小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ペット用品メーカーのGiving Pawsが始めた保護犬や保護猫をサポートする画期的な取り組みとは?

2022.06.20

LAを拠点とするペット用品会社、Giving Pawsが保護犬猫をサポートするための高品質なペット用品をローンチ

Giving Pawsはカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするペット用品の製造販売会社である。オーナーは10年以上に渡って犬に関わるキャリアを築いてきたCastagnozzi。Castagnozziはプライベートでは保護施設から譲り受けた2匹のねこ(PeanutとGoose)、2匹の犬(Cha ChaとTeton )と暮らしている。

CastagnozziがGiving Pawsをスタートしたのは、10年以上に渡る犬との関わりの中で、数多くの不幸な犬たちに出会い、特にシェルターやレスキューにいるペットたちのためにできることがあるのではないかと考えたことがきっかけ。自分の子どもに向けるのと同じような、ペットに対する強い愛情にも後押しされた。

Giving Pawsの商品は、動物のプロフェッショナルとしての知識を生かして開発されたトップクオリティを誇るもので、ペットとオーナーの生活をより質の良いものとすることを目指している。同時に、地球環境にマイナスのインパクトを与えない素材を材料とし、利益の一部を動物たちの保護へとあてる仕組みを実現。Giving Pawsの事業全体をとおして人と動物、自然環境への思いが込められているのが伝わる。

Giving Pawsの利益から20%が保護犬猫に寄付される

Giving Pawsは売上から得られる利益のうち20%をロサンゼルスにある動物保護団体に寄付することを明らかにしている。初めての寄付の送付先となったのは、A Purposeful Rescue。A Purposeful Rescueは殺処分を待つ動物たちが劣悪な環境で収容されているシェルターから、主にシニア犬と、健康に問題を抱える犬たちを引き取っている。

言うまでもなく、シニア犬も健康に問題を抱える犬たちも、若くて健康な犬に比べて引き取り手を探すのが困難であり、また、より多くの資金を必要とする。Giving Pawsの寄付先としてA Purposeful Rescueを選んだところにもまた、Giving Pawsの理念が感じられるのではないだろうか。Castagnozziがともに暮らす犬のCha Chaも、A Purposeful Rescueから引き取ったチャグ犬(チワワとパグのミックス)であるという。

健康な犬に充分な食事と眠る場所を与えるだけでもある程度の予算が必要である。病気やけがをしている犬に必要な医療を受けさせるためには当然ながらさらに多くの費用がかかる。Giving Pawsの社会的な認知が広がり利益が増えれば増えるほど、多くの保護団体により多くの資金を届けることが可能になる。

現在、寄付の送付先はA Purposeful Rescueのみであるが、売上が上がり、利益が増えれば順次、寄付の対象となる施設を増やしていく。

なお、Giving Pawsのウェブサイトでは、資金を必要とする動物保護団体からの連絡を受け付けている。

Giving Pawsがローンチしたペット用品

Giving Pawsの商品レンジは、ビーガンレザー製の首輪5色とお揃いのリードをはじめ、2種類の散歩用のエチケット袋と袋のホルダー、柔らかいフリース素材のブランケットの5種類。

首輪とリードの素材として採用されたビーガンレザーは、オハイオ州で製造されている、ポリ塩化ビニールでコーティングされたポリエステル製。防汚性、防水性、耐久性に優れ、医療製品や工業製品、スポーツ用品などにも幅広く使われている人工素材である。

散歩用のエチケット袋は2種類あり、1つはコーンスターチを原料にゼロプラスティックを実現。このため、耐用年数は1年と短めになっている。もう1つは通常より分解速度が速い加工がされたプラスティック製で、耐用年数は2年ほど。

さらにエチケット袋のホルダーはプラスティック不使用、植物性の素材で作られている。

最後にブランケット。ブランケットは犬用と猫用でサイズが異なり、犬用、猫用ともにグレーの生地にそれぞれ犬と猫がプリントされている。ブランケットの素材はシェルパと呼ばれる生地で、100%ポリエステル製。シェルパはウールに近い柔らかさと暖かさを兼ね備え、水分を吸う反面、速乾性があり、メンテナンスが楽な点がメリットであるとか。

2022年の夏の終わりごろまでにはさらに、ライトが当たると光る反射板付きの首輪とリード、マーチンゲールカラーと呼ばれる首から抜けづらい仕組みの首輪、カラフルな猫の首輪、ハーネス、バンダナなどの発売が予定されている。

参考:

Giving Paws Launches High Quality Pet Products Dedicated to Supporting Homeless Pets | CISION

Giving Paws

文/森野みどり

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。