小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

首や肩のコリに悩むお父さんが多い都道府県ランキングTOP3、3位香川、2位鹿児島、1位は?

2022.06.16

肩こり父さんが多い職業No.1は事務系会社員で7割超

日本人の国民病ともよばれるほど、人々の悩みの種になっている「肩こり」。特に近年のデジタルデバイスに囲まれた生活やストレスの多様化により、体が過緊張状態になってしまう場面が増えている。

血流の滞りや筋肉の硬直によって引き起こる肩こりは、厚生労働省の調査における自覚症状ランキングでも、女性の1位、男性の2位に入っているほど。

そこでベネクスは肩こりに悩むお父さんに着目。日本リカバリー協会より10万人を対象とした「リカバリー(休養)」に関する調査『ココロの体力測定 2021』の情報提供を受け、その疲労・休養状況を分析した。

日本の父親の65.2%が肩こりに悩んでいた

本調査にて、首筋や肩がこる頻度を質問したところ、65.2%のお父さんが肩こりを抱えていることが判明。肩こりの頻度別に見ると、「ほとんどいつもあった」と回答した人は、約1割という結果に。

年代別で肩こりの頻度を見ると、20~40代の若年層のお父さんが肩こりを抱えている割合が高いことがわかった。このことより、成長期で活発に活動する時期の子どもを持つお父さんが首筋や肩こりに悩んでいると推測できる。

職業別にお父さんの肩こり頻度を見ると、事務系の会社員として働くお父さんが70.3%と最も多いことが判明。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢で座っていることや、デジタルデバイスと向き合う時間が長いことが体の血流を滞らせ首筋や肩こりを引き起こしていると推測できる。このことから、こまめな休憩やストレッチで筋肉を動かすことが重要であると明確になった。

県民性や疲労の度合い、肩こりに関する傾向

都道府県別に見ると、首筋や肩のこりに悩むお父さんが多いのは1位高知県、2位鹿児島県、3位香川県、4位和歌山県という結果に。

高知県と鹿児島県は年間降水量の都道府県ランキングでトップ10入りすることが多い県で、さらに和歌山県を加えた3県は台風の上陸数が多いランキングトップ3だ(※)。※参考:気象庁 

低気圧や急な天候の変化によって、血流が悪くなりやすくなったり、自律神経が乱れやすくなったりすることが、肩こりに悩む人が多くなる一つの要因であると推測できる。

肩こりと疲労度合の関係性について見ると、肩こりを抱えているお父さんのうち、元気な人は6.6%と非常に少ないことがわかった。さらに、ほとんど肩こりがなかったと回答したお父さんと比較すると、6.33倍と、その差の大きさが明確に。

肩こりのあるお父さんとないお父さんの違いとは

最後に、「肩こりがあるお父さん」と比較して「肩こりがないお父さん」の実践率が高い、疲労解消のために行なっていること、つまり休養・抗疲労行動の年代別TOP10を発表しよう。

〈20代お父さん〉 ギフトキーワード:セルフケア
「動物の動画・写真を見る」「家族とビデオ会話」「ゲーム」など、長時間続けると肩こりにつながる可能性が高い行動がランクインしていますが、一方で「シャワーを浴びる」「入浴する」「瞑想をする」などセルフケア行動もランクインしており、メリハリのある生活を送っていることが伺えます。

〈30代お父さん〉 ギフトキーワード:家族時間、運動
「家族と過ごす」「子どもと遊ぶ」など家族と時間をともにすることや、「ジムに行く」「筋トレ」「スポーツで汗をかく」などの体を動かすことが休養のひとときとなっていることがわかります。

〈40代お父さん〉 ギフトキーワード:おうち時間
運動もランクインしていますが、「ガーデニング」「料理する」「家事をする」「日曜大工・DIY」など、おうちで創造的に打ち込めることを実践している傾向があります。

〈50代お父さん〉 ギフトキーワード:スポーツ・運動
「スポーツ・運動で汗をかく」「ヨガ(ホットヨガ以外)」「ウォーキング・ジョギングをする」「サイクリング」など、アクティブに過ごされていることがわかります。

〈60代お父さん〉 ギフトキーワード:美容、体づくり
「ジムに行く」「肌のお手入れをする(スキンケア)」や「異性の友人とビデオ会話」「イケメンを探す/かわいい女の子を探す」がランクインしていることから、美容や体づくりなどの身だしなみを整えることが抗疲労のキーワードとなっている様子が伺えます。

〈70代お父さん〉 ギフトキーワード:趣味
「スポーツ観戦」「囲碁・将棋」「楽器を演奏・練習をする」などから、趣味を日頃から楽しんでいる様子が伺えます。

調査概要
調査名:ココロの体力測定 2021
期間:2021年 11月15日~12月20日
SCR調査対象:全国の20~79歳の10万人(男女各5万人)
本調査対象:1248人(男女各624人)
方法:インターネット調査
SCR調査項目:10問、本調査項目:30問
※疲労度合項目:厚生労働省「ストレスチェック」B項目を基に独自加工して、点数化
※集計データ:県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用
※今回の抽出対象者:男性、子供有:28436人(内「首筋や肩がこる」ほとんどなかった:2801人、ほとんどいつもあった:9907人)

関連情報:https://www.venex-j.co.jp/

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。