小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これが日本のジェントルマンズサウナだ!幸せな時間を堪能できる錦糸町の「天然温泉 楽天地スパ」

2022.06.18

■連載/カーツさとうの酒と肴と男とサウナ

 サウナ好きの皆様、ニュースです!

 8年前に発売され、現在のサウナブームに先鞭をつけた日本初のサウナ専門ムック『Saunner』!その『Saunner』が、昨年の『Saunner+』に引き続き、今年も『Saunner2022』として、全ページ熱々情報満載で来たる6月30日に発売決定!

 その『Saunner2022』の目玉企画のひとつが、サウナ激戦区・錦糸町のレジェンドサウナ『天然温泉 楽天地スパ』で名物〝背中流しを続けること32年!サウナの裏も表も、そして酸いも甘いも知り尽くした、若杉とし子さんインタビュー!!

 そちらは『Saunner2022』をぜひ楽しみにしていただきたいんですが、その取材の前後、タップリと堪能させていただきました『天然温泉 楽天地スパ』!

 実はワタクシ、20才の時から4年間ほど、錦糸町のすぐ隣の亀戸という街に住んでおりまして、楽天地スパの入る楽天地ビル(その頃はビル自体がリニューアル新築ホヤホヤ)には、週2くらいで行ってたのに、楽天地スパ……当時の名称は『楽天地グランドサウナ』には行くことができなかった。

 だって20才そこそこの若造にとって楽天地スパは、やけに敷居が高く感じられたんですよ。

 前の道路からビルを見上げると、最上階にガラス張りの展望室のような部分があって、そこがサウナらしいんだけど、何かビルの中でも特別な場所ってオーラが漂ってんの。

 もはや功成り名を遂げた方しかいけないと、若造は思い込んだ。

 その印象が強すぎて、すいません、今まで利用を躊躇してました。

 そして今回、功成り名を遂げたワケでもなんでもないのに利用させていただきました。

 そして思った。

 なにを躊躇してたんだオレ!!

 いやね、若い時に勝手に想像してた〝大人の世界感〟はある。でもそれは、決して若い人はダメってことじゃなくて、若くても年配でも、お客さんが全てジェントルマンな感じなの。年齢ではなくて、みんなイイ大人なの。

 それは元々の客層がいいということはもちろん、この施設に入った瞬間、誰もがジェントルマンになってしまうような、楽天地スパならではのピシッとした空気感があるからなんだと思う。

 イギリスのジェントルマンズクラブの江東版であるといってもいい。

 もちろんピシッとしながらも、サウナなんだから、とことんリラックスできるワケ。サウナ室や水風呂のデータを細々書くのは今やヤボなので書かないけど、そこらももちろん、浴室やサウナ室の切迫感をまったく感じさせないデザイン。

 ということで、サウナ室と浴室の写真をどうぞ。

↑コの字型にベンチが並ぶ、広々としたサウナ室。毎正時に行なわれるアウフグースも、長々とした前口上などなく、個人的に好みのスタイル。

↑浴室写真の右にあるイスは、窓縁に足を掛けてオットマンのように座れるんだけど、その窓縁部にマットが敷いてある心遣い、憎し!

↑『Saunner2022』でインタビューさせていただいた、若杉とし子さんの背中流し!料金は基本コース(10分)/950円。炭酸コース(15分)/1300円(炭酸水を使って頭など洗ってくれるのだ!)。スカルプコース(15分)/1300円(シャンプーが高級になります!)。デラックスコース<炭酸+スカルプ>(18分)/1650円。ぜひどうぞ!!

施設写真撮影/小倉雄一郎

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。