小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】月面基地建設や資源探査で世界をリードするダイモンの月面探査車「YAOKI」

2022.06.15

2022年、月面探査車「YAOKI」は民間企業として初めて、月面探査へ飛び立つ。開発したのは社員数8名で、ロボット事業を手がけるダイモン。3年前まで代表の中島紳一郎氏が、たったひとりで経営していたベンチャー企業が、世界から熱視線を浴びるのはなぜか? そして同氏が注力する、YAOIKIを生かしたもうひとつのビジネスとは? 詳しく話を聞いた。

月面の洞窟を探索できるのはYAOKIだけ

YAOKIはNASAの月輸送ミッション「CLPS」に参加し、厳しい技術認証を経て、アストロボティック・テクノロジー社の月着陸船ペレグリンに乗船。地球と通信可能なペレグリンからのWi-Fiを活用し、地上からYAOKIを操縦して、月面を探査する。

YAOKIが注目される理由のひとつは、15×15×10cm、498gの小型、軽量設計にある。中島氏が開発に着手した2011年当時、月面探査車は最低でも5kg以上あるのが常識だった。

小さく、軽いことのメリットは、ずばり輸送コスト。月への輸送は1kgあたり1億円かかるといわれ、5kgの探査者なら1台5億円。YAOKIは1/10の価格で月まで行ける。

しかし現在では、同じレベルの小型、軽量を実現している機体は他にもある。YAOKIの真骨頂は強度と走行性だ。地上100mからの落下実験に耐え、転んだり倒れたりしたとき、どんな体勢からでも起き上がって走ることができる。

これにより、縦穴洞窟の探査や地形の複雑な窪地の走行も可能になる。特に洞窟探査に対応する月面探査車は、中島氏によれば世界中でYAOKIだけだ。

アルテミス計画では、人が居住できる月面基地の活用を予定しているが、月の表面には強力な放射線が降り注ぎ、隕石落下のリスクもある。基地の建設は地下になる可能性が高く、すでに発見されている月面の縦穴洞窟は、有力な候補地だ。

近年、可能性が指摘されている水資源の探査にも、YAOKIへの期待は大きい。月面の温度は日光が当たると100℃以上、当たらなければマイナス100℃以下になるので、水は液体の状態で存在できない。水資源があるとすれば、常に日陰になる窪地=YAOKIでなければ走行できないような場所に、氷状で存在しているはずなのだ。

ダイモン社は、YAOKIがこれから成し遂げることとして、「2024年、アルテミス計画と連携した月面開発への貢献」を示している。実際に基地建設、資源探査の面でYAOKIが活躍する可能性は高い。

「仮想月面旅行」にかける想いとは?

とはいえ、アルテミス計画の月面開発が本格化するのは、まだ少し先の話。同社は、まったく方向性の異なるBtoCのビジネスモデルを、合わせて構想する。

具体的には、2024年に100機のYAOKIを月面へ送り、地球の一般人に操縦権を販売するというもの。VRの技術も活用した「仮想月面旅行」事業だ。

料金やシステムは未定だが、100機のYAOKIで100万〜1000万人規模の体験を提供できると見込んでいる。

この事業には、「競争だけがビジネスではない」という中島氏の思想が反映されている。

現代のビジネスは、いかに「性能のよいものをつくるか」「コストを下げるか」「顧客に時間を使ってもらうか」という競争関係になりがちだ。しかし、競争に勝つため、効率だけを求めすぎると、ユニークなアイデアはうまれず、画一的な社会になってしまう。

YAOKIをアバターとして活用する仮想月面旅行は、月面探査車に従来とまったく違う役割を与え、これまでにない体験を生活者に提供する試み。ライバルに勝つことではなく、自身の可能性を活かして、新たな価値を創造することが目的となる。
(中島氏によれば、YAOKIの開発自体も競争一辺倒の考え方で進めてきたわけではない。「効率を重視すれば2〜3年で開発できたかもしれないが、8年かけてこだわり抜いた(中島氏)」)

月面旅行の体験を通して、「夢は叶うことを、子どもたちに伝えたい」という中島氏の言葉は、ビジネスパーソンにも通じる。それは、科学技術の可能性と同時に、競争に勝たなくても、創意工夫でいかようにも活躍できることを示している。規模や資金の大小、能力の優劣がすべてを決定するわけではない。

ダイモン社

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。