小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20年ぶりにル・マン復帰へ!キャデラックがLMDh車両「プロジェクトGTPハイパーカー」を公開

2022.06.16

ゼネラルモーターズは、6月9日、米国を代表するラグジュアリーブランド、キャデラックの第3世代プロトタイプレースカー「プロジェクト GTP ハイパーカー」のデザインプレビューを公開した。

キャデラックは、2023年から、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権とル・マン24時間レースを含むFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する予定だ。

グローバル・キャデラックのバイスプレジデントのロリー・ハーベイ氏は、今回の発表について以下のように述べている。

「キャデラックは、世界のレーシングの舞台で再び戦います。20年ぶりのル・マン復帰に私たち全員が胸を躍らせています。2023年のIMSAとWEC 両選手権の参戦によって、キャデラック・レーシングは、その性能、クラフトマンシップ、テクノロジーを実証する機会となるのです」

「プロジェクト GTP ハイパーカー」は、キャデラック・デザイン、キャデラック・レーシング、コンストラクターのダラーラ社が共同開発し、キャデラック・ブランドの主要なデザイン特性が組み込まれている。

縦型ライトやフローティングブレードなど、キャデラックの伝統的な要素が随所に散りばめられ、「プロジェクト GTP ハイパーカー」をキャデラックの未来へと導いている。

キャデラックのリード・エクステリア・クリエイティブ・デザイナーのクリス・ミカラウスカス氏は、次のように語る。

「プロジェクト GTP ハイパーカーは、形状と機能が類まれに融合しており、キャデラックの未来のパフォーマンス美学を表現しています。これから登場するレースカーから市販車まで、キャデラックは、さらに多くのモデルを発表する予定です」

2017年以降、キャデラックは IMSA マニュファクチャラーズ選手権に参戦して、米国のスポーツカーレーシングの最前線で戦っており、「キャデラック DPi-V.R」で数々の勝利を収め、表彰台に立ち、チャンピオンシップを獲得している。

FIA世界耐久選手権参戦についてGM スポーツカー・レーシング・プログラム・マネージャーのローラ・ウォントロップ・クラウザー氏は、以下のように話す。

「アメリカを象徴するブランド、キャデラックで、ル・マンでの総合優勝を競えることを光栄に思っています。キャデラック・レーシングの血統を受け継ぐため、国際的な強豪を相手に世界で最も過酷なレースに挑むことを、チーム全員が楽しみにしています」

新しいレースカーは、新型5.5リッターDOHC V8エンジンを搭載し、LMDh(ル・マン・デイトナ・h)規定の共通ハイブリッドシステムを採用している。

パフォーマンスに対するキャデラックのコミットメントは、Vシリーズのラインアップに具現化されている。最近では、スポーツセダンの「CT4-V」と「CT5-V」、「エスカレード V」、サーキット走行が可能な「CT4-V Blackwing(限定・日本未販売)」と「CT5-V Blackwing(限定・日本未販売)」がラインアップに加わっている。

「プロジェクト GTP ハイパーカー」は、今年夏にトラックテストを開始し、デビュー戦は2023年のロレックス・デイトナ24時間レースを予定している。


近年のキャデラック・レーシングの戦績は以下のとおり。

•IMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権で3回優勝(2021、2018、2017)
•ロレックス・デイトナ 24 時間レース総合優勝を4連覇(2020、2019、2018、2017)
•ミシュラン・北米耐久カップで4連覇(2020、2019、2018、2017)
•IMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権参戦以前、ピレリ・ワールドチャレンジにおいて5回のマニュファクチャラーズ・チームチャンピオンシップ(2014、2013、2012、2007、2005)、5 回のドライバーズチャンピオンシップを獲得(2015、2014、2013、 2012、2005)


関連情報:https://www.cadillacjapan.com/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。