小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

肌荒れの原因はマスクだけじゃない?皮膚科医1000人に聞いた肌と免疫力の関係

2022.06.13

肌の免疫力を高める方法は十分な睡眠や発酵食品の摂取など

新型コロナウイルスの感染拡大が始まり3年目となった。同様に、マスク生活も3年目に突入していることになる。一部規制の緩和はあるものの、まだまだ「ノーマスク生活」まで時間がかかりそうだ。

マスクは飛沫の飛散や吸い込みを防ぐことができる一方で、マスク着用が原因で「肌トラブル」を抱えている人も多いと言われている。マスクの長時間着用で「摩擦」「蒸れ」「乾燥」で肌にダメージを与えると言われているが、別の原因もあるだろう。

もしかしたらそれは、「免疫力」が関係しているのかもしれない。そこで、ゼネラルリサーチでは、皮膚科医を対象に、「肌トラブル×免疫」に関する調査を実施した。

調査1:コロナ禍前と比較し肌トラブルで来院する患者が増えていることが明らかに

まずは、コロナ禍前よりも肌トラブルで来院する方が増えているのかについて伺った。

「肌トラブルで来院される方は、コロナ禍前よりも増加していると思いますか」と質問したところ、9割近くの人が『はい(86.1%)』と回答。コロナ禍前よりも肌トラブルで来院している人は増加傾向にあるようだ。

調査2:直近1〜2年でも肌トラブルTOP3は「肌荒れ」「ニキビ・吹き出物」「かぶれ」

コロナ禍前と比べ、肌トラブルを抱えている患者は増えていることがわかった。では、具体的にどのような肌トラブルを抱えている人が多いのだろうか。

「直近1~2年間で来院する患者さんはどのような肌トラブルで来院することが多いですか(複数回答可)」と質問したところ、「肌荒れ」や「ニキビ・吹き出物」といった症状を抱えている人が増えているようであった。

調査3:4割以上の皮膚科医が肌トラブルが増える季節は「夏」と回答

コロナ禍による肌トラブルを抱える患者の増加と具体的な症状が明らかに。マスク生活が関係していることが予想されますが、直接的に関係していることとして「季節」も考えられる。

肌の専門家でもある皮膚科医は、どの季節が肌トラブルが増えていると考えているのだろうか。

「肌トラブルが増える時期はいつですか」と質問したところ、『夏(43.9%)』と回答した人が最も多く、次いで『春(26.4%)』『冬(22.7%)』『秋(7.0%)』と続いた。それぞれの季節で肌トラブルが増える要因・理由を聞いてみた。


・マスクなどの接触性の要因や、花粉症や乾燥などの要因もあると思う(30代/女性/東京都)
・気温が上がって肌状態が変わってくる時期なので(30代/男性/新潟県)
・花粉症状に伴う免疫低下と併せてマスクによる皮膚への刺激(40代/男性/静岡県)
・季節と生活環境の変わり目だから(40代/男性/埼玉県)


・高温多湿な気候(30代/女性/広島県)
・食生活が不安定になるため(40代/男性/神奈川県)
・マスクと肌の摩擦でアレルギー性や刺激性皮膚炎が発生しやすくなる(50代/男性/奈良県)
・皮脂のつまり(50代/男性/静岡県)


・空気が乾燥しているので(40代/男性/千葉県)
・年齢によるものと生活環境の変化(40代/男性/兵庫県)
・夏の疲れが出やすい(30代/女性/京都府)


・季節的に乾燥期であることとコロナ禍によるストレス(40代/男性/東京都)
・マスクの着用による皮膚刺激(40代/男性/福岡県)
・乾燥が主要因である(50代/男性/大阪府)

気温が高くなる夏は、強い紫外線が皮膚のバリア機能にダメージを与えたり、多量の汗が皮膚を刺激したりすると言われている。また、春も冬からの急激な温度・湿度の変化や花粉などにより「ゆらぎ肌」になりやすい。

では、肌トラブルが生じた際に、改善までにどのくらいの期間が必要なのだろうか。

そこで、「肌トラブルを改善するためには、平均的にどのくらいの期間が必要ですか」と質問したところ、半数近くの人が『~1か月(46.9%)』と回答し、次いで『~3か月(32.0%)』『~1週間(8.3%)』『~半年(8.3%)』『~1年以上(4.5%)』と続いた。

肌トラブルの改善には、1か月程度の期間を要するようだ。そのため、これから肌トラブルが増えてくる季節だということを考え、今のうちからの予防をしておくことが重要なのかもしれない。

調査4:皮膚科医の92.1%が肌トラブルと免疫力は大きな関係があると回答

ここまでの調査で、コロナ禍の肌トラブルの原因やトラブルが生じやすい季節が明らかになった。マスク着用が肌トラブルの原因になるのは周知の通りだが、それ以外に「免疫力の低下」も関係しているのかもしれない。

「肌トラブルに免疫力は関係すると思いますか」と質問したところ、9割以上の人が『はい(92.1%)』と回答。肌トラブルと免疫力は大きな関わりがあると考えている方が多いことがわかった。

調査5:免疫力の低下による肌へのリスクは?

先程の調査で、肌トラブルと免疫力の関係がわかったが、免疫力が低下すると肌にどのようなリスクが起きると考えられているのだろう。

「免疫力が低下することで、肌にどのようなリスクがあると考えられますか(複数回答可)」と質問したところ、以下のような結果が得られた。

免疫力が低下すると「肌荒れ」や「湿疹」「かぶれ」といった症状が起きると考えられているようだ。調査2の結果でもあるように、直近1〜2年間で来院している患者の多くが「肌荒れ」や「湿疹」に悩んでいることも明らかになっている。

これらの結果から、コロナ禍となり免疫力が低下したことで、様々な肌トラブルを引き起こしているのかもしれない。

調査6:皮膚科医が考える肌の免疫力を高める方法が判明

免疫力の低下と肌トラブルの関係性が明らかになった。では、免疫力を高める方法として何に取り組むべきなのだろうか。

「肌の免疫力を高める方法はなんだと思いますか(複数回答可)」と質問したところ、『十分な睡眠をとる(45.6%)』と回答した人が最も多く、『ヨーグルトなどの発酵食品を食べる(39.9%)』『こまめな水分補給(37.6%)』『抗酸化作用のある食品を食べる(32.4%)』『タンパク質の多い食品を食べる(28.8%)』『腸内環境を整える(27.3%)』『ストレッチ・ウォーキングなど軽めの運動をする(25.0%)』『ストレスをためないよう工夫する(24.0%)』『根菜類を食べる(23.4%)』『入浴する等の方法で身体を温める(15.7%)』と続いた。

生活習慣を整えることと免疫力を高める食品を摂っていくことが大切なのかもしれない。

調査概要
「肌トラブル×免疫」に関する調査
調査期間:2022年5月16日(月)~2022年5月17日(火)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,000人
調査対象:皮膚科医
調査主体:ゼネラルリサーチ

関連情報:https://general-research.co.jp/

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。