小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人手不足に悩むタイで配膳ロボットを導入する飲食店が急増

2022.06.15

 

「MK」や「Yayoi」など人気レストランの他、スーパーマーケットでもロボット導入の動き

タイの飲食や流通業界でロボットの導入が広がっている。

タイ大手外食チェーン「MK レストラン・グループ」は、2021年にタイスキレストラン「MK」や和食レストラン「Yayoi(やよい軒)」で110台の配膳ロボットを導入し、2022年には355店舗530台まで増やす方針を明らかにしている。

「MK」では配膳ロボットの「MKロボット」に人名のような名前を付けたり、Facebookで「配膳ロボットを見つけたらコメント欄にコメントしてね」と呼びかけるなど、ロボットに親しみを持ってもらう取り組みも行なっている。

また、流通大手「セントラル・グループ」では、デパートの食品売り場や系列スーパーマーケットで商品案内ロボットを配置。

系列のレストランチェーン「かつや」などには配膳ロボットを導入している。製造業の「BRAINWORKS」は、ロボットがコーヒーを淹れてくれる「ROBOSTA Café」を開発し、レストラン向けにロボットを納入したり、バンコクの大手私立病院内にカフェの出店などを行っている。

人手不足を解消するため導入企業は増加傾向に

大手外食チェーン店などではコロナ前から配膳ロボットを導入していたが、コロナ禍を経てロボットの導入が本格的に広がってきている。

コロナウイルス感染拡大に伴い、飲食店の営業が規制されると、地方からバンコクに来ていた従業員の多くが地元に帰省。

2021年末からレストランはほぼ通常営業になり客足も戻っているが、地方からバンコクに帰ってこない従業員もいて、飲食業で人手不足が問題になっている。

配膳ロボットは、一度に人間よりも多くの物を運ぶことができるため、サービス提供のスピードが上がる。

利用者側は店員との接触を避けることができ、安心・安全と感じることもあり、ロボットを受け入れている傾向にある。

SNSなどでは音声でのコミュニケーションを期待する声もあり、「MK」では誕生日ソングを歌うサービスなどの導入を検討している。

参考記事:https://tnc-trend.jp/thailand54/

アジア各国のトレンドを紹介するサイト「TNC アジアトレンドラボ」(http://tnc-trend.jp/)からリアルな「今」のアジア情報を発信!

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。