小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家計を直撃する値上げラッシュの時代にこそ必要な「攻めの節約術」

2022.06.15

原油や原材料の高騰、円安などの影響で、ここのところ値上げラッシュが続いている。食品や日用品のほか、電気やガスなどの価格も上昇しており、家計を直撃している。そのため、今まで以上に節約ムードも高まっているのではないだろうか。

しかし、いざ節約しようと思っても、なかなか成果が出ずに悩んでいる、もしくは効率的な節約方法を模索している人も多い。今回は、値上げ時代に対応するため「攻めの節約」の著者である生方正氏に手ほどきしてもらった。

節約こそ最強の投資!「攻めの節約」とは?

生方氏は、自衛官時代に節約した資金を元手に国内株式や不動産投資で億の資産を築いた。十分な資産を所有している今でも節約を続けているという。生方氏は、「節約こそ最強の投資」だという。生方氏の節約に対する基本的な考え方を教えてもらおう。

【取材協力】

撮影:KENKEN/イメージコンサルタント:坂井二朗

生方 正(うぶかた・ただし)氏
高校卒業後に海上自衛隊に入隊。勤務の傍ら貯蓄を行い、国内株式、不動産投資で億の資産を築く。FIRE達成後は海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。著作:『攻めの節約』(WAVE出版)
ブログ:https://ubukata-tadashi.com/

「投資を始めるのには元手が必要です。その資金を貯めるのに必要なのが節約です。元手資金を貯めながら資産運用するときに必要な金銭感覚を磨くことが“攻めの節約”です。

一流のファンドマネージャーでも、あげられるパフォーマンスは年10~20%。それに対して、スーパーで半額シールが貼られた見切り品はその場で50%。安さにつられて不要なモノを購入してしまったら、ただの無駄遣いですが、必要なモノを50%オフで手に入れることは、優れた投資と考えられます。

また、投資には元手を減らすリスクがあり、投資資金を寝かせる時間も必要ですが、見切り品を購入するのにそのリスクはありません。

日頃から節約として『支出に無駄がないかを見返す』『効率的にモノを購入する方法を考える』ことを続けると、支出を抑えられるばかりか、自分の金銭感覚を磨くことができます」

値上げラッシュ時代に「攻めの節約」を取り入れるには?

その考え方は、値上げラッシュ時代において、どのように活かせるだろうか。生方氏は次のように話す。

1.値上げ前に身の回り品を確保

「自宅の保管スペースに余裕があれば、値上げ前に身の回り品を購入してある程度確保しておくことで安心を手に入れられます。さらに、モノ不足に陥ったときに起こる、争奪戦を避けることもできます」

2.生活インフラを効率的に使う

「電気・ガス・水道などのインフラは、値上げされても利用を止めるワケにはいきません。日頃から効率的な使い方を心がけて、無駄を抑える工夫をすることが大切です」

3.携帯電話や電気・ガスはお得なプランに乗り換える

「携帯電話や電気・ガスの自由化に伴い、自分の利用量やエリアにあったお得なプランに乗り換えることで、諸々の経費を抑えることも実施しておきたいものです。圧縮幅は月500円かもしれませんが、1年で6,000円、5年で30,000円の節約になります」

4.口座引き落としからクレジットカードに変更

「支払い方法を銀行引き落としからクレジットカードに変更することで、ポイントやマイルを貯められます」

「小さな節約も、節約の種類を広げることで、最終的に馬鹿にできない金額に積みあがります」

値上げ時代にも気を付けたい節約術

ところで、この値上げ時代、節約をするのにも気を付けたいことがあるという。生方氏は次の2点を挙げる。

1.クーポンやポイント倍増につられると節約にはならない

「クーポンやポイント増量は、確かに節約になります。例えば、クーポンを見せるだけで1,080円のハンバーガーセットが780円で買えるということは、提示のひと手間で300円抑えたことになります。居酒屋で530円のビールが半額、牛丼のテイクアウトが30円引きなど、意外とバカにできません。

しかし、それらの割引につられて、必要でないものやサービスを買ったり、食べたくもないものを購入するのは節約ではありません。「割引を受ける」「ポイントを貯める」ことが目的になってしまうと、ポイント倍増やクーポン割引につられて、お金を失うことになります。クーポンを使うことやポイントを貯めることは目的ではなく手段です。

ですから、クーポンやポイント倍増を利用するなら、『お得感を味わう』というより、『本当に必要なものを安く手に入れるために使う』と考えるようにするとよいです」

2.買い物のときは商品の値段だけでなく時間と交通費も考慮する

「買い物をするときは値段だけでなく、買い物に使う時間や交通費を考慮することをおすすめします。節約上手になるには、無駄なお金を使わないだけでなく、無駄な行動をとらないことが大切です。例えば、家から100メートル離れたスーパーで、定価120円のペットボトルの水が100円で売られていたとします。一見、お得に感じますが、往復で400メートル移動する上、商品を手に取ってレジに並ぶことを考えると、この買い物をするのに7~8分の時間を使うことになります。

仮にあなたが1時間に2,200円稼げるのであれば、8分は293円分に相当します。その場合、20円を節約するために8分使うことは、20円を節約するために293円使ったのと同じことになります。こんなことなら、20円高くても帰宅途中に立ち寄るコンビニで購入したほうが割安です。買い物するときは、移動に要する時間はもとより、消費するガソリンなどの移動コストも考慮することが大切です。そしてできるだけ他の用事と組み合わせるようにすることで、時間とコストが効率化します」

