小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

理想の叶え方を導き出す!?「生まれた日」が持つ力を使った四柱推命の成功術

2022.06.20

四柱推命は生まれた年、月日、時間を元に生まれた日のエネルギーを読み解く占いです。その人が持って生まれた資質や特性といった先天的な運命はもちろん、現在、その後の経験などによって変わっていく後天的な運命を知り、役立てることができます。四柱推命の専門家・星 絢さんの連載第1回は、なぜ、四柱推命で幸せになれるのかを解説します。

四柱推命とはどんな占い?

四柱推命は、「朴」「命」「相」の3種類に分けられる東洋の占術のうち、「命」に該当する占いです。命式と呼ばれる占い結果の表で持って生まれた資質や特性が分かります。また、運気の流れや健康運など、先天的に決まっている宿命を知ることができます。命式には、年・月・日・時間の4つの柱があり、柱は神様を表しますので、神様から「こう生きて欲しい」というメッセージだと言われています。それぞれの柱に意味があり、また、それぞれの柱に「枠割」「エネルギーの種類」や「方向性を示す星」が配列されており、単純計算で43,200通りあります。

自分と全く同じ人間は世の中に存在しませんが、四柱推命でも生年月日が全く一緒でないと同じ命式になりません。性別によっても運気が変わるため、自分と同じ命式の人に出会うのは生涯に1人いるかいないかでしょう。それくらい四柱推命では細かく観ることができるものなのです。

生まれた日に潜む「真実」を探る

人に限らず、何かが生まれれば、その時のエネルギーはその後もずっと続きます。例えばあなたが、友人の誕生会のケーキを作ったとしましょう。ワクワクした気持ちで作ったイチゴの載ったホールケーキです。そのケーキが完成した瞬間、それは確かに“ワクワクな気持ちとイチゴが載ったホールケーキ”であり、それがその後で形を変えたとしても、本来そうであったという事実は変わりません。

それと同じように、今日生まれた人は、その日のエネルギーを持っています。宇宙・大自然には法則性があり、四柱推命では甲子から始まる60の干支(かんし)でその法則を表しています。例えば、世間で寅年と言われている2022年は「壬寅(みずのえ・とら)」年ですから、2022年に生まれた人の“年の柱”は「壬寅」になります。同じように、干支は月でも日でも回っており、何年の何月何日に生まれたかによって、それぞれの柱の干支が決まります。

四柱推命の命式ができるベースになるのがこの干支であり、干支は自然界の流れをそのまま映したものですから、生まれた日というのは「どんなエネルギーを持って生まれたか」を表す大事な日であり、そのエネルギーは一生変わらない本来の姿なのです。四柱推命は自然界の法則に基づいて体系立てられていますから、驚異の的中率を誇るのは、当然のことなのです。

命式は、誰もが幸せになれる神様からのギフト

生年月日によって表れた命式は、自然界の流れに沿って導き出された本来のあなたです。大自然が不幸そうには見えないように、自然に生きることは幸せに生きることであり、本来、そう生きるほうが簡単なのです。しかし多くの現代人は不自然に生きるために生きづらくなっています。

本来の自分の通りに生きずに状態が悪くなることを陰転と言い、それはそのまま現実的な状況悪化に繋がります。逆に、本来の自分のままに生きることを陽転と言い、その状態であれば幸福でいることができます。ですから、幸せになるのは簡単なのです。正確には幸せに“なる”のではなく、本来の幸せな自分に“戻るだけ”で、そのための本来の状態を、生年月日だけで知ることができますし、そうなるための事象は、神様から与えられるのです。その事象と四柱推命の結果を照らし合わせ、本来の自分に戻る機会があれば、そのように方向転換をしてみると良いでしょう。

活用法を知り、自分を輝かせて理想を叶える

本来の自分に戻るために必要なことは、まずは命式を知り、本来の自分はどういう資質や特性・性格・傾向があるのかを知ることです。そして、それを現状と照らし合わせることです。資質を発揮できていないのなら、働き方を変えれば良いでしょう。働き方を変えられないのなら、環境を変えれば良いでしょう。環境を変えられないのなら、思い込みや制限を外したり、過去のトラウマと向き合ったりする必要があるかもしれません。

いずれにしても、命式通りに生きることが、より幸せになるための絶対条件ですから、どうすればその通りに生きられるのかを、追求・模索していくことです。これは、良くないとされる要素にも当てはまります。例えば僕の場合は、とても飽きっぽく、雇用された経験は50社ほどあります。これは一般的には物事が続かないと捉えられ、特に面接では大きなマイナスポイントとなります。

しかし、これは裏を返せば、好奇心があり、様々な経験ができるということでもあります。また、飽きっぽい対策としては、ブレない軸を決めることです。それ以外を変化させていけば、飽きたら次のことをやれば良いだけのことですし、新しいことをやることで注目を集めることもできます。

このようにして、「資質の発揮」と「対策」によって、僕は社会に通用する働き方にシフトし、雇われていた頃の10倍・20倍の収入を得ながら、ストレスのほぼないワークスタイルを実現することができました。他にも、人に興味がないのに接客業をしていたり、自分で仕切っていきたいのに人の指示通りに動いていたり、自由にやりたいのに拘束されていたり、というのはよくある事例です。

ぜひ、どこをどう改善していけば良いのか、何が課題なのかを明確にして、ではどうしていけば良いのかという具体的な対策を考え、行動計画を立てて、実行に移してみてください。命式にある星を1つ活かすごとに、幸福度が格段に上がっていくことでしょう。

文/星 絢
ほし・けん。(株)地球人 取締役。(社)日本占道協会 認定師範。1981年2月4日生まれ。青森県出身。高校卒業後に上京し、20代の頃から起業を志すも、幾度となく失敗。20代最後に人生の方向性を見失い、半年間箱根に住み込みながら生き方を探求。500万円の借金も返済不可能となり債務整理を経験。その後、人生をかけたコミュニティ事業も低迷しているときに四柱推命の師である鳥海伯萃先生と出会い、占いの勉強を始め、今は、無借金・年商3000万円にまで会社を成長させ、四柱推命鑑定師・講師の養成を主軸としながら、より多くの人や世の中を更に豊かにしていくことを追求している。著者に「占い起業のはじめ方、成功の技術」(彩流社)がある。http://suimei.hpjt.biz/blog/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。