小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

羽田空港近くに外資系ホテル「メルキュール羽田」が2023年冬に開業

2022.06.21

サムティ株式会社は2023年冬に、アコーが運営を行う「メルキュール羽田」を開業。

メルキュール羽田は羽田空港から車で10分、大鳥居駅から徒歩4分、穴守稲荷駅から徒歩6分の場所に位置する。地上11階建て、客室数は363室で、レストラン、バー、フィットネスセンター、会議室、ラウンジなどを備える。

日々多くの人々が旅立ち、到着する空の玄関、羽田空港。多くの貨物や資材を載せたコンテナ船が行き交う東京湾。交通の要所だからこそ繁栄した大小さまざまなものづくりが息づく街…、そんな“羽田らしさ”を、世界中でその土地の魅力を再発見するメルキュールとの融合により、新しいホテルエクスぺリエンスを提供する。

デザインのコンセプトは「TOKYO ELECTRIC」。日本の伝統である手工芸の繊細さとメルキュールらしいヨーロピアンスタイルが交わった、新しくも少し懐かしさを感じるデザインを目指すという。

アコーは、パリを拠点に世界110カ国で5,300を超えるホテルやレジデンス、1万を超えるレストラン、バー施設を展開するホスピタリティグループ。メルキュール羽田は日本で8番目のメルキュールホテルとなる。

アコーの東南アジア、日本、韓国の最高執行責任者であるガース・シモンズは「羽田空港はアジアの中でもビジネス、観光、文化において重要なハブであり、メルキュール羽田の開業はアコーにとって非常に重要な一歩になると考えている」と述べている。

関連情報
https://mercure.accor.com/gb/asia/index.shtml

構成/オニザワミカ

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。