や歩行計画の作成・共有が可能。また、歩行距離や歩行時間などを自動で記録できる機能も備えている。

国民やインバウンドに向けた、壮大な歩く旅の舞台を計画したので、全て歩くもよし、部分的に歩くもよし、誰もが自由にカスタマイズできる歩く旅「Hiking Nippon」をスタートさせてほしい。

※Hiking=欧米ではアルピニストが活動する「岩・雪・氷」のフィールド以下を歩く行為をHikingと捉えている。現在日本で使われている「日帰りの低山や丘歩き」という概念だけではなく、世界標準で考えて歩いて登れる高山や岩稜地帯なども対象とする。

なお、日本ロングトレイル協会の加盟トレイルで、第一次案ルートに入らないトレイルは、「JAPAN TRAIL PLUS」として表示している。

ルート設定で留意したこと
・可能な限り四季を通じて安全に歩けるルートを選択
・既設の登山道やハイキング道、自然歩道、散策路などを利用
・国際基準にかなうよう、地域ごとにトレイルのグレードを設定
・日本ロングトレイル協会加盟トレイルなど、既設のトレイルを有効に利用
・長距離自然歩道や自治体の自然歩道、歴史や文化のある古道・旧街道などを利用
・舗装されている国道や県道、市道などは、なるべく利用しないようにする

今後のルート設定について

現在、JAPAN TRAILは第一次ルートの約50%が確認されているが、確定ではなく、あくまでも暫定ルートとして公表している。ルートが通る地域や、歩いた利用者の意見、その他関係者の要望・意見などを参考にしながら、少しずつ完成度を上げていく予定だ。

また、新たなロングトレイルの誕生や、自然災害等によるルート変更なども想定されるため、全ルートの完成には長い年月が必要となる。そのため多くの国民に協力を仰ぎ、JAPAN TRAILを持続可能なトレイルにつくりあげていくことが、目標の一つでもあると、同協会では説明している。

関連情報:https://japantrail.jp/

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。