小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年から高校生が学んでいる金融教育、あなたは何問解ける?

2022.07.09

金融教育

高校生が株や投資を勉強!? 今年4月より高校生の家庭科での「金融教育」が拡充され、ついに投資教育が始まる! と報道をにぎわせている。その実情を知るべく、家庭科の教科書を手がける複数の出版社にリサーチ。金融庁の担当者に金融教育必修化の背景を聞いた。

教えてくれた人

上大谷起一さん金融庁 総合政策局 総合政策課 課長補佐
上大谷起一さん
2012年、金融庁入庁。2017年に退職し、コンサルタントなどを経て、2019年に金融庁へ復職。2021年より金融経済教育を担当する。

金融商品や投資の知識を国民の教養に

 今回の高校生の家庭科の「金融教育」の拡充を知るうえで鍵になるのは、2018年に改訂された家庭科の教科書のガイドラインになる文科省の「学習指導要領」。注目すべき変化は、教育方針をまとめた以下の記述だ。

「預貯金、民間保険、株式、債券、投資信託等の基本的な金融商品の特徴(メリット、デメリット)、資産形成の視点にも触れるようにする」(文部科学省・平成30年告示・高等学校学習指導要領解説・家庭編より)。資産形成の視点も学んでほしいと求めているのだ。

 そもそも日本の金融教育必修化には長い歴史があると、金融庁の上大谷起一さんは話す。

「終戦直後、日本銀行が中心となり、貯蓄を増進するよう国民に働きかけたことが、日本の金融教育の始まりといえるかもしれません。その後1994年に男女ともに高校での家庭科が必修化し、あわせて家計管理などという形で金融教育も必修化しています」

 ではなぜ今回の改訂で〝資産形成〟を強調するようになったのか。「人生100年時代といわれるなど、ライフプランは多様化しています。大学を卒業して企業に勤め、結婚して子供を育て、住宅を購入し、同じ会社で定年まで働く。そういった生き方は主流ではなくなりました。思い描くキャリアを築くために積極的に起業や転職する人は増え、正社員であっても昇格・昇給する保証はない。金利に期待して預貯金で資産を増やそうと考えている人は少ないでしょう。そうした時代の変化に対応し、自ら資産を築くための様々な知見を養うべきだ、という思いが金融教育の根底にあるのです」

 もうひとつの背景が今年4月に施行した成年年齢の引き下げだ。親の同意なしで様々な契約ができるようになり、若い世代の金融トラブル増加が懸念されている。

 教育内容は学校の方針や教師の裁量で変わるが、複数の教科書をチェックすると、ライフステージに応じた家計管理の考え方をはじめ、金融商品のリスク・リターンの解説や単利と複利の計算方法、複雑化する消費者トラブルへの対処方法など多岐にわたる。それらをふまえ、編集部が作成した金融クイズを後続ページにまとめた。

 次世代の高校生が当たり前に身につけるマネーリテラシーに、ぜひチャレンジしてみてほしい。

上大谷起一さん

「社会人、高齢者になってもお金について学び直すことは必要です」と上大谷さん。

金融教育必修化の主な背景

●預貯金への依存と低金利環境の長期化

預貯金への依存と低金利環境の長期化

出典:日本銀行調査統計局「資金循環の日米欧比較」2021年より作成

預貯金への依存と低金利環境の長期化

出典:日本銀行「時系列統計データ」、財務省「国債金利情報」より作成

日本は現預金への依存度が半分以上と欧米諸国と大きく異なる。また現在、日本の銀行の預金利息は0.001〜0.02%程度で、積極的にお金を増やすことは難しい。

●20歳から18歳への成年年齢引き下げ

18歳になったらできること
・携帯電話の契約、解約
・クレジットカードをつくる
・一人暮らしのためにアパートを借りる
・住宅ローンを組んで住宅を購入する
・消費者金融を利用する
・10年有効パスポートの取得 など

20歳にならないとできないこと
・飲酒
・喫煙
・公営ギャンブル(競馬など)の投票券の購入
・大型・中型自動車運転免許の取得
・国民年金へ加入 など

明治時代より約140年、成年年齢は20歳と民法で定められていたが、今年4月より18歳に引き下げ。親の同意がなくても様々な契約ができるようになった。

高校生に求められる金融リテラシーとは?

・将来の暮らし方について考えることができる。
・ライフプランニングに必要なお金と準備の方法(家計管理・資産形成など)を理解している。
・金融トラブルに遭わないよう、手口や対処法を理解している。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。