小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

値上げの時代を賢く乗り切るには「節約」だけでなく「節約+投資」を実践すべき理由

2022.06.17

食品やサービスの値上げラッシュが続いている。家計が厳しい状況となる中、各家庭でさまざまな対策が取られているが、最近では節約はもちろんのこと、投資も併用することが一般的になっている。

これまで投資という考え方を持っていなかった人にとっては、どう取り入れればいいのか迷うこともあるだろう。そもそも節約と投資との関係を、どう捉えると良いのか。専門家や証券会社の見解を紹介する。

「節約した分を投資に回す」は約25%

グローバルファイナンシャルスクールが2022年4月に、全国20代〜40代の女性663名に対して行ったアンケート調査では、全体の9割以上が物価上昇を実感していると回答した。

今後も物価上昇は続くと「とても思う」「やや思う」と回答したのは合計で98.6%となり、各自、物価高への対策を行っていることがわかった。

具体的な対策として最も多かったのは「節約した分を預金に回す」で49.9%、次いで「節約した分を投資に回す」で26.5%だった。

従来、節約といえば、専ら光熱費や食費の無駄を減らして他の家計や貯金に回すなどのイメージがあったが、投資に回すという流れも定着してきているようだ。

節約と投資の使い分け方を節約アドバイザーが解説

現在の状況を受け、節約に投資を取り入れることのメリットは、どこにあるのだろうか? 節約アドバイザーでファイナンシャルプランナーでもある丸山晴美氏に聞いた。

【取材協力】

丸山晴美氏
節約アドバイザー
保有資格 ファイナンシャルプランナー(AFP) 消費生活アドバイザー
22歳の時に節約に目覚め、1人暮らしをしながらも1年で200万円を貯めた経験から2001年節約アドバイザーとして独立。食費や通信費など身の回りの節約術やライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなどを執筆、監修している。

「物価の上昇は、今後も下がる見通しが立ちません。また所得が増えない状況もあります。そこで、お金に働いてもらう方法として、投資を行うことが有効です。投資を取り入れることにより、将来的なインフレリスクをヘッジできる可能性が高くなります。貯蓄だけでは、資産が目減りする恐れがあるためです」

この値上げ時代に節約と投資の両方を行う場合、どんな投資がおすすめだろうか。投資初心者におすすめの方法を教えてもらった。

「つみたてNISA、iDeCo、ロボ投資などがおすすめです。欧米、新興国、金などバランスよく分散して、長期に積み立てると良いと思います。

個人的にはロボ投資がおすすめです。理由は、リスク許容度を決めると、あとはプログラミングで売買してくれるので、手間がほとんどかからないためです。金融商品を選んだり、売買タイミングを考えるのが苦手な人におすすめです。投資は興味がないわけではないけれど、怖い、わからない、面倒臭いと思う人にもぴったりの方法です」

スマホ投資は節約時代の投資に役立つか

最近は、特に若い世代の間で、スマホ投資も進んでいる。口座開設から入金、取引、出金など、投資に関する一連の作業が、スマートフォンからのWEBサイトやアプリ利用により完了するスマホ証券会社は複数ある。LINE証券やSBIネオモバイル証券、PayPay証券、日興フロッギーなどが代表例だ。

先日行われたPayPay証券による勉強会では、この値上げ時代に節約だけでなく投資も合わせて勧められていた。

なぜ節約と投資を両立させていくといいのだろうか。勉強会に登壇したPayPay証券のプロダクトサービス部部長、都築一成氏は次のように述べる。

「日本の賃金が上がらない状況の中で、金利の関係からも、ただ貯蓄と節約を行ってもなかなかお金は増えないと考えます。節約した分のお金を投資するというサイクルが浸透すれば、節約と投資という関係は紐づいてくると思います。
節約で浮かせることができるお金は頑張っても数千円から数万円の単位だと思いますが、投資では運用によってはそれ以上が期待できます。少額投資から始められる商材も増えているため、今後、深く根付いてくると想定されます」

「節約+投資」という観点からいえば、「スマホ投資」はどのように役立てられるだろうか。

「スマホ投資は、スマホで実施できるという手軽さが、初めて投資に挑戦するハードルを下げます。それにより、これまで『貯蓄or節約』という選択しかなかった方に対して、『投資』という概念を与えることができると思っています」

投資と一口に言っても、スマホ投資に限っても、実に多様な種類がある。自分に合ったものを見つける必要がありそうだ。

ちなみにPayPay証券の「つみたてロボ貯蓄」は、投資先の銘柄は自分で選定するが、自分に合ったスケジュールを設定すれば、あとはアプリが自動で積立してくれるサービスだ。あらかじめ自分で決めた金額・日付で積み立てるため、売買のタイミングに悩まず利用できるのが特徴だ。

投資初心者は、まずつみたてNISAなどの少額投資から始めるなどして、この値上げ時代に自分自身の対策をアップデートするのもいいのではないだろうか。

【調査出典】
グローバルファイナンシャルスクール「全国20〜40代の女性663人に聞いた、最近の物価に関する意識調査」

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。