値上げ時代におすすめの節約術

値上げラッシュの時代において、おすすめの節約術を4つ挙げてもらった。ぜひ、取り入れてみよう。

1.PCをお得に買い替える

「型遅れのパソコンを使い続けることは、買い替える金額を節約していることになりますが、パソコンの処理時間やトラブルに対処する時間を考えると、新しい機種を購入して1年後に中古市場で売却するほうが得な場合もあります。

また、パソコンを新調するのにお得な購入方法、支払い方法を知っているだけで手元に残せる金額は大きく変わります。私はPCの買い替え時期を11月に固定しています、それはビッグカメラの株を保有しているため、2,000円分の株主優待を受け取れ、その有効期限が切れるのが11月末日という理由があります。また11月は誕生日月のため、バースデークーポンを使うことで3%余分にポイント還元を受けられます。さらに、ビッグカメラポイントの有効期限は最終利用から2年間なので、年に1度使うことでポイントを失効させずに済みます。

私がPCを使うのは、1日8時間。年間3,000時間近く使用することになります。性能の高いパソコンを使うことは時間の削減になるばかりか、作業効率を高めることができ、機械トラブルを避けることができます。調子の悪い古いパソコンを使い続けている方は、自分の使う頻度を考えて買い替えを検討してみてください。きっと仕事の効率も上がり、仕事のストレスが軽減されることでしょう」

2.不用品を「メルカリ」で転売する

「メルカリはGoogle Playの2019年ベストアプリに選ばれたくらい人気のある使いやすい物販アプリです。そんなアプリを使い、不用品を出品するだけで部屋の断捨離を進めることができます。物販はリスクなくお金を得ることができるのでおすすめです。労働収入的な稼ぎ方ですが、取り組むことで、新しいスキルを学ぶことができます。『世の中のトレンドからお金を稼ぐ』『輸送コストを下げる方法を知る』『生活コストを抑える』など、お金に関する知識を同時に深掘りすることができます。そして何より、お金に対して向き合う時間が、自分を貯蓄体質に変えてくれます」

3.コンビニの銀行ATMを賢く活用する

「私は、銀行ではなく、コンビニの銀行ATMで入出金しています。銀行のATMに行くと、長蛇の列に並び貴重な時間を奪われることになります。特にボーナス時期などは、複数台あるATMの1つが利用停止になっていると10分も待つことに。それに比べ、コンビニでのATMは24時間365日入出金できるうえに、利用者が集中しないのでほとんど並ぶことがありません。

とはいえ、コンビニのATM利用料は、1回出金するのに昼間110円、夜220円かかる場合があります。支払うのがバカらしいと思うでしょう。しかし、私が使っている住信SBIネット銀行は、月7回まで出金無料、入金無制限無料です。これは利用条件により与えられた特典ではありますが、他の銀行でも無料で出金できるサービスがあるかもしれませんので、利用できるか確認して活用してみてください」

4.数週間分の食料備蓄をしておく

「モノの値段は需要と供給のバランスで決まります。つまり、急激な気候変動やバッタの異常発生、ロシア・ウクライナ戦争など、作物の栽培、収穫量が減れば食料価格は世界的に上昇します。また、農作業に必要な機械を動かす、穀倉地から都市部への輸送、港から外国への輸出に大量の石油を消費するため、原油高騰は生産コスト、輸送費を押し上げて最終的に商品価格に転嫁されます。

『うちは先祖代々の畑があるので野菜が取れる』といった恵まれた家庭でなければ、数週間分の食料備蓄をしておくことが大切です。食料を買いに行ったら棚が空だった、値段が3倍になっていたといったリスクを避けることができます」

この値上げ時代には、誰もが「攻めの節約」の姿勢で買い物することが重要といえる。その際は、今回紹介した節約術や、実施可能な生活費を下げるノウハウを模索することで値上げ時代を乗り切っていきたい。

【参考】

生方正「攻めの節約」

取材・文/石原亜香利

DIME最新号の大特集は「今こそ大チャンス!2022下半期・逆襲の資産運用プラン」

2022年上半期はオミクロン株の大流行やウクライナ情勢など波乱の幕開けとなった。年初から下落基調だった日経平均株価は依然として不安定な値動きが続いている。下半期に向けても円安や原油高など、先行き不透明な状況の中、今後の投資方針を決めかねている個人投資家も多いだろう。この先の資産運用はどうすればいいのか?

DIME最新号の特集では厚切りジェイソン、テスタ、天野ひろゆき、AKB48武藤十夢、里崎智也、投資系YouTuber、エコノミストなど15人の賢者たちに、2022年の下半期に着実に資産を増やすヒントを徹底取材。さあ、逆襲の時が来た!

豪華付録「Qi対応ワイヤレス充電器」はカバンに常備しておくと便利!

DIME最新号には豪華付録「Qi対応スマホのワイヤレス充電器」が付いてくる。しかも、USB端子のあるノートPCやモバイルバッテリーにつないで使えるので、外出先する時にカバンにしのばせておくと、電池残量が切れそうになっても安心だ。

※主要オンライン書店は完売しています。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

また、USB端子のあるクルマやコンセント、ベッドなどでも使えるのは便利! スマホを充電端子につなぐ必要がなく、置くだけですぐに充電が始まるのはストレスがなく、とても快適です。1台持っておくと便利な今号の付録、ぜひ、ご活用ください。

※主要オンライン書店は完売しました。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

文/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。