小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NFTで唯一の存在を保証!シボレーがミントグリーンの「コルベットZ06」とxsullo作品をオークションに出品

2022.06.21

1点物のNFTアートと同一カラーの「コルベットZ06」の実車を出品

シボレーは、アーティストxsullo氏が2023年型「コルベットZ06」にインスパイアされて制作した1点物のNFTアート作品と、同一カラーにカスタムペイントされた「コルベットZ06」の実車を「Own the Color」オークションに出品することを発表した。

このオークションはNFTアート作品収集のためのマーケットプレイスのパイオニアであるSuperRareの主催で実施。

終了後、落札者はNFTの発行(minting)にちなんだ特別なカラー「Minted Green」を「Own the Color」と宣言することができるようになる。

オークションは、6月20日から24日まで世界中の入札者に公開され、暗号資産のイーサリアムでのみ入札を受け付ける。

そして、オークションの収益金は、すべて米国の教育慈善団体ドナーズチューズ(DonorsChoose)に寄付される。この非営利団体は、困っている教師にすぐに手を差し伸べられるように、またこの国のすべてのコミュニティの生徒が優れた教育に必要な道具と経験を持てるようになることを使命としている。

シボレー・マーケティング・バイスプレジデントのスティーブ・マジョロス氏は、今回のオークションについて次のように述べている。

「『コルベット』は、シボレーにおける栄光です。『コルベット』は、シボレーにおけるパフォーマンスの最高峰で、常に最先端であり続けることは、パイオニアとして新しい領域に挑戦することでもあるのです。これはシボレーにとって初めてのNFTであり、『Own the Color』がお客様の将来のデジタルイニシアチブへの重要な足がかりになると考えています」

この「Own the Color」 とは、シボレーが今後生産する2023年型「コルベットZ06」にMinted Greenカラーを使用しないことを意味する。

このアート作品の所有権と信頼性を示すデジタル証明書に加えて、「コルベットZ06」の実車には、Z07パフォーマンスパッケージとカーボンファイバーホイール、記念のバッジ(プラーク)が装着され、オプションコード「RFN」が付く予定。このオークションの車両が永久に他にはない唯一無二の1台であることを証明している。

なお、車両認識番号はコンピュータの言語である2進法のバイナリーコードをモチーフにしており、この車両とWeb3をさらに結びつけるものとなっている。

2022年、コルベットZ06は2つオークションに出品され、460万ドルの寄付金を集めた

xsullo氏が描く鮮やかなこの作品は、「Own the Color」オークションが近づくにつれクリプトアートとNFTコミュニティで波紋を広げ続け、多数のxsullo作品がSuperRareで販売されている。

xsullo氏は、以下のように語っている。

「私は自分のデジタルアートと物質的な世界を結合させたいと常々思っていたので、今回シボレーと協力してこの2つの世界を橋渡しするのは素晴らしい機会でした。『コルベットZ06』は野心的なクルマで、私自身、とても気に入っています。テクノロジーがどのように私たちの気持ちを動かすのか、私はそこに惹かれているのですが、『コルベットZ06』のデザイナーも私と同じようなインスピレーションを得ているのだと思います」

前出のドナーズチューズとシボレーは、ゼネラルモーターズ(GM)の科学・技術・工学・数学の分野(STEM)を統合的に学ぶ全国的な教育プログラムの支援促進プロジェクトで協働してきた歴史がある。このオークションは、ドナーズチューズが暗号通貨の寄付を集める機能を利用し、教師が生徒たちに好影響を与えるために人々が支援できる様々な方法を提示。

2022年、「コルベットZ06」は2つオークションに出品されており、他の非営利団体に460万ドルの慈善寄付金が集まった。

そしてドナーズチューズCEOのアリックス・ゲリエ氏は、次のように述べている。

「GMは、教育関係者がドナーズチューズプロジェクトから支援を得るための最も革新的な方法の一つを通じて、STEM分野の教師を支援します。このパートナーシップは、全米の公立学校の生徒の教育の利益をもたらし、デジタルとトラディショナルの関与が可能であることを示しています」

デジタルの世界をリアルに表現する方法として、「Own the Color」のアート作品は、NFTの年間最大イベントであるNFT NYCの期間中、The Crypt Galleryで鑑賞することができる。ホスピタリティ業界初のNFTギャラリーであるThe Crypt Galleryは、ニューヨークのDream Hotel Downtownに2店舗目を開設している。


関連情報:https://www.chevroletjapan.com/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。