小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】Beyond 5G時代に日常に気付きを与えてくれるNECのメガネ型ウェアラブル「SHUTTER Glass」

2022.06.22

2025~2030年ごろに実現が予測される「Beyond 5G時代」。日本の通信インフラを構築してきた日本電気(NEC)は、次世代通信が実現する「SHUTTER Glass(シャッターグラス)」のデモンストレーションを公開した(コネル、知財図鑑、大阪大学大学院医学系研究科、マインドラボとの共同開発)。

同社いわく「見過ごす『美』にしおりをはさむメガネ」は、私たちにとって身近で、大変重要な問いを投げかけている。

日常に「気づき」を与えるメガネ

シャッターグラスは、カメラを内蔵するメガネ型のデバイス。ドライブレコーダーのように生活者の視界に入ったものを記録することができ、AIが「美しい」と判定したカットにフラグを立てる。AIは、個人の感性イメージを画像化・数値化した「心的テンプレート」を学習するため、美しさの判定は個人に最適化される。

例えば私たちは、道端に咲くかわいい花が視野に入っているのに、スマートフォンなどの情報に気を取られ、すぐそこにある美を見過ごしていないだろうか。日々接するデジタル情報が増えるに従い、その傾向は強まると予測できる。

シャッターグラスをかけていれば、家に帰ってから「自分はこんなに美しい花を見ていたんだ」と、気づくことができる。見過ごした体験を知ることで、毎日の生活は豊かになる。

対象は身近な自然に限らず、小物や建築物、食べ物、人の振る舞いなど、自分が美しいと感じるものすべてへの応用が検討されている。そして、その体験はSNSなどを通して他人と共有できる。

なお、現段階はあくまでプロトタイプであり、デモンストレーションの公開にとどまる。プロダクトのプロトタイプによって、NECが描く近未来の社会、技術の姿を示すものだ。

編集された情報ではなく体験をそのまま共有する

では、NECはなぜこのようなデバイスを構想し、今一般に公開するのか。見据える課題は「分断」だ。

検索エンジンやSNSのアルゴリズムによって、ユーザーの見たい情報が優先的に表示され、好まない情報や反対意見から隔離される「フィルターバブル」が社会問題となっている。同じ意見、価値化を持つもの同士が集まり、他者を排除することで、分断が助長される。

また、利害関係の違いで国やコミュニティ間で争いが起こったり、利便性や満足感のために資源が使い尽くされるなど、自らの短期的な効率を求めるあまり、社会、環境にさまざまな問題が生じる。

この課題を解決するため、同社は「エクスペリエンスネット」の概念を提唱。「分断を乗り越える手段として、異なる価値観や判断基準に至った背景の共有、なかでも個人にとっては体験の共有が重要になる」とNECの小出俊夫氏。シャッターグラスはそのソリューションのひとつだ。個人の体験を、感情や場の雰囲気も含め、できるだけ生の状態で共有することを可能にするネットワークを構想する。

メディアの記事も、SNSに投稿されるつぶやきや画像も、人が意図的に切り取り、編集した情報だ。それらは完全に公平公正ではありえず、偏見や固定観念の侵入を避けられない。

一方で、体験そのものは事実であり、意図的なバイアスはかからない。シャッターグラスなどによって、他者の体験を間接的に体験することまで可能になれば、異なる価値観や行動の背景を自分事として体感し、相互理解が深まり分断の解消にもつながる、というわけだ。

「これまでは、通信の進化に合わせて、サービスが考えられてきた。Beyond 5Gでは、これからの時代に求められるサービスに合わせて、通信の技術を考えるべきだ」とNECの永井研氏。人間のアイデアとテクノロジーは、新しい社会像をどのように描いていくか? いちどじっくり考えたいテーマだ。

●プレスリリース
Konel/知財図鑑・NEC・大阪大学大学院医学系研究科・MaiND Lab、心的テンプレートを活用したSHUTTER Glassを共同研究

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。
https://solver-story.com/

【参考】https://dime.jp/genre/1359536/

DIME最新号はウエアラブルと最新EVの大特集、豪華付録はLEDテープライト250

ついに発表されたグーグル初のスマートウォッチ「Pixel Watch」から約130インチの映像をどこでも気軽に視聴できる「Nreal Air」まで、注目のウエアラブルデバイスが続々登場。中でも、単体で使える機能が充実し、スマホ全盛時代の終焉を告げる「ポストスマホ」の本命デバイスを、WATCH、MOBILE、HOME、SPORTS、WORK、HEALTH CAREのカテゴリーに分けて編集部がセレクト。その実力を検証した!

そして、8月号の付録は、好きな場所に貼って使える便利なDIYアイテム「LEDテープライト250」。床、壁、天井などに照射した光の反射で、空間をほんのりと明るくする、間接照明にピッタリのアイテムです!

テープの長さは250㎝。設置したいスペースに合わせて、好きな長さに切って使えます。電源はテープ端のUSB Type-A端子をUSB-ACアダプターやモバイルバッテリーなどに接続すればOK。

そして、発光パターンは全部で24種類。3パターンの点灯色は、リモコン中央のボタンで白色→電球色→温白色(白色+電球色)に切り替わる仕組みです。リモコン下部のボタンでは明るさを8段階で調節可能です。

リビング、書斎、寝室、玄関、収納、倉庫、クルマ、テントなど、使い方はいろいろ!暮らしがちょっと楽しくなる便利なアイテムです。ジブン仕様のライトアップを楽しんでください。

オンライン書店で購入する

【Amazonで購入する】

www.amazon.co.jp/dp/B0B1Q3GW6L

【セブンネットショッピングで購入する】

  https://7net.omni7.jp/detail/1235504205

【楽天ブックスで購入する】

 https://books.rakuten.co.jp/rb/17164797

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。